おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お香原料 麝香(じゃこう)オイル
価格:1944円(税込、送料別) (2017/2/14時点)









おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回

2月26日日曜日の放送...。


サブタイトル「赤ちゃんはまだか」にまつわる御家騒動らしき展開に???


あの直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)が夫婦となって、すでに丸4年という歳月が流れて..。

しかしながら、いまだに子を授かる兆しのないままで...。

しのは子宝祈願のため、龍潭寺での南渓(小林薫)の祈祷に加え、懐妊しやすいとされるあらゆる薬の服用、直親の御膳には精がつく食べ物を並べて、ともに日々を過ごすものの...。

それでも、全然効果の表われないままだった。

井伊家の行く末を案じた次郎(柴咲コウ)は、ほかに良い薬はないものかと、聡明な昊天(小松和重)に尋ねたところ、井伊谷では手に入らない異国より渡ってきた高価な麝香(じゃこう)があるという。

駿府なら手に入ると察した次郎だったが、かなりの高価。 一介の禅僧に金銭の余裕などあるはずもないのが常。 やむなく唯一の財産といえる鼓を手に、小野家の屋敷へ出向くことになった。


早速相談を受けた政次(高橋一生)は、全然釈然としない不機嫌さを露わに。

次郎は政次のこれまでの複雑な感情を察しつつ、南渓に頼むも当分外出なし、伯父・左馬助(苅谷俊介)に頼めば父母に伝わっての面倒の懸念あってのことと、切々と説得へ...。

かの亡き直満(宇梶剛士)が嫡男・直親の笛との対にと買ってくれた多くの想い出の鼓の売り込みであることを、政次は確かめた上で、次郎の一瞬の迷いと表面上の明るい振る舞いのないまぜの感情を突くかのごとく、もしかの麝香を服用して直親の世継を宿せば、問答無用で奥方の座につけると暗に挑発する。

次郎は、しのの寺の来訪の折の自身を妬む視線の痛感を思い出すなり、政次を叱責した。

「そういう冗談が、しの殿にわれを睨ませるのだ! いい迷惑だ!」


この頃の今川義元(春風亭昇太)は、新しく手に入れた三河の統治と、尾張への侵略への備えの一方、嫡男・氏真(尾上松也)に家督を譲っての駿河の統治を任せており...。

それに伴う来たるべきに備えての大量の武器の必要から、井伊家では槍を二百本納めなければならなかった。

いつものごとく気の乗らない直盛(杉本哲太)は、ため息交じりにより迫られる出費を左馬助に嘆き節。

左馬助は直盛の葛藤を痛感の上で、この時の今川家と織田家では力の差が歴然としているゆえ、皆喜んで今川家に従うであろうと励ます。

折しも、尾張攻めが初陣となる直親だけに、食い入るように二人の話を聞いており、"武勇の井伊"との異名を持つ一族の一員として、ようやく力添えできると、強い意気込みを見せる。

すぐに察した直盛は、口ごもりながらも居館の留守を守ってほしいと、直親に哀願。 一時は食い下がられるものの、いかに修練を積んだ上であれ負けるはずのない戦であれ、もしものことがあれば取り返しがつかない。 大切な跡取りだけに、と...。

ここで政次がはっきりと直親に伝える。

「跡継ぎがいない状態で、直親様にもしものことがあれば、井伊家はまた混乱します。 このような状態のまま、戦に向かわせるわけにはいかないということです」

さすがに直親もこれ以上言い張るわけにいかず、うなだれつつも納得することに。


一方の次郎は、政次がようやく手に入れてくれた麝香を、直親の屋敷に届け、しのに渡して試すよう勧めた。

しかし、しのはうるんだ眼で次郎を睨みつつ、子を授からなければいいと思っているはず、そんな人の持ってきた薬など誰が飲めるか、と言わんばかりの表情のまま...。

次郎はしのの不信に呆れつつも、一度でも直親との夫婦仲を邪魔をしたことがあるのかと、切々と訴えるも、逆に授からないままは呪詛にかけているからでは、との激しい言い返し。

次郎は怒り心頭で恥を知れと怒鳴り上げ。井伊家かつ直親の正室なのかとの嘆き。


その夜、龍潭寺に直親が訪ねて来た。 昼間の騒ぎを案じての次郎への相談だった。

しのの元来の涙脆さに加えての、さらなる乱心ゆえ、井伊家のため側女を持つべきなのかと考え始めている。 何よりも、世継を残すのは自身の役目であり、できなければ井伊家の皆に申し訳ないとして...。

次郎は動揺を悟られまいながらも、この時のしのには受け入れられないであろうと忠告する。 しかし、井伊家のためだから仕方ないとする、いつもと少し様子の違う直親に、胸騒ぎを覚え始めていた。


それから数日を経て、しのが屋敷から突然姿を消した。

龍潭寺に飛び込み、次郎を見つけるや否や大声で叫んだのは、直親の側近・今村藤七郎(芹澤興人)。そのまま書き置きを次郎に手渡ししたところ、荒々しい文字で書かれており...。

「次郎殿、お恨み申し上げます」

その前日に直親の側室が決まったらしいのだが、なぜここまで自身を恨むのか、自身を恨んで死ぬつもりなのか、だとすれば死にざまを自身に見せつけるために、龍潭寺を選ぶはずと、次郎は直感。

そこへ、傑山(市原隼人)がしのを見つけたと、知らせに来た。

すぐさま駆け付けた裏庭には、井戸端にひざまずき、首筋に懐剣を当てているしのの姿が...。

次郎がその手首を激しく掴んだ瞬間、懐剣が弾け飛んだ。

「いいかげんにしなさい! われはあなたに恨まれるようなことは何一つとしてしていない!」

しのは肩を震わせながらも、これまでの思いの丈を、次郎にぶつけていく。

誰も口には出さずとも、井伊家の皆も家臣も、そして直親までも、自身がとわであったらと思っていること。 子を授かれば皆から認められるはずなのに、授からないこと。 もちろん、悪いのは自身であっても、どうしろというのか、ほかに誰を恨めばいいのか。

意を決した次郎は、思いとどまらせるべく、この怒りを利用するしかないと、懐剣を拾うなり、しのの前に放り投げて、好きにしたらいい、と。

しのが呆気にとられる中、次郎は淡々と伝えた。 正室の死のみにとどまらず、ふさわしい者の不在ならば、自身の還俗も認められるであろう。 となれば、自身が正室の座に着けるであろうから、早く懐剣を手に取れ。

案の定、しのが怒りに震えるまま懐剣を手に取った瞬間、傑山が取り押さえた。

「決して、あなたを還俗などさせません!」

ちょうど直親が現れた。 泣きわめく我が妻しのを目の当たりにするなり、大きなため息...。

咄嗟に次郎が直親に絶叫するかのごとく叱責。ため息をつくな、なぜいつも他人事か、なぜもっと寄り添い、ともに悲しみともに分かち合わないのか、と。

そして、次郎は袂の麝香の包みを、直親に思い切り投げつけて、

「自分の嫁のことだ! 自分で何とかしろ!」

そのまま立ち去っていった。

ただ、次郎は怒り心頭ながらも確信する。

もし、しのが子を授かれば自身を取り戻し、命懸けでわが子を守る強くたくましい母になる、と。


年の瀬の寒さのより厳しくなる中のこと...。

この度の直親の頼みあって、龍潭寺での大規模な子宝祈願が行われた。

式典を終えて、千賀(財前直見)が次郎に教えてくれた。

直親から側室迎え入れは一年待ってほしいことを。 もし、その間に子ができなければ、しのは里に帰ることも考えていることも。

次郎は、心から安心した。


年が明けて1560(永禄3)年5月...。

今川義元か直盛に尾張への出陣の下知...。


誰もが釈然としない不満を理解しつつも、直盛は山のような褒美を捥ぎ取る気持ちでの出陣の檄をとばした。

留守を預かる直親をはじめとする家臣ら総出での見送りを背に、直盛率いる精鋭部隊は、堂々たる風格で出陣していった。

この時の今川勢は2万5千。

対する尾張の織田勢はわずかに3千。


誰もが今川家の勝利を信じて疑わなかった戦の火ぶたが、ついに切って落とされた。



かの麝香とは、ヒマラヤ山岳地方より中国・シベリア地方に広く分布の雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種。

そして、ドラマのごとく、興奮作用や強心作用、男性ホルモン様作用といった薬理作用を持つとされ、六神丸、奇応丸、宇津救命丸、救心などの日本の伝統薬・家庭薬にも使用されているという。

ただ、日本においても中国においても、漢方の煎じ薬の原料として用いられることはないとのこと。



それでも、毎年恒例の"雑節"の一つである彼岸への想いもあって、1937(昭和12)年創業の愛知県名古屋市中村区大秋町の「香源」から...。

正倉院宝物銘香「蘭者待」を彷彿とした威厳ある香りで、特級ベトナム産沈香に麝香を配した贅沢な調香名高い【蘭奢待 春香堂 35g】...,。

現在のジャコウ鹿のワシントン条約規制ゆえの合成のムスクオイル【麝香オイル 5cc】...。


何よりも、ムスク(musk)を語源としている幸の一つからか、糖度15度超の豊潤な香りとジューシーでたっぷり果汁の高級マスクメロン【産地直送 温室高級 静岡産 大玉(約1.6kg〜1.8kg)/中玉(約1.4kg〜1.6kg) マスクメロン】が...。



物語の進行とともに、井伊家や井伊谷とともに、じっくりと堪能してみるか...。

タグキーワード
2017-02-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます