真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直系子孫が明かす!真田幸村の真実 [ 真田徹 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)
















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さばのこっくり味噌煮 さばの味噌煮 3切 05P01Oct16
価格:1600円(税込、送料別) (2016/11/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリプリ海老のえびドリア -ov
価格:1296円(税込、送料別) (2016/11/13時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

具だくさん!豚肉のピロころパン - 10コ 05P01Oct16
価格:2100円(税込、送料別) (2016/11/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くり〜み〜グラタンのグラころパン - 10コ 05P01Oct16
価格:2100円(税込、送料別) (2016/11/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スイートかぼちゃのカボころパン - 10コ 05P01Oct16
価格:2100円(税込、送料別) (2016/11/13時点)






真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回

12月11日日曜日の放送...。


サブタイトル「前夜」において、あらゆる出来事が...。

そして、遥か遠い将来を意識しての重大な決断も...。


信之(大泉洋)は大坂行きを決断。 早速出立しようとするも、稲(吉田羊)からの必死の制止。

いくら実の弟であれ、幸村(堺雅人)は敵将。 会うまでに殺されてしまう恐れも大いにあると、稲は夫・信之の身の上を真剣に案じた。

だが、信之の意志の強固に代わることはなく、結局稲は折れることに...。

信之は稲の心中を深く思いやりつつも、急ぎ出立した。


一方の大坂城内では、秀頼(中川大志)、五人衆、治長(今井朋彦)ら豊臣の直臣、大蔵卿局(峯村リエ)が集まっての軍議の真っ只中。

幸村は先に京を押さえた上での伏見本陣とともに、徳川方の足並みの揃う前の一斉攻撃を主張。 秀頼には、士気を高めるための伏見城采配を提案する。

秀頼本人は了承。 しかし、大蔵卿局は秀頼の出陣に反対、あくまでも迎撃は大坂城でとの主張のまま...。

それでも幸村は、要害の間に合っている状態と違って、現状況での大坂城執着は愚策であると説いてゆく。

しばしの沈黙の後、又兵衛(哀川翔)が口を開き、勝永(岡本健一)と重成(白石隼也)とともに考えた策があるとして、重成が図面を広げ、勝永が策を語り出す。

敵は大軍で必ず広い南側から攻めてくることから、天王寺に兵を進め周辺一帯を固めての迎撃が妥当と。 秀頼は出陣せず、城で吉報を待っていれば良いことに。

ただ、盛親(阿南健治)と全登(小林顕作)が、さらに図面を覗き込むと、城の後ろと東に隙が...。

そこで、幸村は平野川を指すなり、方々の堤の切断で周囲を沼地同然にすることで、東から城への侵攻を防止することを主張。 一同はこれで同意した。


1615(慶長20)年4月22日、大坂城に家康(内野聖陽)からの最後通告が...。

・秀頼が大和郡山城に移れば兵を退く

・牢人は連れていかないこと

秀頼はゆっくりと書状を破った。


徳川方の真田勢の総大将・信吉(広田亮平)の一団が山城と河内の国境に布陣した時、信之が現れて、幸村と会う手立てを尋ねられる。

茂誠(高木渉)と三十郎(迫田孝也)は、家康からもう一度幸村への調略を命じられた信尹(栗原英雄)の到着間近と伝え、信之にとってこれ以上ない好都合として安堵。


それから約1週間後、大野治房(武田幸三)勢と徳川方の浅野勢が衝突。 世に言う"大坂夏の陣"の始まりだった。


この戦で団右衛門(小手伸也)が討死。 大坂城にいる幸村は、五人衆と重成を集め、徳川勢の進路について話し合う。

家康の本陣は、前回のように奈良大和路を通って河内へ入るだろうから、まずは河内へ入る前の道明寺で食い止めるため、又兵衛と全登の隊がそこに待機、幸村と勝永は後詰めへ。

盛親と重成は、予測される秀忠の軍勢の山の西側・東高野街道の進軍に備えての待機。

八尾、若江を押さえて進軍を阻む作戦だった。


しかしながら、又兵衛と全登が道明寺近くの平野まで兵を進めた辺りで、作戦が敵に漏れてしまった。

家康は急遽予定を変更、兵の統率は伊達政宗(長谷川朝晴)に委任、敵に武勇に優れた又兵衛がいると聞いた正信(近藤正臣)は僧侶を使者に立て又兵衛の陣へ...。

播磨35万石を条件とする寝返りを一蹴した又兵衛だったが、それも正信の策謀の想定内、即座に又兵衛が徳川方の使者に会った事実を敵に広め、調略に乗ったという噂を流す仕掛けが...。

案の定、又兵衛は噂を消すのに四苦八苦、誰もが武功を焦る中、陣も乱れてゆくありさまに、家康も脱帽するくらいの巧妙さだった。


大坂城に信尹と信之が到着。 一瞬我が目を疑う幸村に、家康からの条件が信濃一国であること、豊臣方の状況は以前より悪く、しかも亡き昌幸(草刈正雄)が生涯熱望していた信濃の国主になれることを伝える。

しかし幸村は、毅然と拒絶。 信之は家康道連れの死の覚悟を固めた幸村の決断を理解しつつも、説得を試みる。

そう確信した信之は、幸村の決心が変わらない事をわかりつつも説得を試みる。

真田家のために兄弟が敵味方と別れたあの日、すなわち"犬伏の別れ"での「いつか酒を酌み交わそう」と誓いを、決して忘れていない、と。

「今生の別れではない!」

信之はそう言って立ち上がり、振り返ることなくその場を後にするしかなかった。


元々家康の本陣の通るはずだった道を、政宗率いる3万5千の軍勢の迫る中、5月6日未明、道明寺付近では又兵衛、全登らが...。

家康率いる13万の本隊は、八尾、若江方面へ迫り、いよいよ重成、盛親らが待つ箇所へ...。

あらぬ噂を流されての苛立ちと兵たちの疑心暗鬼から、怒りに拍車のかかる又兵衛の噂を耳にした幸村は、短気による暴走を恐れ、又兵衛の陣に顔を出して思い留める。

悪い噂に翻弄されて捨てバチにならぬこと、武功を焦らぬこと、乱心が負けであることを、言い聞かせながら...。


しかし、幸村の言葉も虚しく、又兵衛は夜明けとともに槍を手に先制攻撃。

勇敢に戦ったものの、多勢に無勢、又兵衛は壮絶な最期を遂げた。 享年56歳。

ほどなく、負傷した全登が幸村・勝永の陣に駆け込み、又兵衛の戦死を知らせて...。

又兵衛の形見の兜をじっと見つめる幸村は、無念を滲ませるだけだった。・・・死・・・


一方、重成と盛親らの部隊は、家康率いる徳川本隊と戦闘。 こちらも多勢に無勢、勝ち目のない戦に...。

ただ、又兵衛の討死を知らない二人は、ここを簡単に通せば又兵衛たちの逃げ場がなくなると、まさに命懸けだった。


人伝に知った逆境ゆえ、策が敵に筒抜けと不審を抱いた幸村は、勝永、全登に目配せ。

間者の存在ゆえ、敵がこちらの策の裏をかいていると痛感した幸村は、以前の厨での話し合いの際、厨の長老・大角与左衛門が酒や肴の差し入れと話し合いを装って、盗み聞きした情報を流していたことを知る。

しかし、時すでに遅しだった。


政宗の軍勢は、道明寺陥落の勢いのまま、誉田に進撃し、幸村・勝永らを襲撃。

真田軍・毛利軍は、徳川勢と激闘を繰り広げるも、奮戦虚しく、大坂城へと退却を開始。

難しいしんがりは真田軍が、その最後尾には幸村が、見事に努めることとなり、無事に逃げおおせたのを確認の上後ろを振り返り、遠くにいる政宗に向け叫んだ。

「これでしまいか! 徳川勢に真の武士は一人もおらぬのか!」

悠々と去っていく遥か遠くの幸村の後姿を見届けた政宗は、敵ながらあっぱれと喝采を浴びせた。


大坂城へ帰還早々の幸村は、何かを決断。 佐助(藤井隆)を呼ぶなり、馬上筒を握らせた上で、伊達方への密使として出立させてほどなく、春(松岡茉優)の部屋へ入り、梅(大出菜々子)と大八とともに、伊達政宗の元への出立と以後の生活の旨を伝える。

その頃、政宗は佐助から渡された書状を受け取り、春たちの保護を約束することとなった。


真田家では、大助と内記(中原丈雄)が大坂城に残留し、作兵衛(藤本隆宏)も春たちを政宗の元に送り届けた上で城に戻って共闘の構え。

そして、きり(長澤まさみ)も...。

幸村は明日の家康との決着の覚悟を伝えた上で、万一の場合の千姫(永野芽郁)を連れての城脱出と秀忠の陣への出立、その後の沼田帰還を勧める。

しかし、きりは拒絶。 沼田ではなく城に戻って、最後まで茶々とともにする覚悟を伝えて、幸村のいない世は絶対嫌だと告白する。

次の瞬間、幸村がきりを強く抱き寄せた。 きりも喜びいっぱいに強く抱き返した。

二人はまるで初々しい若者のようだった。



幸村ときりの追い詰められた中での互いを想い合う姿、最高潮になるであろう次回・最終回での見どころの一つになる予感の高まりだけに、永遠に刻まれることになる、というのは言い過ぎだろうかなあ。



その想いの強まりの傍ら、終盤のいきさつに端を発してからの、長きにわたる紆余曲折の歳月を経て...。

あの現代に受け継がれることになる、仙台真田家への歩みがいよいよ...。



特に、真田幸村こと信繁の二男・大八は、元服後に真田守信と改め、仙台藩主・伊達政宗の家臣かつ姉・梅の夫ともなる白石城主・片倉重長に匿われることに...。

そのいきさつの過程において、伊達家家臣となるとともに片倉守信とも改め、かの守信を家祖とする家系が...。

江戸時代を通じて仙台藩士を勤めるとともに、現在の宮城県刈田郡蔵王町東部にあたる在郷屋敷の矢附および曲竹に300石の領地を与えられることになって...。


まず、2015(平成27)年11月12日木曜日発売の『直系子孫が明かす! 真田幸村の真実』(仙台真田家14代当主・真田徹/宝島社)...。

中でも、「幸村とは不倶戴天の敵」とみなされがち(?)な、徳川家康直系子孫の徳川宗家18代当主・徳川恒孝氏との対談が...。


次に、2015(平成27)年12月19日土曜日発売の『昌幸×信之×信繁がご案内 真田一族巡礼の旅ガイド』(かみゆ/ベストセラーズ)...。

昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について実際に語るかのような進行を主軸に、真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本...。

上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで、といった流れにより、真田家の起源から明治維新までの史跡を完全網羅しており...。



それぞれ目を通しつつも、仙台真田家ならではの幸も、存分に堪能してみようっと。



塩沢字土ヶ市の『丸実屋』からは...。


やはり、"真田幸村公・血脈の地"としての蔵王町ならではの、【仙台真田の郷の味付玉こんにゃく 大八くん かつお風味(7個X5袋) 幸村くん ピリ辛味(7個X5袋)】が...。

かしこまりすぎない手頃なお土産であることが、何よりかな...。


同じく、【コラーゲン入り こんにゃく麺セット[冷やし中華 うどん ラーメン(各4食)]】も...。

コラーゲンをこんにゃく麺に1000配合とあって、ローカロリーかつヘルシーな味わい...。

たとえ、ダイエット中に食べたくなったとしても、冷やし中華、うどん、ラーメン、といったバリエーションによる豊さあって、飽きずにじっくりと味わえるセット...。



『レストラン亭 くらの』は、蔵王の麓の温泉街すなわち遠刈田温泉本町での創業から、約50年余...。

小さいなからも、手づくりゆえの真心と温かみが...。


【さばのこっくり味噌煮 3切(1切140gX3)】は、数少ない魚料理...。

それゆえなのか、約18cm140g前後といった意外と大ぶり...。

こだわりの合わせ味噌で味付けのふっくら鯖ながらも、箸でほぐれる柔らかさ...。


【プリップリッのえびドリア 400g】は、とろりとした柔らかみと温かみと満足な分量...。

シンプルなバターライスに、とろりのコクと旨みのグラタンに、プリップリの大きな海老をのせ、オリジナルブレンドのチーズもたっぷりとのせての、じっくりとした焼き上げへ...。


【ふっくらジューシーハンバーグ (160gX4)】には、ずっしりとした肉厚の歯応えある食感を残しつつも、ふっくらと焼き上げた際に染み出る肉汁が、なかなかの美味...。

そこへ、特製デミグラスソース80g・和風オニオンソース60g・イタリアントマトソース80g、といった3種類からの本格ソースも加われば、極上の味わいに...。


特に「ころパン」は、大人気。

食べ歩き用の手のひらサイズのおやつだけに...。

サクッとした衣としっとりとしたパン生地としっかりと詰まった具とあって、厳選食材そのままに味を長持ちさせてくれて...。


【さくっと具だくさん 豚肉のピロころパン 85gX10個】...。

豚肉と野菜がたっぷりと詰まった、お惣菜揚げパン。

たまねぎの甘みがでるまで、じっくりと炒め、厳選した新鮮な野菜の甘みと、国産の豚肉で旨みを存分に引き出してくれた野菜スープと肉汁のとろみが、そのままパンの中に凝縮されており...。


【くり〜み〜グラタンのグラころパン 85gX10個】...。

とろ〜りポテトグラタンが詰まった、お惣菜揚げパン。

農薬を一切使わずに育てたじゃがいもに、スイートコーンと玉ねぎをバターでしっかりと炒め、たっぷりのホワイトソースと合わせた、シンプルな懐かしのポテトグラタン仕上げ。

何よりも、グラタンと相性の良いしっとりパンとして、ひとつひとつ丁寧に包みカラッと揚げてくれて...。


【スイートかぼちゃのカボころパン 85gX10個】...。

中に甘く仕上げたかぼちゃのたっぷりと詰まった、お惣菜揚げパン。

ほくほくかぼちゃに、バターと生クリームをたっぷりと加え、甘くクリーミーなかぼちゃのペースト仕上げに...。

何よりも、βカロチンたっぷりのかぼちゃの皮を やわらかく蒸して、クリーミーな中にも、ちょっとした食感のあるかぼちゃをやわらかパンで包んだことでの菓子パン感覚が...。


最後に、最高潮に達する御馳走としては、【大切な人と素敵な時間を プレミアムディナーセット(2人分)】が...。

魚介のロールキャベツ2皿分・アメリケンソース2袋・クリームソース2袋・ビーフシチュー2皿分・ガーリッククリームソース2袋・牡蠣のクリームグラタン2個・フォカッチャ2枚・シーフードと焼き野菜のバーニャカウダ和え2皿分・アボカドとベーコンのハーブソテー2皿分・ジャーマンポテト2皿分・チーズ2袋・フォンダンショコラ2個・ベリーと生クリーム2皿分、といった贅沢いっぱいの御馳走...。

自分へのご褒美や結婚記念日、誕生日などの特別な日は、もちろんのこと...。

特に、クリスマスに1600食売れた8品のコース料理とスイーツも入った贅沢なセットともあって、今時の女性には大人気に...。



仙台真田家が未来永劫でありますように...。

タグキーワード
2016-10-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます