おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回


















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回

4月9日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「徳政令の行方」のごとく、遠い将来の井伊谷の命運を左右する以後の一連の流れ、ますます見逃せなくなる展開に...。


はじまりは、百姓たちによる祝田村の神社の禰宜への相談から。 ほどなく、今川家への徳政令直訴となって...。

直虎(柴咲コウ)は唖然とするばかり。 直に察した方久(ムロツヨシ)は、冷静沈着に語りかける。 もし、徳政令が出れば、瀬戸村と祝田村の民はどうなるだろうか、と。

直虎は手放して喜ぶだろうと口にして瀬戸村と祝田村の多くの民の笑顔を想像、そのまま今川家への忠義を高めてゆくかもしれない、と。

しかし、方久からの、以後の両村を誰が治めることになるのかの問いかけに、直虎は顔面蒼白となり言葉を失う。

そう、政次(高橋一生)による民の訴えを装った乗っ取りだった。

事実、政次はすでに、二つの村の領主である新野家の娘と、虎松(寺田心)の母・しの(貫地谷しほり)に先手を打っていた。

しのからは、虎松の後見を自分に任せてくれれば、村を返上しても構わないという旨の念書を受け取っており、今川家からは徳政令を井伊家に命ずると朱印まで押された書状を預かっていたのである。

加えて、中野直之(矢本悠馬)や奥山六左衛門(田中美央)までもが、政次に抱き込まれていた。


次の評定の場にて、直之は声を荒げながら主張する。

「瀬戸村と祝田村を返し、方久を家臣から除名すること! そうしなければ、我々は直虎様をご領主とは認めない。 これは奥山、新野、中野の三人の総意です!」

意を決して直虎は、誰が虎松の後見をするのがふさわしいのかと尋ねたところ、直之からは当然のごとく政次がふさわしいとの答え。

直虎は直之らの本気を改めて痛感。 直之はさらに明言する。 政次は領地を復元し、百姓たちの不満も沈めてみせるとの宣言を重く見ていることを。 これまでのいきさつゆえに、どちらが頼りになるかははっきりしているであろう、とも...。

そこへ、政次が書状を手に、厳かに現われた。

政次は、今川家からの徳政令発布の下知の旨の記された書状を直虎に渡しつつ、淡々と伝える。

「そうしましては、直虎様から速やかに発布をお願いします」

緊張のまま書状に目を通し終えた直虎は...。

「もちろん発布したいのだが...実は...」

困った様子で方久にちらりと横目を向けて...。

肩をすくめ弱々しい素振りの方久が打ち明ける。 やはり、いきなり何処から来たかも解からない素姓のような若輩者が所有すること自体、誰からも納得されないであろうと思い、瀬戸・祝田の両村を龍潭寺に寄進してしまったことを。

ぴくりとした政次の一瞬の表情を見て取るや、直虎は袂から今川家の『仮名目録』を取り出す。

直虎が発布の意志を装いつつ、弱々しい素振りの方久に視線を送ると、素姓知れずの若輩者の所有自体、皆納得できないゆえに、瀬戸・祝田の両村を龍潭寺に寄進したと、方久は告白...。

政次は一瞬の動揺。 直虎は察するなり、袂から今川家の『仮名目録』の取り出して...。

「これによると、たしか、寺の領地に関しては"守護不入"とあったはず...ああ、これだこれだ」

"不入"と記されているため、さすがの今川家も手出しはできない。

すべては、直虎と方久と南渓(小林薫)との三人で、予め熟考を重ねて練り上げた芝居だった。

政次は直虎を睨みつけるようにして、ゆっくりと口を開いて伝える。 今川家からの下知を、撥ねつけるつもりなのか、と。

直虎は否定しつつも、残念ながら自身から発布できる状態ではなくなってしまったというだけのことと、政次に伝える。

「...なるほど。 では、駿府へはその旨を、返事としてお伝えしましょう」

政次はそう言い残して、そのまま静かに退出した。


先の三人芝居が功を奏して、事なきを得たものの、直之の何とも腑に落ちない様子は、変わらないまま。 直虎と方久の顔をちらちらと見ながらも、主張する。

「なぜですか? 今川からの徳政を受ければ、百姓は収まる。 そうすれば、そこにいる商人も、井伊に返済を求めることはできなくなるでしょうに」

直虎は、時折直之の口を塞ぎつつも、改めて主張する。 あの条件を受け入れば、結局、瀬戸村も祝田村も政次の土地になってしまうこと。 方久に土地を預けることこそが、遠い将来の井伊谷のためであること。 この時の井伊家には、銭も人もないだけに、この未曾有の窮地をどうにか打破するためには、裸一貫から成り上がった方久のような人物の才覚と知恵を借りて、新しいやり方が必要であることを。

それでも、直之は釈然としない。 そして、陰湿かつ粘着するかのような問いかけ。

「その者と、男女の関係にでもなられたのですか?」

直虎は、何ともくだらない発想と、あまりの侮辱さに、声を失った。

「とにかく! 瀬戸と祝田を返さない限り、我々は但馬を後見にすることを希望します!」

直之は大きく足音を響かせながら出て行き、六左衛門もおずおずと付き添うかのように出て行った。


翌日、とんでもない事件が発生。

方久が連れ去られ、百姓からの脅迫状が届いた。

ミミズが這うかのような間違いだらけの片仮名で書かれた文を、直虎はどうにかして読み上げる。

「今川の徳政令を受け入れることを書にしたため、神社に届出よ。 さもなくば、方久の命はない」

これも政次の仕業と、直虎は直感。

百姓との親交の厚い禰宜を使って彼らを操り、このように仕向けたとして...。

直接百姓たちと話をしようと、直虎は単身で駆けずり回ったが、村には人影すら見られなかった。

集団で農作業を放棄し、領主へ抗議する"逃散"だった。

身も心も酷く擦り減らすことになった直虎は、その足のまま神社へと向かった。

境内に入ると、目の前には台が置かれ、紙と筆、硯、墨、水までが用意されており...。

直虎は手回しのよろしいことと、皮肉交じりに感服。 唇をかみしめながら、墨を擦って筆を手にした。

「徳政を発布する」

直虎の著名したその手は怒りに震えていた。

と、その時、一匹の亀が何処からともなく現れたかと思いきや、書状の上でぴたりと止まり動かなくなって...。

「こら、どけ、どかぬか亀。...亀...」

この名を口にしたのはいつ以来だろうと、微動だにしない亀を見つめつつ、直虎は亡き亀之丞すなわち直親(三浦春馬)の姿と重ね合わせて...。

「これは、違うか。 亀...やはり、違うか....」

頑固な亀に直虎は、思わず笑った。

「そうか。 われも違うと思う」

直虎は亀の下敷きとなった書状を抜き取って、勢いよく二つに引き裂いた。

しかしこれでは、何一つ解決したことにならない。 そう解かっているからこそ、一体どうしたものかと途方に暮れながら帰ろうとしていたところ...。

直虎の目に、風にそよぐ鮮やかな緑が...。

稲の種が成長し、ちょうど田植えに適した苗に成長していた。

直虎は思わず足を止め、風になびく苗を眺めながら、あることを思いつく。


その翌日には...。

直虎は傑山(市原隼人)と昊天(小松和重)、寺の小坊主たちを率いて瀬戸村へと向かった。

これ以上苗が育ってしまうと、田植えがうまくいかず、収穫に影響が出る。 一度は逃散した百姓たちであれ、きっと田植えの時期であることは解かっているため、気にしているはずだ。

そう考えた直虎ならではの賭けだった。

直虎の号令とともに、田植え作業に勤しむことしばらくして、何処からともなく人の気配が...。

ふと顔を上げれば、畦道には、何人もの百姓が疑心暗鬼にこちらを眺めながら立っており...。

見覚えのあった甚兵衛(山本學)という老いた農夫に、直虎は声をかけた。

「お主らの稲が育たなかったら、我々も困るからな。 断りもせず申し訳なかったが、勝手に田植えをさせてもらった」

しかし、甚兵衛は襲い掛からんばかりの勢いで怒鳴り上げる。

「直虎様は借金のかたに方久に瀬戸を売ったんだ! そんな話に、わしらがだまされるとでもお思いか!」

直虎は、瀬戸村と祝田村を方久の土地としたことを認めた上で、井伊家の借金完済のためでないことを主張。 そして、方久は年貢受け取りの代わりに当面の百姓たちの返済の猶予することを、熟考の末の手法であることとしてを説明する。

それでも、借金は減らないとして、甚兵衛は納得しないまま。 勢いに押されたほかの百姓たちも、やはり徳政令がいいと身勝手な主張を声高に伝えて...。

鬱積した直虎は、百姓たちを力づくで一喝。 目先のことばかりにとらわれるな。方久は欲深い男ゆえ、委任こそ村の皆が豊かになれる。 ふと気付けば、借りの返せる仕組みを確立されているはずだ、と。

それでも甚兵衛は、禰宜の立場を慮ったまま...。

甚兵衛の立場を強く慮りながらも、直虎は自身と禰宜とどちらを信じるかと、百姓一人一人に語りかけてゆく。 まず村を豊かに富ませること。 それは方久を潤し将来の井伊谷全体の豊かな国へと導けること。 ゆえに皆と協力して、強い井伊谷をつくっていきたいことを。

懐疑的だった百姓たちも、直虎からの熱い想いが浸透するかのように、一人、また一人と、相次いで田に入って、皆で横一列になっての田植えに勤しむことになって...。

直虎は、一か八かの賭けに勝利した。 極度の緊張からの解放あってか、呆然と眺めながらも嬉し涙のあふれるばかりに...。

ふと目を横に向ければ、いつの間にや、六左衛門も泥だらけになって、田植えの手伝いに勤しんでいた。


さらに翌日には....。

直虎は改めて百姓たちと話し合うべく、皆の望みを聞き回ることになって...。

この頃には、一人の若い百姓から字を教えてほしいと気軽に尋ねられるくらいの、心地良い関係へ高まっており...。

ただ...。

最大の懸念は、新野の娘としのの土地に関して...。

それぞれに祐椿尼(財前直見)の所領と川名の一部の譲渡による納得を試みるものの、しのはかつての直親をめぐる因縁あっての難儀ゆえ、相変わらず頑ななまま。

「祝田を返していただけない限り、絶対に直虎様を虎松の後見とは認めません!」


加えて、もう一つの最大の懸念は、徳政令発布の下知を撥ねつけられた今川家の反応...。

案の定、嫌な予感は的中し、最も恐れていた形で、直虎を苦しめにかかるのこととなった。



井伊家のみならず...。

本来の虎松の後見を自負する小野家も、直虎への対抗心を秘めるしのの生家の奥山家も、直虎の母方の亡き叔父・左馬助(苅谷俊介)のいた新野家も...。

そして、身近な最大勢力である今川家も...。

それぞれが生き抜くべく、必死で出世と安泰を求めているということなんだろうなあ。


中でも、直虎に真正面から意見する急先鋒として、亡き父・直由(筧利夫)から家督を継承した側近の直之の今後が、ますます気になるところ...。

何よりも、今川方として出陣し曳馬城で討死した父の無念を痛感しているだけに...。

しかも、井伊谷という小国だけに...。

決して理解できないわけではない。

それだけに、史実としての遠い将来における立ち位置あって、以後の直虎との関わり合いが、ますます見逃がせないくなりそう。


かの曳馬城とは現在の浜松城。

改称のきっかけは、1570(元亀元)年の徳川家康の入城から。

以後、基盤を段階的に確立。 特に、1600(慶長5)年の"関ヶ原の戦い"での勝利以来、家康の天下取りの第一歩として、 江戸幕府300年の原点となった城として"出世城"という異名として名高く、徳川家譜代大名の居城となった経緯が...。


それだけに、元々、浜名湖湖岸の3万坪の池でうなぎ養殖をしていた"うなぎを知り尽くしている"老舗として1948(昭和23)年4月創業、静岡県浜松市中区鍛冶町の「うなぎグルメ専門店 浜名湖山吹」からの食を存分に堪能してみようか...。


できれば、大人数での食卓であればあるほど、美味しさを際立つもので...。


まず、【浜松天神蔵の名入れの酒出世城と浜名湖山吹のうなぎ詰合せ 国産】の、国産うなぎ長蒲焼き(100g×3本)、国産うなぎ長白焼き(110g×3本)、たれ・粉山椒各6袋、簡単な調理法の記載のしおり...。

そして、1871(明治4)年創業の伝統と、地酒造りの誇りを持って精魂こめた酒造りをしている蔵元・天神蔵すなわち浜松酒造ならではの、刻印(名前入り)の「浜松酒造 天神蔵の純米出世城 葵御紋(720m×1本)」も...。


ほかには...。


【浜松酒造 静岡県産「出世城」 浜名湖山吹 うなぎ白焼き 詰合せ 国産】の、うなぎ長白焼き(110g×3本 たれ・粉山椒各3袋付)、浜松の清酒「出世城 特別純米」(720ml×1本)も...。


【浜松酒造 静岡県産「出世城」 浜名湖山吹 うなぎ蒲白焼き 詰合せ 国産】の、うなぎ長白焼き(110g×1本)、国産うなぎ長蒲焼き(100g×2本)、たれ・粉山椒各3袋、簡単な調理法の記載のしおり、浜松の清酒「出世城 特別純米」(720ml×1本)も...。


【浜松酒造 静岡県産「出世城」 浜名湖山吹 うなぎ蒲焼き 詰合せ 国産】の、うなぎ長蒲焼き(100g×3本)、簡単な調理法の記載のしおり、たれ・粉山椒各3袋、浜松の清酒「出世城 特別純米」(720ml×1本)も...。


【浜松酒造 静岡県産「出世城」 浜名湖山吹 うなぎ蒲焼き わさびこがし醤油 詰合せ 国産】の、うなぎ長蒲焼き(110g×2本)、たれ・粉山椒各2袋、簡単な調理法の記載のしおり、浜松の清酒「出世城 特別純米」(720ml×1本)、わさびこがし醤油(1瓶30g)も...。


【浜松酒造 静岡県産「出世城」 浜名湖山吹 うなぎ蒲焼き わさび塩 詰合せ 国産】の、うなぎ長蒲焼き(100g×2本)、たれ・粉山椒各2袋、簡単な調理法の記載のしおり、浜松の清酒「出世城 特別純米」(720ml×1本)、わさび塩(1瓶30g)も...。


立身出世の願いの込められた食とともに、多くの人たちに幸運をもたらすことへの、末永い祈りを込めて...。

タグキーワード
2017-03-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます