おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回




おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回

4月23日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「綿毛の案」とは、もしや???

あのカナダの作家ルーシー・モード・モンゴメリが1908(明治41)年に発表の長編小説『赤毛のアン』のような児童文学の世界観とは大違いの、戦国乱世の小国ならではの地盤固めにまつわる小さな物語が...。


はじまりは、駿府での寿桂尼(浅丘ルリ子)との決死の申し開きにおける駆け引きを経て、直虎(柴咲コウ)が無事に井伊谷への帰還を果たしてから...。


かの直親(三浦春馬)の最期の二の舞を誰もが恐れていただけあって、井伊谷一帯が安堵に包まれて...。


しかしながら、財政不足は変わらないままだった。

方久(ムロツヨシ)は、井伊谷の遠い将来を意識した上で、木綿栽培による財政立て直しを、直虎に強く勧める。 しかし、過去の度重なる戦の勃発あって、井伊領内には深刻な人材不足が蔓延しており...。

一連の窮状を重くみた直虎が、直ちに村々を奔走したものの、ふさわしい人材はなかなか見つからないままだった。

好転しないまま途方に暮れる中での帰途にて...。

偶然通りかかった近くの滝で、直虎は水浴びする男(柳楽優弥)と何気に出逢うことになって...。



井伊谷の起死回生の地場産業としての綿花か...。


失礼ながら、現在の井伊谷には、その面影もなく、代わりに近くの奥山では、陶芸の里としての知名度が高まり栄えつつあって...。


本放送での戦国乱世における小国としての井伊谷一帯の人たちに置き換える心積もりで、例えるならば...。


現在の大阪市天王寺区東高津町の「わが街とくさん店」からの【お茶めさん ちゃちゃもめん セット 松阪木綿巾着】...。

伊勢の和紅茶とちゃちゃも飴キャンデーを、松阪木綿巾着に内包した贈りものとして...。


沖縄県産の特産品を重用する「シードリーフ沖縄(Seed Leaf Okinawa)」からの【天衣無縫 ウォッシュタオル&沖縄県産ハーブティー まずは飲んでみなくっ茶セット】...。

オーガニックコットン使用の贅沢なタオルの温かみと無農薬で育てた沖縄県産ハーブティーの味わい、心地良いもので...。



とにかく、本放送での描写が、ますます気になるところ...。

終盤に差し掛かるにつれ、活き活きとしてゆくことになるのが、楽しみに...。

タグキーワード
2017-03-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます