おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「桶狭間」は経済戦争だった [ 武田知弘 ]
価格:939円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)





















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回

3月5日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「桶狭間に死す」のごとく、いよいよあの運命の瞬間が...。


それは、次郎(柴咲コウ)がいつものように龍潭寺の涸れ井戸にて、戦へ向かった直盛(杉本哲太)たちの無事を祈願する日々の中でのことから...。


時は、1560(永禄3)年5月19日...。

次郎がいつもの務めに急ぎ動く中、ふと頬に雨粒が何気に当たって顔を上げてみると、空には雲一つない晴れ渡りが広がっており...。

ただの気のせいだと感じるなり、いつもの務めに専念してほどない頃だった。

唐突に井伊家からの使者が馳せ参じ、織田信長率いる軍勢の奇襲により、尾張の桶狭間にて今川軍が大敗、義元(春風亭昇太)も首を討たれたという火急の報せ...。

世に言う"桶狭間の戦い"が...。

天地を転覆させるかのような急転直下の報せに、次郎は茫然自失。井伊谷一帯の震撼とともに、井伊家も恐慌状態に転落へ...。


あらゆる人たちの交錯する混沌とした状況ながら、中城や寺に残っていた者たちは総出で、傷を負い戻ってくる兵たちの手当てに尽力しており...。

その中には、直親(三浦春馬)の嫁・しの(貫地谷しほり)と、政次(高橋一生)の弟・玄蕃(井上芳雄)の嫁・なつ(山口紗弥加)の父親である奥山朝利(でんでん)も、重傷により身体を横たわっていて、申し訳なさそうな面持ちだった。

父の姿を目の当たりにした次女・なつが、慮って労いつつ安堵するものの、いまだ姿の見えぬ夫・玄蕃の消息を尋ねると...。

「...立派な戦いぶりであった...」

目線を落として呟いた朝利の言葉から、なつは玄蕃の死を知って、肩を震わせながら顔を覆って崩れた。

悲しみにあふれる次郎の視線の先には、拳を固く握りしめ、弟の死を受け止め切れずにいる政次の姿...。

不安を押し殺すようにして、次郎は気遣いつつ朝利に声をかけたところ、視界を遮るような豪雨の中での奇襲攻撃の凄まじさを淡々と伝えられる。 もはや敵も味方も解からない地獄のような状態だけに、不覚にも直盛を見失ってしまったという朝利からの呟きに、次郎の不安は内心増すこととなった。


その日の夕方、次郎の父・直盛は、井伊谷に戻って来た。

しかし、無言で兜もつけず首一つのまま...。

すかさず政次が朝利の嫡男・孫一郎(平山祐介)に尋ねたところ、孫一郎は震える声で経緯を語り始める。

混沌かつ不利な状況を察してその場を離れて身を隠したところ、直盛から告げられたという。切腹するから、首を高々と掲げて、織田の兵のふりをして堂々と戦場を去れ。 そうすれば、井伊の武者の一人は助かる。敵に首を討たれて手柄にされるくらいなら、自ら井伊の役に立つ死に方を選びたい、と。

「殿らしい...ご最期で...」

もはや次郎の耳には届かなかった。

父にもう逢えない話もできない悲しみにあふれて、父との想い出のみ走馬灯にように脳裏を駆けめぐるばかりだった。


討死した井伊家家臣は15人だった。

葬儀の執り行われるは龍潭寺。

湿気の充満するかのような重苦しい空気の中、次郎は南渓(小林薫)の弟子として、必死に耐えながら経をあげてゆく。


かの戦により井伊家は大打撃。 新たな体制を整える必要があった。

家督を継ぐ直親と、家老の政次を軸に再構築するものと、誰もが思う中でのこと...。

孫一郎が、直盛から遺言を預かっていたことで、評定の席に激震が駆けめぐった。

「息をお引き取りになる直前、直盛様は、井伊谷を中野直由(筧利夫)殿に任せると言い残されました」

一同のみならず、当の本人である直由も、驚きと戸惑いを隠せないままだった。

激震の続く中を切り拓くかのように、政次が冷静に口を開いて、思うことを語り始めた。 先の戦を境に遠江・三河一帯の大荒れは必定ゆえに、唯一の嫡流・直親を矢面に立たせたくなかったのでは、と。

直平(前田吟)が今後の義元のための弔い合戦の流れの察しに納得する中、政次は戦に詳しい直由への一任が最も得策ではないかということの解釈を伝える。

聞き入った直親が深く納得するとともに、ほとんどが受け入れる中、親戚衆筆頭の朝利だけは、穏やかでない。 当主を失った混乱に乗じて、家政を任されなかったことへの不満を募らせた政次が、井伊家を牛耳るのではないかと疑心暗鬼を深めてゆく。

朝利は、小野家に嫁いだなつと玄蕃との間の子・亥之助を取り戻す心積りだった。

しかし、この時はなつから拒絶されて、この企みは一旦白紙となった。

ただ、この時の企みが、井伊家を悲劇の波に飲み込むことを、まだ誰も知らないまま...。


次郎は、一旦井伊家居館に戻って、落胆深い母・千賀に寄り添いたい気持ちを抑えられなかった。

南渓は次郎の親想いを慮って、その願い出を快諾。 折しも、織田信長に討たれた今川義元の葬儀を手伝うため、駿府へ向かおうとしていた頃だった。

「しかし、世の中何が起こるか分からないもんだ。あの虎の今川が猫の織田に敗れるなんて」

予期しないことも起こりうるということを、目の当たりにしたばかりとあって、南渓はいまだ現実を受け入れないまま...。


次郎は久々に井伊家居館に戻った。

この時の千賀は、先の桶狭間の戦での落命の家臣たちの家族宛てに、何通もの文をしたためており、大した慰めにもならないと解かりつつも、お悔やみや礼を伝えるのは自分しかいないと、ひたすら気丈に振る舞っており...。


次郎は、本来なら慰めの欲しいはずの母の切実さを痛感しつつも、部屋に戻ると、机の上には千賀からの文が...。

「このたびはお父上を亡くされ、悲しみの深さお察しいたします」

この書き出しから始まって、父のあらゆる人となりが...。

とても優しく人の心を大切にし私利私欲のないこと、井伊家のためならば命を差し出す覚悟のある立派な人物であること、井伊家のために出家し還俗も諦めた姿が父に似ていること、働きぶりを偶然見かけた次郎のより美しさに微笑み話してくれたこと、いつか穏やかに暮らせる時には真っ先に花柄の着物を着せてやりたいと語っていたこと...。

そして、気丈ゆえ自身を押し殺し無理をしているように見えること、この文が束の間でもただの娘に戻してくれることを願っていることも...。

次郎は、両親からのこれまでの愛情深さと自身すら知らない父との想い出に感動するばかり。 その父にもう二度と逢えないという現実を直に突きつけられるかのように、涙が堰を切ったように溢れ出すばかりだった。

そして、どうにか最後まで読み終えた後、手紙を抱きしめて、声を押し殺して泣いた。


より続く猛暑の強まりの下、井伊家はいまだに未曽有の危機に瀕していたまま...。

そこへ突然、一筋の光が...。

しの懐妊の兆しだった。

父・朝利は直盛の生まれ変わりと大喜びのまま。 早速、文をしたためては、使者に小野家屋敷へ届けさせる。

その日の夕方、文を読み終えた政次が、祝田の奥山家屋敷を訪ねて来た。

ところが、朝利からなつと亥之助を引き取りたいと切り出されて...。

政次は丁重な対応とともに、なつ自身が小野家にとどまりたいとの再三の申し出の旨を伝える。

それでも朝利は、なつと亥之助を戻したくない理由でもあるのかと、食い下がる一方だった。

政次は亡き直盛による弟・玄蕃となつとの縁だと丁重に返すのみ。

ついに、朝利は苛立ち、逆に亥之助が人質を取られた格好になるからかと、皮肉交じりになって...。

意を決した政次は、すっと目を細めて冷静な声で返してゆく。 そこまで考えてはいなかったものの、逆に亥之助は小野家から取った奥山家人質として考えているということなのか、ならば大切な時ながら奥山家は自分の家しか考えていないと、左馬助(苅谷俊介)も直由も失望するのではないか、と。

朝利の動揺は高まって、返す言葉が見つからない。 なつがそれほどまでに小野家に留まりたいのならば、と一応納得する。

政次は礼を伝えて退出しようと背を向けたところ...。

何と、朝利の刀が振り下ろされ、政次の左腕を斬り付けてしまって...。

「殿がいなくなった今が好機と思っているのだろうが、そうはさせないぞ!」

刀を構え直した朝利が、負傷した政次に襲いかかった。


次郎は龍潭寺でしのの懐妊を知った。

唐突に、喜び寂しみ妬み悔しさなどの複雑な感情の交錯の高まりとともに、早速本堂に入るなり本尊に手を合わせると、井伊家に新しい命を与えくれたことへの感謝の気持ちを述べてゆく。

「井伊の家に、新しい命をお与えくださったこと、心より感謝いたします」


暗闇の深まりとともに冷静さを取り戻してゆく中、次郎は突然の物音を耳にするなり、手燭の光を頼りに辺りを照らして奥へ進んでゆく。

何とそこには、政次が血まみれで立ったまま...。

「...奥山殿を...斬ってしまった...」



あの"桶狭間の戦い"という運命の分かれ道...。

大大名、大名、国衆、百姓、などといった誰もが、生き残りに必死な姿...。

程度の差こそあれ、ますます突出してゆく予感の高まり...。


愛知県稲沢市天池五反田町の「APITA(アピタ)」や「PIAGO(ピアゴ)」からの【桶狭間フーズ 一刻堂 冷凍生ギョーザ 30個入×10箱】で、じっくり腹ごしらえしながらも、あの戦国乱世の尾張国桶狭間、現在の愛知県豊明市とされる桶狭間古戦場伝説地への想いを馳せつつも...。


じっくりと目を通してみるか...。


2014(平成26)年6月3日火曜日発売の『「桶狭間」は経済戦争だった 戦国史の謎は「経済」で解ける』(武田知弘/青春出版社)に記された、「戦国最強」とされる武田軍団の天下の取れなかった最大の理由や、以後の日本史上空前の高度経済成長をもたらした信長の「デフレ政策」に、目を通しつつも...。


あの2007(平成19)年2月16日金曜日から2010(平成22)年11月15日月曜日まで、『別冊ヤングマガジン』(2007年20-35号)・『月刊ヤングマガジン』(1-5号)および『週刊ヤングマガジン』(2010年28-50号)にて連載された、全5巻・全38話の『センゴク外伝 桶狭間戦記』(宮下英樹/講談社)にも...。

戦国大名としての強さか...。

「より多くの米を得る者」としての主人公・今川義元...。

銭という全く異なる価値観を提示し「最も多くの銭を得る才を持つ者」としての織田信長...。

それぞれの対比、徹底して史実に近い形での時代の荒波と重ねるかのように、体感してみようっと。

タグキーワード
2017-02-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます