おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回



























おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回


2月19日日曜日の放送....。

サブタイトル「検地がやってきた」のごとく、周期を経て訪れることになる窮地が...。


どうしても戦国乱世における周囲の有力の大大名に埋没されそうな立ち位置だけに、考えさせられるもので...。


直親(三浦春馬)という跡継ぎを迎え入れて、ようやく平穏を取り戻せるかのような井伊家だったが、今川家による検地が再び、との報せ。 事情あっての配置換え前とあって、改めての"指出"すなわち田畑の広さや農作物の取れ高や集落の人数などの調べの必要ありとのことだった。

かねてより念入りに記載した"指出"だけに、家中の誰もが緊迫した面持ち。

特に、いにしえよりの山深い川名を領して隠し里もある、大の今川嫌いの直平(前田吟)からの激しい反発は、変わることのないまま...。


隠し里への深い興味にそそられて、直親は川名を訪ねた。

直平の案内とともに深い山道を登って、見通しの良い高台へたどり着いた直親の目の前には、見渡すかぎりの美しい棚田が...。

豊かに実った稲穂の、夕陽からの照らされて、風に揺られて、光り輝いている美しさに、直親は言葉の出ないまま...。

直平は昂ぶる気持ちを抑えつつも伝える。 ここはもしものときに、井伊の民が逃げ込む最後の砦であること。かつて今川家に追い込まれた時も、ここに隠れ住むことで、なんとか生き延びてきたこと。この地だけは何としても守らねばならない、と。

深く感銘して井伊家の居館に戻った直親は、美しい川名の隠し里を今川家の役人の目から隠し通すべきと、直盛に進言する。 以前の今川家への報告の際も、隠し里には触れていないはずだから、どうか自身に任せてほしい、と。

直盛は直親の初仕事として認めることになった。


直親は、まず龍潭寺の次郎(柴咲コウ)の元を訪ねた。 次郎には今川家の屋敷に出入りする友がいたはずだ、として、口早に用件を伝えて...。

唐突の訪問に驚く次郎だったが、井伊谷を調べに訪ねる役人の名前や好みや悩みや強みや弱みといった、井伊家への取り込みによる安堵の決め手となるものを得たい、という直親の川名の美しい隠れ里を守りたい切実さに押されて、ふと瀬名(菜々緒)を思い出すことになって...。

次郎は、相手の心に届くか疑問のあるものの、瀬名に書状を差し出すことを、直親に約束する。


直親は再び川名へ戻った.

調べの手が伸びるかどうか定かではなかったものの、直平らとともに隠し里に通じる道の見つからぬよう、念には念を入れての細工に専念する。


落陽とともに井伊谷に戻ることになった直親は、足早に政次(高橋一生)の屋敷を訪ねた。川名の指出の確認の依頼のためだった。

政次は淡々と目を通すも、案の定、隠し里の箇所の欠落に目が留まっての指摘へ。

直親は、川名の隠し里を"ない"ことの旨を主張するとともに、別の指出を示した。 井伊家家老かつ今川家目付の政次の両家の狭間での葛藤を承知しつつ、本音を探るべく魂に訴えかけるという、一種の賭けだった。

直親の主張は続いた。 政次が協力したくないなら、隠し里の指出も一緒に出してほしい。 協力してくれるなら、そのまま破り捨ててほしい。 すべて政次の決めたことに従う、と。


翌朝とともに、直親を訪れた政次の手には、各地の指出をまとめた提出用の検地帳が。 確認してほしい、と。

川名の隠し里に関する報告はなかった。

直親は恩に着ると感謝の気持ちを政次に伝えて、深々と頭を下げる。


検地のため、今川家から送られてきた役人は、岩松(木村祐一)というぶっきらぼうな男。 到着早々より検地帳を念入りに確認の上、領内の絵図を要求する。

少々困惑しがちな左馬助(苅谷俊介)が気になるところを尋ねると、最短で回るための道のりを確かめたい、自身の目で確認しないと気が済まない、と。

岩松による検地帳と現地の厳密な照合と部下に持参した道具での田畑の実際の寸法測量は、なかなかの執拗さで、直親の内心の動揺は、ますます高まるばかり。 心を開かせるため、豪勢な御馳走と酒でもてなすも、岩松は明日の川名への早朝出立を理由にそっけなく断るだけだった。

切羽詰まった直親が龍潭寺へ駆け込んで、次郎に瀬名からの書状到着を尋ねたものの、まだだという。

直親は動揺しつつも必ず解決すると次郎に伝えて、舞い戻るしかなかった。


翌日、次郎は瀬名からの書状を手にするなり、前夜の直親の慌てぶりの気になったことあって、急ぎ読み上げる。 幼少からの今川家人質で"三河のぼんやり"こと竹千代(阿部サダヲ)からの語りの件が綴られており、岩松の愛してやまないものは数と算術と、そして...。

次郎は先を読み終えて、あることを思いつくと、そのまま寺を出立した。


川名では、直親と直平と目付の政次立ち合い下、岩松の厳密な調べが続いている最中だった。

ようやく終了することになって、直親はようやく安堵。

しかし、その瞬間を敏感な岩松は見逃さなかった。 直親に向けた視線の奥には、かの先日細工を施した隠し里へ通じる道の入り口が...。

憑りつかれたかのような岩松は、急な山道ながらも一目散に突進するのみ。 直親が必死に追いすがるように続くも虚しく、ついに見通しの良い高台にたどり着いて、あの景色が目の当たりに広がって...。

岩松が美しい棚田の広がりに唖然とするばかり。 配下の一人は騙そうとしたと激昂し、直親に詰め寄った。

察した政次が岩松の名を呼びつつ懐に手を入れての接近あって、直親は殺気なるものを痛感したからか、咄嗟に井伊家の所有でないとの主張、指出に記載されてなかったとして...。

それでも、岩松からのさらなる詰問の続く重圧あって、直親は帰参間もないと言葉に詰まってしまい、矛先を政次に振ってしまった。

政次は内心釈然としないながらも、直親からのすがるような目を痛感。 咄嗟にいにしえの南朝の皇子の隠し里ゆえに、井伊領の中にありながらも井伊領ではないとの旨を伝えて、岩松を納得させてゆく。

ほどなく、物陰から窺っていた次郎に気づいた政次と直親は、驚きの声を上げて...。

岩松も気づいたことで、次郎は慎ましく正面に出て向き合う。 駿府の瀬名からの書状あって、岩松のこよなく愛する奥方の月命日であり、務めによる忙殺ゆえ満足な供養もなかったのでは、と次郎は気遣い。 読経を申し出る。

岩松は深く感服。 次郎は一礼、合掌ののち、高らかに読経を始める。

そして、美しき隠し里に響き渡る次郎の声に、一同は目を閉じて聞き入ってしまう、心地良いひとときへ...。


ところが...。

政次はいまだ釈然としない憤りのまま...。

井伊谷に戻って早々、紅潮した政次が隠し里の指出を手に直親の元を訪ねると、思いの丈をぶつけた。 信じていないのなら、それでも構わない。 しかし、信じてもいないのに信じているかのような振りをされるのは、異常に心外だ、と。

足早に立ち去ろうとする政次を案じて、直親は井伊家のためにすべてを捨てた次郎のために、ともにこの国を守っていこうと思えないか、と声をかけるものの...。

政次は握り拳とともに紅潮した童顔で振り返って、激しく叫んだ。

「俺はお前のそういうところが嫌いなのだ!」


それから数日を経て...。

政次の実弟・玄蕃(井上芳雄)に、直親の正室・しの(貫地谷しほり)の妹・なつ(山口紗弥加)が嫁入りした。

長きにわたって不和のままだった小野家との強い絆を築きたい、井伊家当主・直盛の考えあってのことだった。


一方、駿府では、瀬名の縁組みがより進展しており...。

三河の旧領主・松平家取り込みという今川家の計らいあって、相手は元服を終え元信に名を改めた、かの"三河のぼんやり"...。


やがて、この松平元信のちの元康、すなわち徳川家康が、遠い将来の井伊家の命運を握ることになろうとは、この時はまだ誰一人としても知る由もらなかった。



川名の隠し里...。

井伊家代々のいにしえよりの心身の拠所なるもの...。


現代にも息づいていたら、嬉しいだろうなあ。


中でも、夕陽に照らされ風に揺られて光り輝く稲穂いっぱいの棚田、日本国内にどれだけ存在するんだろう。

現代ならば、黄金郷といってもいいくらいかもしれないや。



もしも、目に見えない形で受け継がれているならば...。


まず、静岡県浜松市天竜区二俣町二俣の「川島米殻店」から...。

創業120年余にわたって歴代の女将に受け継がれてきた滋養溢れる玄米・雑穀米から無農薬・減農薬米まで医食同源「美味しい幸せ米」として定評ある、【無洗米の玄米 無農薬の玄氣 1.5kg×10袋】や【無洗米の玄米 減農薬の玄氣 1.5kg×10袋】や【無洗米の玄米 無農薬の玄氣 1.5kg×6袋】や【無洗米の玄米 減農薬の玄氣 1.5kg×6袋】。

手軽に毎日続けられる玄米にありながら、免疫成分ビタミンLPS豊富で玄米キャバ7倍。 しかも、白米モードで炊飯可能な美味しさが、心身いっぱいに浸透することに...。


次に、浜名湖北部の浜松市北区三ヶ日町三ヶ日から...。

【三ヶ日みかん(青島みかん) 贈答用10kg箱/家庭用10kg箱 静岡県三ヶ日産】や【三ヶ日みかん(青島みかん) 贈答用5kg箱/家庭用5kg箱 静岡県三ヶ日産】が産み出されるように、温暖な気候と長い日照時間と水はけの良い土地あっての、みかん栽培約250年余の歴史が...。

さわやかな酸味と濃厚な甘みいっぱいの美味しさ...。


そして、浜松市北区新都田の「やまと興業」から...。

まさに、茶所ならではの【スーパーミクロン健康緑茶 国産 粉末 徳用 0.5g×50包入】といった、酸化させない製法による超微粒子粉末仕上げあって、成分まるごとの摂取...。

さわやかな水色とまろやかさいっぱいの風味が...。



遠江国、現在の静岡県浜松市北区引佐町の井伊谷...。


目に見えるものであれ、目に見えないものであれ、多くのいにしえの人たちから長きにわたって受け継がれた想い、永遠であることを祈って...。

タグキーワード
2017-01-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます