おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回












おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回

6月11日日曜日の放送...。

サブタイトル「盗賊は二度仏を盗む」とは???

一体どのようなからくりが???


前夜の直虎(柴咲コウ)が酒に呑まれた上に、龍雲丸(柳楽優弥)にやたらと絡んだ宴会の浮かれ気分を、一気に打ち破るかのように...。

かの近藤康用(橋本じゅん)が、小野家居館に参上して...。


「菩提寺の本尊が盗まれた...?」

政次(高橋一生)が静かに聞き入る中、向かい側の険しい表情の近藤は、罪人を探していたところ、聞き捨てならない噂を耳にしたという、何やら含みのある言い方...。

政次の嫌な予感は的中。 直虎が近藤の領土から木を盗んだ盗賊たちを罰することなく、手元に置いている、と。

おそらく直虎が材木で商売を始めると言う噂を聞き、木を盗んだ犯人と結びつけたのだろうと、まるで図星を刺されて迂闊だったかのように、政次はむせて咳き込みながらも、近藤の含みある言い分をひたすら呑み込むしかなく...。


視界がぐるぐると回り、頭はズキズキと痛み、最悪の状況に陥る中...。


肝心の直虎は、前夜の楽しく酒を酌み交わしたことは覚えているも、深酒ゆえに途中からの記憶がなく、朝からたけ(梅沢昌代)にさんざん説教されており...。

「何の話だ」

六左衛門(田中美央)の気配を察して、酒の全く抜けていない直虎が気怠そうに聞き返したところ、龍雲丸に家来になることの強要と隠し子の有無の詰問による絡みを知って、一気に酔いも吹っ飛ぶほど血の気が引いた。

方久(ムロツヨシ)に酒を飲ませた理由を詰問するも、誰も勧めていないとかわされて...。

直虎の激しい混乱の中、弥吉(藤本康文)がやって来た。

「但馬様がいらっしゃったのですが、なぜか近藤様もご一緒で」


慌てた直虎たちが顔を合わせ、あらゆる思案をめぐらせるも束の間、政次と近藤が現れて...。

誰もが一緒にして身動きが取れなくなるも、直虎が適当にごまかす中、近藤から菩提寺の本尊の盗みの件を聞かされることに...。

直虎には完全な言いがかり、どう考えても龍雲丸たちを捕まえるための口実にしか思えず、近藤との丁々発止の繰り返し。

近藤への憎しみの高まりとともに、売り言葉に買い言葉の勢いで、直虎は口走ってしまった。

「ありえない! もうあの者たちは以前のような盗などはしない!」

不用意な失言で茫然とする直虎へ、鬼の首を盗ったかのように、ここぞとばかりに近藤からの畳み掛け。 やはり龍雲丸たちの仕業で、領土を犯した盗賊たちと知りながら、罰することもないまま過ごしてきた、と。

窮地から脱すべく必死の六左衛門も、声高に主張。 自身が彼らに頼んだことを。 木を切る人材の少なさから彼らに頼むしかなく、直虎の承認の上で、重労働という刑を課したまでであることを。

それでも近藤は全然引き下がらない。 彼らに木を盗まれたことに加え、菩提寺の本尊まで盗まれたからには、これ以上の侮辱は許されない。 これでもなお井伊家から無下されなければならないのか、と。

ぐうの音も出ない直虎に代わって、政次が口を開く。 近藤の主張はごもっともであることとして、心身追い込まれた直虎に、彼らの引き渡しに応じるか、それともまだ隠し通すか、確かめることに...。

直虎としては、政次を信じたいが、龍雲丸たちのことを喜んで迎え入れたわけではないことも承知のこと。 いつものことで、政次の心が全く読めないまま...。

止むを得ず苦渋の決断で、直虎は引き渡すことを伝えると、政次が案内すると言って近藤を連れていくことに...。


直虎は、独自に手を尽くすべく、直之(矢本悠馬)に川縁を行っての先回りと逃がしを指示。 勝手に逃げてしまったとなれば、文句の言いようがないだろう、と。

近藤に捕らわれたら、今度こそ本当に処刑されてしまう。 頼む、逃げ伸びてくれ、頭。

直虎は手を合わせ祈り続けるしかなかった。


案の定、直之がたどり着いた頃には、すでに小屋の周りには近藤たちが...。

手遅れか、と悔しがる直之だったが、意外にも響き渡るは近藤の怒鳴り散らす声...。

「どういうことか!! 但馬様!! もぬけの殻ではないか!!」

政次が神妙な面持ちで申し開きするも、近藤と家来たちはわざと取り逃がしたと疑いの眼差し...。

近藤からの鬼の形相を前に、まだ近くにいるかもしれないから探そうとの政次の呼びかけから、直之は急ぎ居館に戻って直虎に報告、安堵させることとなった。


数日が過ぎて、直虎が六左衛門を伐採現場に様子見に行かせると、近藤の家来たちの見張りはいまだ続いたまま...。

しかも、龍雲丸たちの気配も全くなし...。

さすがにもうここには戻ってこない、気賀に戻ったのか、隠れる場所はあちこちに確保しているであろうし、もう終わったこととする直之と六左衛門...。

直虎はまだ戻って来て欲しいとの秘かな願い...。


南渓(小林薫)から呼び出しがあり、直虎はすぐに龍潭寺へ...。

近藤の菩提寺への寄贈に驚くのみならず、本尊の盗みは龍雲丸一味の仕業と決めつけに、直虎は言いがかりだと怒ってそっぽを向く。

南渓は優しく説く。 上手く言葉が見つからないものの、もうこの辺で手を打ったほうがいいと思うとのこと。 こちらも悪いことをしたのは事実である以上、その辺をご本尊を贈ることでうやむやにして、ほとぼりの覚めるのを待つのが得策では、と。

白黒はっきりさせないと気の済まない性格の直虎にとって、この辺の微妙な塩梅がよくわからない。

「むやみに敵を増やす者ではない。 頭を下げることも当主の役目であるぞ」

南渓からそう諭された直虎は、納得してはいなかったが、菩提寺への本尊の寄贈の決意を固めて、行くことになった。


「ご本尊がそんな簡単に代用できるものと考えて欲しくはないですがね」

案の定、勝ち誇ったように上から目線の近藤とあって、直虎は欲求不満を鬱積する一方...。

朝も夕も本尊のいない仏壇に手を合わせている日々を慮るとともに、愛想笑いを浮かべながらも、丁重にことを進める南渓と、よしみのある菩提寺の和尚の後押しもあって、話し合いは互いに少しずつ好転へ...。

それでも懲りもせず毒舌をぶつける近藤と、幾度となく頭を下げる南渓の、それぞれの明暗あって、拳を握り締めながら見守っていた直虎だったが、意を決するなり、自身の不甲斐なさのために騒動を引き起こしてしまったと、近藤への申し訳なさいっぱいに深々と頭を下げる。

その姿に近藤が一瞬躊躇した時、南渓から本尊が祀られていたところを見せてほしいことと、寄贈のために大きさなど確認しておきたいことの申し出。

和尚はすぐに本堂への案内へ...。

だが、たどり着くと何とそこには本尊の姿が...。

南渓から釈然としない思いで尋ねられて、和尚は口ごもり、近藤も本尊ではなく別のものだと必死に誤魔化そうとする口ぶり。

取り乱す近藤に誘導されて、和尚が答えた。 今朝、代わりの本尊を納めた、と。

直虎にも筋書きが見えて来る中、南渓が仏像を手に取るなり、本物同様の立派な顔の本尊と讃えて...。

直虎も一芝居。 これも康久仏師作のもので、しっかりと銘がある、と...。

ますます蒼ざめる近藤に、南渓は微笑みつつ、本尊自身で戻って来たのだろうと。これは仏の暗示であり、もうこの辺で収めなさいとのことではないか、と。

鋭い南渓の眼力に、蛇に睨まれた蛙のような近藤を察して、和尚から井伊家と近藤家の今後の繁栄を祈願しての、本尊への読経の願い出へ...。

より控えめになった和尚から押されるように、直虎と南渓は並んで読経を始めた。


事なきを得て、直虎と南渓は帰る途中の茶屋でくつろぐことになって...。

南渓は龍雲丸が秘かに訪ねて来たことを、直虎に打ち明ける。


驚く直虎を前に、南渓が振り返りつつの打ち明けによれば...。


天井裏に隠れていた龍雲丸に気付いた南渓が呼び寄せ、事の次第を打ち明けたところ、朝から晩まで働いてて、盗みを働く暇のないとのこと。

南渓が先方としてはどうでもいいとの見方に、龍雲丸は自身と仲間を捕らえるための新たな口実ではと尋ねて...。

南渓は龍雲丸の直感の鋭さを認め、互いに分かち合う。 武家は自身を棚に上げるのに反して、農家をはじめとする庶民を罪人だ悪党だとの決めつけの強さを...。

善後策の話し合ったところ、おそらく本尊が盗まれていないこと。 本来ならば動かすのも恐れ多いので、多分そのままにしてあると思うこと。

そこで、先ほどの策を龍雲丸が持ちかけ。 南渓が菩提寺に行くとなれば、おそらく本尊をどこかへ隠すだろう。 南渓たちが話をしている隙に、龍雲丸が隠された本尊を盗み出して、元に戻す。 嘘が明るみになって動揺する近藤を、南渓がうまく丸め込むという算段だった。


「盗賊にしか考えつかないお話ですな」

感心するやら呆れるやら忙しそうな直虎に、南渓が笑いながら話し続ける。 手放しで褒められたものではないが、見事なものであること。 これで近藤も暫くはおとなしくなるであろうことを...。

しかし、直虎には、龍雲丸がもう井伊谷には戻ってこないであろうと、寂しいような切ないような物悲しさがこみ上げてきて...。

唐突に南渓が直虎の背後に目配せするなり。

「おい! どうするのだ? 頭!」

驚き振り返ると、そこには龍雲丸が座っていた。

直虎は目を丸くして声も出ないまま...。

龍雲丸は噴き出した。

「俺もあの寺にいましたからねぇ」

南渓が井伊谷に戻って来るのか、直虎が気がかりだったことを、南渓が伝えたところ、龍雲丸は井伊谷に戻らないと銭ももらえないとのぼやき。

直虎の胸がじんじわと熱くなっってゆくのを実感しつつ、龍雲丸は話し続ける。 絶対にやってないとかばってくれたからには、やってないことを見せつけてやらないと、直虎が嘘をついたことになってしまう、と。

直虎の目から一気に涙があふれた。

温かく見守る龍雲丸と、肩をすくめながら見つめる南渓に囲まれて。この度も皆から助けられたと直虎は改めて噛み締める。


「本日ようやく全員揃いました! 怪我人などもおらず、安心しました!」

山から戻った六左衛門が、報告とともに、今後の龍雲丸たちの処遇に関して、直虎や直之たちとともに話し合い。

何か別の仕事を頼めないものかと、誰もが思案をめぐらせる中、当初こそ毛嫌いしていた直之ですら、人間味と知恵と技術を認めて感服、井伊谷を守る家来衆にしたいと意気込むまでになっており...。

方久も、人材使いの上手さに注目し、近い将来に銭を呼び寄せられるとの期待を高めるまでに...。

そして、この度の一件で、政次は黙認するしかないだろうとの見方の強まって...。

唐突に六左衛門が割り入った。

「実はあの日、見知らぬ女子が逃げるように知らせに来たらしいのです」

直之と方久が驚きつつ詳しく聞いてみたところ、どうもなつ(山口紗弥加)のような感じだった、と。

六左衛門は話し続ける。

「もしかすると、但馬様は引き渡すふりをして時間を稼ぎながら、裏であの者たちを逃すよう指示したのではないかと」

それでも、なつがたまたま話を聞き、かわいそうだと思って知らせてくれたのであろうと、直之は認めない。

しかし直虎は、口では直之に同調するふりをしながらも、心の中では六左衛門の言う通りだと解かっていた。


実際にその頃、咳き込む政次をなつは心配している最中...。

「どうやら、本当に風邪をひいてしまったようだ。 うつるといけないからあまり近寄らないように」

かの近藤の訪れの際に、絶妙な頃合いを見計らうかのように咳き込んだのは、廊下にいたなつへの合図。 近藤の要件を察知していた政次は、事前におかしな咳をしたら、龍雲丸たちに逃げるよう知らせに行ってくれと、なつに指示しておいたのだ。

「貧乏くじを引き、風邪もひき...義兄上は賢い方だと思っていましたが、なつにはだんだん解からなくなってきました...」

政次のこれほどまでの愛と忠誠を直虎は解かっているのだろうか、といったなつの想いを察したかのように、直虎が来たとの知らせ...。


政次は表情を曇らせながら立ち上がった。

直虎に頭を下げ挨拶した途端に、政次はゴホゴホと咳き込んでしまいながらも、用件を尋ねる。

龍雲丸たちを井伊家の家来として迎え入れたい気持ちの直虎からの打ち明けに、政次は今口出しできる立場でないとの黙認の意志。

ひとりで悪者ぶって、いつまで芝居をするのだろうかと、直虎は案じつつも、本音を言ってほしいこと、なつを使ってあの者たちを助けてくれたのでは、と政次に切々と尋ねる。

政次は、引き渡してしまえば、直虎がまた大騒ぎするだろうし、面倒だからであって、決して情けをくれたわけではないと、淡々とした口ぶり。

しかし、家来への迎え入れは、政次の考えに従おうと考えているとの打ち明けと、誰よりも井伊谷の将来を考えてくれていることへの深い理解を示す直虎に、さすがの政次も動揺。

政次は、全身全霊の信頼を寄せて真っ直ぐに見つめてくる直虎の瞳に飲み込まれそうになるのを抑えつつも、ありのままを打ち明ける。

「反対はしません。 井伊のためにあの者たちを使うのはいいと思います。 しかし、くれぐれも、あの者たちのために井伊を使うことのないように。 もし、そのようなことがあれば、私は本当に殿を追放することを考えなければなりません」


夜が明けると早速、直虎は六左衛門とともに龍雲丸のもとを訪ねた。

直虎は少し緊張した様子で話し始めて、この仕事が終わった後のことを尋ねて、とりあえず気賀に戻るつもりとの返事から、しばしの沈黙を経て、気持ちを落ち着けた直虎は一気に吐き出した。

「このまま井伊に仕える気はないか? もちろん、お前だけではなく、皆んなまとめて」

唖然とし驚きを隠しきれない龍雲丸に、直虎は続けた。 悲しい生い立ちゆえに武家を嫌っていること、元々武家の倅だったということ、それらを踏まえてできれば考えてみてほしいことを。

さすがの龍雲丸も、いつもと違って、かなり歯切れが悪い。返事は銭を受け取る時にと約束する。

直虎は小屋を後にし、勢いのまま山を下る中、追いかけてきた六左衛門に「あれは来ないな! 多分! やっぱり来ないわ!」と嘆くばかり。 失敗した! ダメだ! もっと上手な話し方はなかったのか! との後悔にあふれてしまって...。

「解かりませんよ」との六左衛門からの慰めも、直虎には耳に入らなかった。


その晩、龍雲丸は木々の隙間にこぼれ落ちる月明かりを眺めて、ぼんやりしてたまま...。

ふと、血生臭さが鼻をついた気がした瞬間、忘れた去りたい過去の記憶が鮮明に蘇って...。

血まみれになって、次々と勢いのまま多くの人たちがなぎ倒されてゆく城の中での凄惨な光景を、目の当たりにして立ち尽くす幼き10歳頃の自分自身に、ひどい震えが止まらない。 大人になった今でも苦しめるまま...。

かねてより龍雲丸を案じて、すでに直虎の話を聞いていたモグラ(マキタスポーツ)が、声をかけてきた。

「もう一度やり直せるかもしれませんよ。悪い話じゃないと思います」

龍雲丸は、武家が大泥棒だと言い回ってきた手前あって、大いにためらってしまうも、モグラが一押し。

「それを言うならみんな同じです。 しかし、あの尼小僧様が信頼できるということは、みんな気づいていますよ」


龍雲丸は翌日、皆を集めて直虎からの申し出を伝えた。

さすがにみんな戸惑っていた。

盗賊だった自分たちが侍になるなど想像もつかない中でのこと...。

「おらは、なりてぇ! ここで百姓になりてぇ!」

ゴクウ(前田航基)が手を上げて明言した。

どうやら先日に出逢った農家の娘に惚れたらしいと、力也(真壁刀義)が笑いながら冷やかしたことで、皆は和んで浮き足立つようになって...。

「あの尼小僧なら、助けてやってもいいと思える...かな」

龍雲丸の一言で、皆は意気揚々に同調することになった。



龍雲丸が住むところなどの条件を尋ねて来たと聞くことになった直虎は、心躍った。

「早速色々と考えてやらねば!」

それから約束の日までの間、受け入れ支度で、周囲は慌ただしくなって...。

打ち掛けまで用意させられたたけの「たかが盗賊あがりに...」との不満を耳にするものの、祐椿尼(財前直見)と高瀬(橋ひかる)は「まるで少女のようだ」と、直虎に目を細くして...。



とうとう、約束の日がやってきた。

新たな家来を迎えるため、家臣たちは正装...。

直虎はいつも通りの尼小僧姿で「平常心、平常心」とのつぶやき...。

空には見事な龍雲が立ちのぼり、明るい未来を感じさせてくれて...。

おかげで龍雲丸たちがやって来た時には、誰もがゆったりと落ち着いた気持ちで迎えることに...。

「頭、お勤めご苦労であった」

「三ヶ月間、お世話になりました」

賃金の支払いを終えた直虎は、かの返事を求めた。

皆からの期待を込めた眼差しが、龍雲丸に集中する中...。

「断ります」

直虎たちだけでなく、ゴクウや力也たちにとっても、予想もしない返事に、驚かされるばかり。

直虎は叫びつつ考え直しを求めると...。

「それは...空に雲があったから…」

龍雲丸からの奇妙な受け答えに、そこにいた誰もが理解できない中、なぜか政次がひとり密かに吹き出して、直虎は「そんなふざけた言い訳が通用するか!!」と大激怒。

「解かってもらえなくてもいいですから」

去ろうとする龍雲丸に、直虎の気持ちを代弁するかのように六左衛門が改めての考え直しを求めるものの...。

「やっぱり柄じゃないんで。 それじゃ」

軽くお辞儀すると、くるりと振り向いて歩き出す龍雲丸の後を、カジ、モグラ、力也、ゴクウが慌ててついていった。

直虎は、何が起こっているのか理解できていないまま、ただただ呆然とその背中を見つめるしかなかった。



龍雲丸を演じる柳楽優弥か...。

何と意外にも、NHK大河ドラマは初出演であることに驚き....。


いわゆる史実にないオリジナルキャラクターだけに、今後も長きにわたって、否応なしに気になってしまう。

あの森下佳子ならではのオリジナルストーリーだけに、あらゆる伏線の張り巡らしの上に、最後に納得のできる方向へ収束させてくれるだろうだけに...。


『直虎』では、いわゆる"虐げる側"と"虐げられる側"の身の上の交錯するかのように、荒くれながらも繊細な一挙手一投足の深みを増してゆくことになるのかなあ。


振り返ってみれば...。


まず、1993(平成5)年4月24日土曜日より公開のアカデミー賞作品賞受賞となったアメリカ映画のリメイク版の日本の時代劇で、2013(平成25)年9月13日金曜日より公開の李相日監督・脚本の映画『許されざる者』...。

オリジナルの設定と同時期の明治時代初期の蝦夷地を舞台に、江戸幕府側の残党・釜田十兵衛が再び賞金稼ぎとして戦いに身を投じるさまを描いており...。

なお、渡辺謙演じる主人公・釜田十兵衛は、オリジナル版のクリント・イーストウッド演じる伝説的なアウトローのウィリアム・ビル・マニー。

そして、柳楽優弥演じるは、オリジナル版のジェームズ・ウールヴェット演じる若きアウトローのスコフィールド・キッドにあたる、十兵衛とともに賞金首を追うアイヌと和人のハーフの青年・沢田五郎。


次に、2016(平成28)年5月21日土曜日より公開...。

その年の第8回TAMA映画賞特別賞、第38回ヨコハマ映画祭主演男優賞、第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、第69回ロカルノ国際映画祭の新進監督コンペティション部門・最優秀新進監督賞、第38回ナント三大陸映画祭の銀の気球賞(準グランプリ)を受賞....。

真利子哲也監督・脚本の映画『ディストラクション・ベイビーズ』では、2011(平成23)年の愛媛県松山市を舞台、実際にバーのマスターから聞いた実話を根底に、港町で喧嘩に明け暮れる天涯孤独の主人公・芦原泰良(柳楽優弥)を過激に演じて...。

中でも、(『直虎』での井伊直政役の)菅田将暉が演じる高校生・北原裕也と行動をともにする一連の流れ、忘れられない。


そして、2016(平成28)年6月4日土曜日より公開...。

日本テレビバラエティ番組『世界一受けたい授業』の演出を手掛けた徳永清孝監督で、奇想天外のスラップスティックコメディが真骨頂の福田雄一脚本、蛭子能収長編映画初主演作品の映画『任侠野郎』...。

関東一円にその名を轟かせた主人公の元小里組若頭・柴田源治(蛭子能収)が敬愛する親分の仇をとるため斬殺した正岡組長の一人娘の時子(トリンドル玲奈)の婚約者・三田村俊樹の追い込まれる姿...。



しっかりと見届けることになりそうで、ますます楽しみに...。

タグキーワード
2017-05-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます