おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 家康 1 自立篇 / 安部龍太郎 【本】
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/3/3時点)















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回

3月19日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「さらば愛しき人よ」のごとく、悲しい展開になってしまうなんて、いやそうあってほしくない、といった思いにさいなまれることになりそうで...。


はじまりは、あの運命の朝の訪れからで...。

放心状態の瀬名(菜々緒)を、非情にも館から引きずり出そうとする役人に向かって、次郎(柴咲コウ)は必死ですがりつきつつ、きちんと引導を渡していないから待ってほしい、きちんと念を払わないと祟りが襲うぞ、と叫んでは押し問答に...。

そこへ突然、馬に乗った武者、かの松平元康(阿部サダヲ)の家臣・石川数正が参上。

先の上ノ郷城での自害の城主・長照の二子の捕縛による人質交換の交渉が成立したとのことで、瀬名と竹千代と亀姫は岡崎へ移送されることになった。

しかし、万事が上手く運ぶとは限らず、悲しいことに瀬名の母・佐名(花總まり)と夫には、娘婿の謀反の咎で自害の下知が下されて、ほどなくともに自邸で絶命してしまった。

次郎は、悲しみをこらえてただひたすら手を合わせて、経を上げることしかできなかった。


井伊谷に戻ってから数日たったある日のこと、見知らぬ山伏が、次郎の元を尋ねてきた。

元康からの使者と名乗って、山伏は贈りものと書状を取り出すと、瀬名と竹千代と亀姫を救ってくれた御礼として、直親(三浦春馬)に渡してほしいと丁寧に伝えて...。

かの書状には、直親を鷹狩りに招きたい旨も記されており、目を通した直親は、目付の政次(高橋一生)にも読ませようとする。

しかし、政次は今川家への謀反の嫌疑の恐れあってか、怪訝な表情のまま...。

直親は穏当な笑みを浮かべつつも、最後は政次に決めてほしい、と一押しする。

政次はまたかと言わんばかりの釈然としない表情。 直に察した上で直親は、もはや今川家の再起はなしとの見込みを伝えて、共倒れにならないためにも、松平家と接触しなければならないと断言する。

しばしの思案の上で、直親に書状を返しつつも、政次は今川家との共倒れを避けたい考えを打ち明ける。

政次の表情を直に察した直親は、力強く頷いて、誘いを受けることを決断する。


それから間もなく、直親は国境に近い山寺で元康との密談を果たし、満足した表情のまま井伊谷に戻って来た。

直ちに龍潭寺にて政次と落ち合った直親は、先の初対面早々より自身の手を握られて「この元康、井伊のためなら、どんな協力もいとわないと誓います!」と強い口調で言い切られた感動を打ち明ける。

政次からのいかなる人物かの問いには、年齢の割には非常に貫禄のある凛々しい顔をしており、手には火傷の痕があったと、にこやかに答えて...。

ちょうど寺の井戸端で話していたことあって、ふと井戸の底を眺めつつも、唐突に直親が嫁取りに関して政次に尋ねる。

意表を突かれたじろぐ政次に、直親は松平家との間で縁組みの話の出たことを打ち明けた上で、今川家の支配から外れれば、次郎の還俗はすぐに叶うこと、次郎と政次が夫婦になるのがふさわしいことも、打ち明けて...。

第一次郎自身が望んでいないと困惑する政次の背後に気配を感じて足音を聞くなり、振り向いた二人の前には、ほかならぬ次郎が立っていた。

焦る二人をよそに、次郎は唖然とするだけ。。

話の聞かれていなかったことに安堵した直親は、何気に話し出した。あの正しい答えは何だったのだろうか、なぜ井戸に捨てられていた子が助かったのだろうか、いまだ南渓(小林薫)から正解は聞けないままだ、と。

次郎は、どれも正解で答えは一つとは限らないと、真剣な面持ちで伝える。

政次が思わず吹き出してほどなく、「さてさて、駿府に、いつものご挨拶だ」と、その場を後にしようとする。

穏やかな雰囲気に直親も嬉しそうで、頼もしい旨を政次に伝えて、静かに送り出す。

立ち去る政次の背を見つめて幼少に戻ったようだと微笑む次郎に、直親は竜宮小僧のおかげと心から労って、二人は微笑み合いつつも、幼なじみを見送った。

しかしこれが、三人で顔を合わせる最後のひとときであることを、当の本人たちは知る由もなかった。


それを暗示させるかのごとく、奇妙な出来事が...。

前とは別の山伏がまたも次郎の元を訪ねて来て...。

ちょうど居合わせた南渓が驚いた表情で、かの山伏・松下常慶(和田正人)の名を口にして...。

知り合いなのかと次郎が不思議そうに尋ねると、南渓はあちこちを回っている風来坊と答えて、常慶に用件を尋ねると....。

「松平元康様より、御礼の品をお持ちしました」

呆気にとられた次郎は、すでに御礼を頂いたと口にしかけた瞬間、一気に血の気が引いて顔面蒼白に...。

今川だ、以前訪ねてきた山伏は今川の間者だった、と...。


その頃の政次も、寿桂尼(浅岡ルリ子)の前で凍りついた表情と姿勢のまま...。

そう、寿桂尼の手には、直親が書いたと思われる書状が...。

あの時の松平家宛ての書状に違いないことをすぐに解かった政次に、寿桂尼は容赦なく尋ねる。直親の書いた書状であるのか、元康と鷹狩りにでも行ったのか、と。

政次は、解からない、しかし直親の筆跡とは少し違うような気がすると、巧妙に抗弁を試みるものの...。

突然の寿桂尼の合図で男が入ってきた。

「これは、その男が持ち込んできたんだが...」

何と立っていたのは、直親の話した手に火傷の痕のある凛々しい顔つきの男であった。

「お前は必ず、わしと同じ道をたどる」

亡くなる直前に忠告した父・政直(吹越満)の顔と言葉が、一瞬にして政次の脳裏に浮かんた。 激しく落胆して、うなだれるしかなかった。


今川家の仕掛けた罠を痛感した直親は、ただ驚愕するのみ。

南渓はつぶやいた。

「恐らく、井伊は試されたのだ。 裏切りの芽は早めに摘んでおこうと」

直ちに直親は、松平家からの力添えを得るべく、直訴状のしたため。もし、実現すれば、たとえ今川家に踏み込まれても、戦うことができるとして..。

直訴状を携えた南渓は、常慶と次郎とともに、三河の岡崎城へと急ぎ出立した。


しかし、無情だった。

緊迫した南渓の問いに、交渉を終えた常慶は淡々と答えた。

「力を貸すことはできないと。 今の松平には、兵を出す余力は残っていないとのことです」

次郎はぶつけようのない怒りを爆発。 勢いのまま瀬名本人にも直接会って、懇願する。 瀬名が人質として井伊谷に来てくれれば、今度もまたきっと元康から助けるべくして、井伊家に力を貸してくれるはずだ、と。

しかし、瀬名は決して首を縦には振らない。 次郎がどんなに願い出ても断固として拒絶するのみ。

「私ごときでは人質になりません。 今度こそ、見捨てられるだけです」


次郎は廃人のようによろめきながらも、やっとの思いで井伊谷の帰途に着くことになって...。

南渓は慮りつつも、淡々とつぶやくのみ...。

「たとえ今川にだまされたとしても、それを決断したのは直親である。 いざというときの覚悟はできているはずだ」

次郎の胸に鋭く突き刺さった。


かの言葉通り、肝心の直親も、すでに覚悟を決めていた。

申し開きを求める今川家からの下知に従い、駿府へ行くことを決断したためである。

直親はこの度の一件を自身の落ち度として、家臣に詫びる。今川家の元に参れば、それで済むことであると。

直平(前田吟)はもう見送るのはごめんだと叫び、その場にいた誰もが、あの18年前に駿府に呼ばれて誅殺された直親の父・直満(宇梶剛士)と重ね合わせており...。

かつての亀之丞に起こった悲劇が、今またその子・虎松に降りかかろうとしている。

そう思っていたのは直親本人も同じだった。

自室に戻った直親は、わが子を抱きながら、虎松(鈴木楽)の誕生と同時に、長年枯れていた寺の井戸に水が湧いたことをしの(貫地谷しほり)に話した。

「虎松はきっと、ご初代様の生まれ変わりだと思うのだ。 いつかその手で井伊をよみがえらせてくれる...しのよ、お前が産んでくれたのは、そういう"ただならぬ子"だと思うのだ」

直親は、今にも崩れ落ちそうなしのを気遣いつつも、虎松を頼むと短く言い添えて、出立した。

しのはその場に泣き崩れるだけだった。


抜け殻同然のまま龍潭寺に帰り着いた次郎の背後から、あの優しく呼ぶ声が...。

「おとわ」

次郎が振り向くと、いつものように穏やかに笑みを浮かべる直親が...。

「会えてよかった」と晴れ渡るように澄み切った直親は...。

「ごめんな...穏やかな日が続くようにと...そんな井伊を取り戻すと約束したのに」

次郎はすべてを悟った。 謝る直親を押しとどめるかのごとく、悪いのは自身であること、自身が男に生まれていればよかっただけのはずなのに、と無念と後悔を口にする。

それでも直親は、笑顔のまま否定する。 もし、おとわが女でなかったら、たった一つの甘く美しい思い出がなくなってしまう。 経を聞かせてほしい、もう一度川名の隠れ里で聞かせてくれたあの経を聞かせてほしい、と優しく頼み込んで...。

咄嗟に次郎は、死者への悼みのためであるとして、激しく拒絶する一方、虚しい鐘の音が別れを告げるかのごとく一面に鳴り響いて...。

その瞬間、直親が次郎を息のできないほど強く抱き寄せる。

次郎がただひたすらに愛し続けてきた男の温もりと匂いを、じっくりと胸に刻む間もなく、身体を離した直親は行ってくると告げて、次郎に背を向けて出立した。

「待っているからな、亀!」

振り返って笑顔を絶やさない直親に、次郎は叫び続けた。

「何をしても、どんな卑怯な手を使っても、必ず戻ってくるんだ! ずっと待っているから!」

その言葉を最後に直親は前を向いて、別れ惜しさを断ち切るかのように、勢いのまま走り去っていった。

次郎の目から堰を切ったように溢れ出した涙はとどまるところを知らず、ただただ胸を刺す痛みに耐えしのいでいくだけだった。



「二度あることは三度ある」といった展開に???


本当に悲しくてやりきれないや。


それでも、当時の松平元康(のちの徳川家康)にすれば、岡崎城入城間もない頃ゆえに、発展途上に差し掛かる前ならではの非力さを突きつけられていたということなのか...。

折しも、前年2016(平成28)年12月20日火曜日発売の『家康 1 自立篇』(安部龍太郎/幻冬舎)という、新たな戦国史観を背景とする後年の徳川家康の真の姿の一端に、目を通してほどない頃だけに...。

岡崎城へ入城し今川氏と決別し、1562(永禄5)年に織田信長と清洲同盟を結んでしばらく後に、名を徳川家康に改め、信長の盟友として、三河国・遠江国に版図を広げていく様子が...。

直木賞作家の戦国集大成としての全5巻構想の大河小説第1巻、合間を見て、要所要所に目を通してみるか...。


そして、かの岡崎城と言えば、城から八町(約870m)の距離にあったとされて名高い"八丁味噌"発祥の地ならではの味わいが...。

1337(延元2)年創業から670有余年の「超」のつく老舗ならではの、気候風土を生かした独特の味噌文化の発達...。

そう、かの【八丁味噌 3kg】はもちろんのこと...。

「まるや八丁味噌」から仕入れの"八丁味噌"使用の【名古屋限定まるや・八丁味噌饅頭(小) 15個入 10箱セット】や【名古屋限定まるや・八丁味噌饅頭(大) 24個入】といった和菓子も...。


じっくりと噛みしめながら、見届けることになりそう。

タグキーワード
2017-02-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます