真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第47回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第47回













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーサワの薪火晩茶(秋摘み) 600g【楽天24】【あす楽対応】
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)



真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第47回

11月27日日曜日の放送...。

サブタイトル「反撃」にも、双方からいろいろあるようで...。


それは、茶々(竹内結子)のいる奥御殿を狙っての砲撃から...。

居場所を教えたのは、徳川方に属することになった且元(小林隆)の進言だった。

茶々は、予め避けて行うと聞かされていただけに、話が違うと家康(内野聖陽)に猛抗議。


且元は自身の軽率さを恥じることになって...。

半年後の1615(慶長20)年5月28日、京屋敷にて永眠。享年60歳。


いずれにせよ、先の砲撃の衝撃から、茶々の気持ちは和睦へと大きく傾いてしまった。

それを知った幸村(堺雅人)は、秀頼(中川大志)の元を訪れ、脅しに屈してはいけないと忠告する。

しかし、秀頼は無力感にさいなまれたまま。 それでも、治長(今井朋彦)に善後策を尋ねたところ、双方の和睦案の交渉を通して、落としどころを見い出してゆくことを助言される。


幸村は今後の展開に考えを巡らせて、敵方からの和睦の条件としての大坂城からの牢人追放、脅威を取り除いた後の本格的な攻撃再開を予測。 敵に有利にならぬよう尽力すべく、秀頼、治長、大蔵卿局(峯村リエ)、有楽斎(井上順)の集う評定の場で、和睦の最低条件を主張。

すなわち、牢人たちを留めることで、万一の総攻撃への対処のために、それぞれに見合った扶持を与え、豊臣家の家臣とすることを...。

大蔵卿局は即座に反対。 しかし、秀頼は先の戦で勝利できたのは牢人たちのおかげと理解、報いてあげたいとの想いを主張。

有楽斎は秀頼の心の広さを形の上では褒めつつも、その要望を出せば徳川方は人質を求めてくるだろうとの揺さぶり。 人質は茶々になるだろう、また秀頼が大坂を離れることになるかもしれない、と...。

秀頼は、茶々のことはともかくとして、自身が大坂を離れることで平和になるならば、と潔く決意した。


和睦案はまとまり、家康の元へ届けられた。

・牢人たちを養うために領地を増やす。

・その代わり秀頼は大坂を離れるが四国のうち二国は貰い受ける。

その書状に目を通した秀忠(星野源)は不満気な表情を隠さず、和睦などするべきではないとの憤り。

見かねた正信(近藤正臣)が、和睦と見せかけ敵を丸裸にしてからの総攻めという戦術を進言する。


その後、家康からの書状が大坂城に返された。

目を通した秀頼は、険しい表情。

国替えの候補地には、 秀頼になじみのない土地で、しかも家康の膝元でもある関東の安房と上総と記されていることに...。

幸村はこれも策略とすぐに見破るなり、家康によるできぬ相談を持ちかけての出方伺いと、秀頼に忠告。

同意した有楽斎が、交渉役として徳川方へ行くと進言するが、以前よりの徳川方との繋がりを疑う幸村が制するなり、老練な正信の交渉役ぶりを口実に、女の使者を出すことを提案。 ならば、あちらも女を出さざるを得ないとして、幸村は常高院こと初(はいだしょうこ)が適任と進言する。


これを受けて、徳川方の交渉役に阿茶局(斎藤由貴)が選ばれた。

肝心の初は大役に不安。

しかも、大蔵卿局も同行。

幸村は、逆に阿茶局から手玉に取られかねないと恐れ、きり(長澤まさみ)に初の付添人を依頼する。

きりは当初こそ面倒な役回りゆえ不服だったものの、幸村から先の不安の強い初との会話ぶりに一目置かれたことと、万一直面する風向きの悪さを好転できるはずとの励まされたことから、快く受け入れることとなった。


秀頼は、今さらながら幸村に感服した。

討って出ることを退けられたら再び真田丸を築き、和睦が決まればいかに有利に進めるかを考える幸村のしぶとさに...。

幸村は秀頼を励ました。

「望みを捨てぬ者だけに、道は開けるのです」


徳川方と豊臣方の和睦交渉は、とある寺の一室で開かれた。

まず阿茶局からの切り出し。 茶々の人質も秀頼の関東移封もなく、領地もこれまで通りで、大坂城も明け渡すことも牢人たちへの処罰もなし、と...。

初は、これ以上ない条件とあって、上手すぎる話を怪しむが気後れしてしまい、口を出せないままだった。

真近で察したきりが、直ちに空気を変えるべく、急に足がつったと叫び出す。

初は空気の変化を直感。 再び牢人の処遇に話を戻すなり、元々牢人たちの食い扶持確保のために領地を増やしてほしいとの条件はどうなったのか、と。

それでも、さすがの食わせ者の阿茶局は、即座に話題転換。 戦が終わったからには、真田丸取り壊しはじめ堀の埋め立てを敢行するゆえに、牢人たちの食い扶持の確保必要なしとのこと。 特に、牢人たちに以前より不快な感情を抱く大蔵卿局を焚きつけたのは、大きかった。

結局のところ、術中にはまって引き寄せられた大蔵卿局阿茶局の二人が、和睦内容の大部分を決めてしまった。


ただ、徳川方から届いた書面には、豊臣方に都合の良いことばかりだった。

幸村は不審を直感。 ほかにも大蔵卿局と阿茶局の間での取り決めがあるのではと、きりに確認する。

すると、真田丸の取り壊しと堀の埋め立ての書面に記載されてないことが判明して...。

しかも、事情を調べている間に、早くも真田丸の撤去工事が始まってしまった。

すぐに秀頼の元へ大蔵卿局を呼び出した幸村は、無断で工事をした理由を問い質すが、戦が終わったからには無用の長物となった、と。

幸村は猛反発し、家康の真意である裸城にした上での総攻めの恐れを主張する。

事実、大坂城は城郭を壊され、相次いで堀を埋め立てられていく。

二の丸、三の丸も取り壊される予定で、残されるのは本丸のみになってしまった。


茶臼山から様子を眺める家康は、傍の秀忠に城攻めの極意として伝えながら、ほくそ笑む。

「秀忠、これぞ城攻めよ」


幸村は力不足を痛感していた。

「もはやこの戦、勝ち目はなくなった」

牢人たちに力なく頭を下げて、部屋に戻ってゆく幸村...。

そこへ、五人衆と重成(白石隼也)と治房(武田幸三)が訪ねて来た。

又兵衛(哀川翔)からは「早く策を立ててくれよ」。

重成からは「あなたは、勝つためにここへ来られたのではないのですか」。

さらに、秀頼と治長も訪ねて来た。

秀頼が幸村の手を取りつつ激励する。

「望みを捨てぬ者にだけ、道は開けるとそなたは言った。私はまだ捨ててはいない」

幸村も頷いて応じた。



この度の和睦の引き金となった片桐且元、ますます気になってしまう存在...。


すでに1万石を有する大和国竜田藩初代藩主となるも、4代目を引き継いだ甥・為次が早世したことで、1655(明暦元)年に且元系片桐家は無嗣断絶。

かたや、1万1千石を有する同国小泉藩主となった弟・貞隆の家系は、明治まで大名として存続、子孫は明治になって子爵に叙せられているとのこと。


現在の奈良県大和郡山市か...。


まず、小泉町から...。

"素麺誕生の地"として名高い創業から約140年の『秋田屋』...。

「五つ星お米マイスター」のいるだけに...。

製麺から1年以上寝かせた"古物(ひねもの)"だけを選び、腰のしっかりした煮くずれしにくい独特の歯ごたえと舌ざわりの良さが特徴の奈良県名産「三輪素麺」か...。

【古物(ひねもの) 三輪素麺 3kg紙箱入り(約50g×60束)】...。

【手延べ三輪素麺 1kg紙箱入り(約50g×20束)+奈良県産ひのひかり 5kg(2.5kg真空×2袋)】...。

【古物(ひねもの) 三輪素麺 2kg紙箱入り(約50g×40束)】...。

【古物(ひねもの) 三輪素麺 1kg紙箱入り(約50g×20束)】...。

それぞれ工夫したまとめ買いを考える中でも、やはり奈良県産の米・ひのひかりは、どうしても欠かせない。


次に、筒井町...。

『健一自然農園』からの【オーサワの薪火晩茶(秋摘み) 600g】は、奈良県大和高原にて、農薬・肥料を使わない農法で育った茶樹。

1年以上育生した茎と葉を晩夏から秋にかけて収穫し、蒸し上げた後、3ヶ月以上ねかせ、さらに薪火で焙じて仕上げたもので...。


あらゆる狭間での葛藤の続いた片桐且元の人生に想いを馳せつつも...。

じっくりと味わってみたいな...。

いずれも、一物全体、身土不二、を兼ね備えているだけに...。

タグキーワード
2016-10-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます