真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回












真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回


12月18日日曜日にて、いよいよ最後の放送か...。

サブタイトル「疾風」のごとく、勇猛果敢な全力疾走が...。


敵陣目がけて突っ走るんだろうけど、さらなる先はどこへ...。

といった終わり方を迎えるかのよう...。


1615(慶長20)年5月7日早朝、ついに迎えた徳川方との最終決戦を前に軍議。 幸村(堺雅人)、治長(今井朋彦)、勝永(岡本健一)、全登(小林顕作)、治房(武田幸三)らは、それぞれの布陣を確認。

真田勢・毛利勢は、天王寺に陣取り敵を引き付ける役目。

陣容が整い次第、秀頼も出馬。 合図の豊臣家の馬印が掲げられるとともに、全軍一丸となっての攻撃の手筈へ...。

秀頼の御前で、必ず家康(内野聖陽)の首を取ると誓った家康は、気合いっぱい。


幸村は茶々(竹内結子)の元へ行き挨拶。 万が一家康を打ち損じた時は、残されたものを救うために、千姫(永野芽郁)を和睦の使者として、秀忠(星野源)の元へ向かわせてほしい、との頼みごと。

茶々の快諾で心残りのない幸村だったが、自室に戻り、鎧をつけながら今までの人生を振り返り、何かこの世に生きた証は残せただろうかと、傍で見守る内記(中原丈雄)に問いかけ。

内記からの人の値打ちは時が決めるものとの回答とともに、遠くで早蝉が...。


自陣から豊臣の陣を眺めている万全の家康だったが、秀頼(中川大志)の出陣で、徳川方に従う豊臣恩顧の大名たちの寝返りを内心恐れており...。

真近で察した正純は、秀頼が出陣を躊躇する謀略、すなわち幸村がこちらに寝返ったという噂の流布へ...。


その幸村の陣では、幸村、勝永、治長が秀頼の出馬を待つものの、秀頼はなかなか現れない。

治長は出馬を促す使いを出すため陣を出立。

待っている間、幸村と勝永は勝つための策を語り合い。

徳川方の兵は実戦経験に乏しい。 陣構えの要領の悪さしかり、各大名のまとまりの悪さしかり。 それらの隙に乗じて、真田・毛利両軍での家康本陣突入ならば、必ず勝てる。

そう踏んだ直後、徳川方の部隊からの毛利軍銃撃が、耳に届いて...。

毛利軍もすぐさま応酬。

一斉攻撃を仕掛ける心積もりなだけに、予定外の戦闘開始の早さから、大坂城の秀頼はすぐに出陣の姿勢。

しかし、大蔵卿局(峯村リエ)からの必死の制止。 正純の流した幸村と徳川方との内通の噂を真に受けていたために...。


その頃、勝永率いる毛利軍は、快進撃のまま本多隊を真田隊を撃破、家康の本陣へまっしぐら。

幸村はともに戦うという大助を制し、城に戻って秀頼への出陣要請を命じた上で、いよいよ出陣となった。

怒涛のごとくく進撃する幸村と真田軍に、戦慣れしていない徳川軍は大混乱。

「目指すは家康の首、ただひとつ!」と、家康の本陣を目指して馬を突進させる幸村の、49年の歳月の刻まれた精悍な顔つきと眼差しは、燃えるように輝いていた。


真田左衛門佐幸村という名は、戦国の世に生き、義を貫き通し、徳川家康と渡り合ったことで、のちの世に「日の本一の兵」として語り継がれてゆく。



いよいよ終わり...。

しかしながら、まだまだ感動の余韻を残すことになりそう...。


あの忘れもしない、2004(平成16)年1月11日日曜日より前49回放送の『新選組!』同様、放送開始前にNHK大河ドラマへ否応なく求められる時代劇ならではの重厚さを求める昔ながらのファンからの、少々懸念を抱くような軽妙すぎる描写を予感させられたものの、最期の儚さを克明に魅せてくれる描写に惹き付けられるからかなあ。

中でも、負けると解かっていても、"義"を貫く姿への感動...。

それゆえに、思い入れを深めたくなる登場人物、案外多かったかもしれないや。



この度の終わりの魅せ方...。

もしかしたら、秀頼を連れての真田幸村逃亡伝説を信じたくなるくらいの展開に???


そう、あの大阪夏の陣の後の薩摩藩・島津家の軍船で逃亡...。

鹿児島の谷山に上陸してからの、長きにわたる紆余曲折を経て、現在の鹿児島県南九州市頴娃町周辺...。


鹿児島県の中でも特別で「薩摩の小京都」と呼ばれた場所、さつま芋の中心地域である、1872(明治5)年創業の老舗酒造蔵「本坊酒造 知覧蒸留所」からの芋焼酎【限定蔵出し 黒麹原酒 37度 1800ml】で、じっくりと乾杯したくなるくらいに...。


ほかにも...。


【西山ファミリー農園 酵素紅はるか 4Kg さつまいも】は、土づくりと有機質へのこだわりを重視あって、深みのある上品な甘みと、絶妙なしっとり感の忘れられないくらい...。

焼き芋・蒸かし・スイートポテトで、存分に味わってみたい。


古来漢方で"薬石"として重宝されてきた「麦飯石」を贅沢に与えた親鳥から産み出された【鹿児島県産 麦飯石卵 40個 28個(生20個 半熟ゆで玉子8個)】の美味しさ...。


じっくりと堪能してみたいな...。

真田幸村逃亡伝説の永続性を信じつつも...。

タグキーワード
2016-11-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます