おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第4回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第4回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼロ磁場の秘水(2L×6本入)
価格:4628円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パワースポットゼロ磁場のお米 3kg3袋零磁場ミネラル
価格:4500円(税込、送料別) (2017/1/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州そば包丁切り生そばセット 木曽屋
価格:3703円(税込、送料別) (2017/1/19時点)









おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第4回

2017(平成29)年1月29日日曜日の放送では...。


サブタイトル「女子にここあれ 次郎法師」のごとく、女子から男子へ、そして法師として...。

心身ともに変化してゆく、おとわ(新井美羽)の移り変わりをいくらか垣間見るかのよう...。


そして、いよいよ...。


とわ(新井美羽)はようやく井伊谷へ帰還。

直平(前田吟)も、直盛(杉本哲太)からの再三の説得あって、ようやく手元の鶴丸(小林颯)を解放、小野家の屋敷へ帰還となった。

ただ、とわの出家が井伊家存続と安泰の絶対条件のため、とわをすぐに還俗させることは容易ではない。

それでも、ようやく平穏な日々を取り戻せたようで井伊家の皆は安堵。

そこへ、南渓(小林薫)からの思いもよらぬ提言。 在家での尼暮らしは退屈であること、父や母への思いも募り俗世への終着が抜けないことゆえ、とわを龍潭寺に引き取る、と。

しかし、とわはあろうことか、亀之丞(藤本哉汰)と夫婦になれない出家そのものに抵抗した。

すべて覚悟の上と思っていた直盛は驚き呆れ返るだけ。

見かねた千賀(財前直見)は、娘の手を取り、落ち着いた様子で諭してゆく。自慢の娘であること、自分を犠牲にしてまで井伊家を救うことはそうそうできることではないこと、まさに三国一の姫であること、母の誇りであること、といった意外な褒め言葉を次々に伝えて...。

とわは、あっけなく出家に従うことになった。


一方、解放された鶴丸だったが、井伊家の人質にされたことでの、恥ずかしさや悔しさや情けなさいっぱいで、落ち着かないまま...。

鶴丸は意を決して、初めて父・政直(吹越満)に正面から向き合って、胸中を打ち明ける。 今後もこのようなことが、いつ起こるとも限らないこと。自身には耐えがたきこと。これ以上、井伊家を敵に回すようなことは、やめてほしいこと。

しかし政直は意に介さないまま。 ため息と薄ら笑いをないまぜにしつつ、井伊家からのあらぬ疑いと恨みをぶつけられ、困っているから、どうしたらいいものか、と。

鶴丸は憎悪と嫌悪感をより強める一方だった。


とわが戻ってから数日を経て、井伊家の居館では、とわの出家の儀が執り行なわれる。

南渓の手によって、とわの髪がきれいに剃りあげられていく様子を、一同は涙をこらえ固唾をのんで見守ることになって...。

剃毛を終え、真っ白な衣の上に墨染めの僧衣をまとったとわを前に、南渓が飄々と伝える。

「今から、あなたの名を次郎法師とする」

次郎とは、井伊家代々の家督を継ぐ者の幼名...。

すかさず、とわは父と母に目をやり静かな頷きを受け止めるも、無言かつ反応のないまま。 ただ、自身が本物すなわち男子としての次郎ならば、亀之丞は災難に遭わずに済んだのに、との悔いが...。

咄嗟に周囲への緊張で重苦しくなった空気を吹き飛ばすかのように、とわはすぐに顔を上げて、精いっぱいの笑顔で宣言する。

「父上、母上。 とわは立派な『次郎法師』になります!」


ところが...。

禅寺への入門は、ただただ訳の解からないことの連続だった。

龍潭寺に入っての挨拶早々、南渓から修行の目的の問いかけから始まって...。

とわは家の事情ゆえ出家を余儀なくされたと応えるも、南渓からは出家の意義をめぐる禅問答の繰り返し...。

禅師での日々の暮らしも同じく...。

修行堂で皆と一緒に肩を並べての寝泊まりはじめ、昊天(小松和重)に連れていかれた畑では、

「働かざるもの食うべからず! 禅宗では、食事、掃除、畑仕事など、日常生活におけるすべての作業を修行と見なします」

とわとしては、伝えられる意味は理解できるものの、実際に何をすればいいのかは、まったく解からないまま...。

しかも、新米ゆえに、問うことさえも許されず、見よう見まねで鍬を振り回すしかなかった。

疲労と空腹のまま戻った修行堂では、わずかながらの質素な昼飯のみ。 さらに、そのわずかな中から、僧たちによる何粒かの米の取り分けまでも行うしかなく...。

呆然とするだけのとわに、昊天が伝えた。

「あれは餓鬼に施すのです。常に飢えと乾きに苦しむ者たちに。命あるものに施しをもたらすのは、僧の務めです餓鬼への施し。すなわち常に飢えと乾きに苦しむ者たちへの施し。 命あるものに、施しをもたらすのは、僧の務めです」

とわは一瞬にして音を上げ、井伊家の居館へ逃げ帰ってしまった。


しかし、それでも無情だった。

たけ(梅沢昌代)からの愛情たっぷりの食事も束の間、千賀からの厳しい叱責が...。

「出家したその日に戻ってくるなんて、言語道断! 辛抱が足りないにもほどがあります!」

とわはあんなところで暮らしていては死んでしまうから、もう無理だ、絶対に無理だ、と弁明するも、千賀からの容赦ない剣幕は変わらない。 とわの出家は井伊家安泰と引き換えなのであること、自らの手で井伊家を潰させないためにも戻らせるわけにはいかないこととして...。

「こんな家、こちらから出ていってやる!」

とわは返す言葉のないまま、走り去るしかなかった。

ただ、母が心を鬼にして言っていることだけは気づいており...。


龍潭寺では、昊天が南渓にとわの引き取りについて、尋ねていた。

南渓が伝えるには、たった10歳で今川家の屋敷で下知を覆したことから、ご初代様を拾った神主が「これはただならぬ子」と口にしたことを、彷彿とさせるものだったという。 もちろん、今後の行く末について、とわがいかなる道を歩んでいくかは解からないものの、少なくとも姫として育てるのは違うような気がする、と...。

そんな南渓の心境を知る由もないとわは、禅僧の見習いとして、農作業に没頭しており...。

館にいたときとはまるで違う質素な食事にお腹を空かせ、常にふらふらとしていたとわに、南渓が声をかけた。 そんなにお腹が減っているのなら、もらいに行けばよいのではないか、と。

南渓から"托鉢"という言葉を聞くなり、小躍りしたとわは話途中のまま、托鉢の心得も聞かないまま、鉢だけ握りしめて、一目散に駆け出した。


当然のごとく、とわの初めての托鉢は、言うも無残な結果となった。

「托鉢をしている。 何かくれ!」

誰も相手をしてくれないどころか、邪魔者扱いされ、野良犬のように追い払われることの繰り返しだった。

ついには畑のものを盗み食いしているところを、鶴丸に見つかってしまうありさま...。

「おとわ。 お主、もしや...」

とわは、恥ずかしいやら情けないやらで、あまりにも惨めになって、思わず泣き出してしまった。

「もう嫌だ、出家なんてもう無理だ! このままではいつか亀が戻ってきたとき、力になんてなってあげられない。約束を守れない!」

亀之丞の竜宮小僧になると誓ったとわの強い想いを目の当たりにした鶴丸は、熟考の末口を開いた。

正室にならずとも今のまま僧として竜宮小僧になるのはどうか、と。 正室にならなくても、今のまま僧として竜宮小僧になるのはどうだろう? 寺には城を助ける役目もあるし、正室としてよりも僧としてのほうが、亀之丞を助けられるのではないか?

鶴丸の言葉をしっかり受け止めて、とわは考え抜いた。 どこからともなくやってくる竜宮小僧のごとく人助けしつつ生きていれば、いつの日か亀之丞が戻った時には、役に立てる僧になっているかもしれない、と。

とわに何かが吹っ切れたかのよう...。

「鶴、ありがとう!」


とわが一目散に駆け出して、たどり着いた先は、先日訪れた食べ物屋。 店先の桶が空だったことと、店の主人が腰を痛めて辛そうだったことを思い出したためだった。

主人が店から少し離れたところで、誰かと話し込んでいる間を見計らって、とわは桶への水汲みをはじめて...。

話を終えた主人が戻ると、何とそこにはたっぷりと水の入った桶が。突然の驚きとともに、その様子を物陰からうかがっていたとわに気づなり、「なんだ? さっきのガキじゃないか!?」

とわは咄嗟に「失敬な! ただのガキではないぞ! 竜宮小僧だ!」と叫ぶと、主人は思わず吹き出し大笑い。 とわの持っていた鉢に、「召し上がれ! うまいぞ!」と煮物を盛ってくれた。

「いただきます!」

とわはが一心不乱に食らいついて、思わず涙が溢れ出た。 こんなにおいしい食べ物は初めてだ、と...。


以後のさまざまな経験を積みながらのとわの修行は続いて、座禅や禅問答の修行も加わった。

仏典や漢籍を読むことも許されて、とわ改め次郎は、目を見張る速さですべてを吸収し自分のものにしてゆく。

寺での修行をこなしながら、一方で「竜宮小僧」としても次郎は精力的に動き回った。

困っている者がいたら、陰ながら助け、亀之丞の帰りを今か今かと一途に待ち続ける日々の暮らしが、9年ほど続いて...。


次郎(柴咲コウ)は19歳の春を迎えることとなった。



井伊直満・直義が今川義元の下知により誅殺され、直満の子・亀之丞(のちの直親)にも及ぼうとしたのは、さかのぼること1544(天文13)年のこと...。

直満の家老・今村正実と南渓和尚との相談を経て、師匠・黙宗瑞淵ゆかりの寺であった信濃国伊那郡市田郷の松源寺に書状を送るとともに、亀之丞を匿うことになって...。

鳴りを潜めている間に、逞しくなって井伊谷へ戻って来る予感と期待は、ますます高まるかのよう...。


伊那ならではの幸をじっくりと味わいつつ、じっくりと鋭気を養っているんだろうなあ。


例えるならば...。


現在の長野県伊那市の産み出した幸である、日本で唯一の「ゼロ磁場地帯」上伊那郡長谷村、現在の伊那市長谷市野瀬から採取した湧出水、【ゼロ磁場の秘水 (2L×6本入)】のiTQi主催「Superior Taste Award (優秀味覚賞) 2010」での最高賞である三ツ星受賞となった、天然ミネラルと気のパワーたっぷりの自然の地下水ならではのまろやかさ...。


伊那の殿様の愛した隠れた名産地としての、「米・食味コンクール」金賞2回・特別優秀賞8回連続入賞の【玄米 長野県産 上納米こしひかり 10kg】の美味しさ...。


現在はテレビ・雑誌などで紹介されて以来大人気の続いている、ゼロ磁場の清流(粟沢川)の流れる伊那市長谷での有機肥料ボカシでつくられた「河原田米」の【パワースポット ゼロ磁場のお米 3kg 3袋 零磁場ミネラル】の美味しさ...。


後年の明治初期に峠の茶屋として創業した長野県伊那市西春近の「ふじのや」からは、信州産100%そば粉使用の【信州そば 包丁切り生そばセット 木曽屋】が...。


さらに、大阪府泉南郡田尻町吉見の「青木松風庵」からの、厳選した北海道十勝産小豆でつくった自家製の甘納豆を、長野県伊那市の小笠原商店の糸寒天の入った蜜で固めてつくった【ゆらゆらり 18個入り/12個入り】の、しゃりっとした食感...。


何はともあれ、亀之丞のちの井伊直親に想いを馳せつつも、それらをじっくりと味わってみたい...。

タグキーワード
2017-01-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます