おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回






















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回

7月16日日曜日の放送...。


サブタイトル「死の帳面」とは、現代ならば「デスノート」???

たしかに、かの戦国乱世真っ只中ならば、己自身のため、自国の繁栄のため、否応なしに敵とされる人間の死を願いたくなってしまうものだろうけど、一体何が???


武田信玄への謀反の廉で追い詰められた嫡男・義信(オレノグラフィティ)の自害から久しく...。

いまだに正室である今川氏真(尾上松也)の妹・鈴は、軟禁されたまま...。

ここで寿桂尼(浅丘ルリ子)が動き始める。

自ら甲斐に出向いては、孫娘である鈴を駿府に返すよう、信玄に直接申し出たのみならず、そのまま急ぎ足で、氏真の正室・春(西原亜希)の実家である相模の北条家に、武田家との仲裁を願い出ることに...。

以上の働きが幸いして、鈴は駿府に戻されることとなり、今川家と武田家の一触即発の関係は一応の決着を見せることとなった。

さらに、寿桂尼は越後の上杉家との和睦にも奔走することとなった。 しかし、心臓病を発症し、床に伏せてしまった。


気賀の堀川城では、完成を祝う宴の場にて、直虎(柴咲コウ)が方久(ムロツヨシ)への城代任命を宣告する。

商人の町にある城だからこそ、一番商いを進めやすいとの考えを、方久に優しく伝えると、集まっていた町の者たち皆からも賛同の声を挙げることになって...。

皆からの声に背中を押された方久は、満面の笑みを浮かべて宣言する。

「瀬戸方久、お任せいただくからには、この気賀の町をお金の溢れる豊かな地に変えてみせましょう!」

そこへ、宴にやって来た龍雲丸(柳楽優弥)たちの姿を見つけた町の者たちが、彼らを一斉に歓迎した。

「来てくれたか! こっちだ、こっち!」

直虎から見つめられた龍雲丸は「ここから世界を変えなければならないですからね」と言い、互いにこっそりと笑い合った。


「では、気賀の方は、上手くいきそうなのですね」

宴を終えてしばらく、いつもの直虎との囲碁のやりとりで、政次(高橋一生)は感慨深く口にして...。

直虎は、碁石の音を響かせながら伝える。 口を挟むことなどほとんどないくらい上手くやってくれている、と感慨深い。

しばらく、互いの碁石の音が鳴り響いた後で、政次が姿勢を改めて、直虎に伝える。 そろそろ、戦支度を考えた方がいい、と。

今川家と武田家との関係は落ち着いたはずであろうとする直虎を受け止めた上で、政次は伝え続ける。それは、表向きに過ぎず、武田家は水面下での戦支度を進めているはずであること。 寿桂尼の具合も思わしくない中だけに、もしものことがあれば、ことは一気に動くかもしれないであろうこと。 直ちに寝返りが始まって相次ぐことになり、戦にもつれ込むであろうこと。 このまま何もしないままだったら、今川家の部隊として駆り出されてしまうのは、目に見えている。 そろそろ何か手を打つ必要がある、と。

直虎は愕然としながらも痛感。 今川家に背を向けようとして討たれた直親(三浦春馬)が思い出されて...。

「直親の仇...」


翌日、井伊家屋敷に、南渓(小林薫)が訪ねて来た。

南渓が差し出した書状には、寿桂尼の名が記されており、直虎は驚く。 今朝、龍潭寺に届いたという。

直虎が封を開けると、女同士腹を割って話したいとの文面が並んでおり...。

「おそらく、最後になるだろう。 お主も話したいことを話してきたらいいのではないか」

直虎は南渓の言葉に後押しされて、寿桂尼の元を訪ねることにした。


こうして、今川家屋敷での、久方ぶりの寿桂尼との対面へ...。

「忙しいところわざわざすまなかったな」

何か書き物の途中だったのか、帳面を閉じながら寿桂尼は言うと、直虎は深々と頭を下げて恐縮、お逢いするより大事なことなどありません、と。

それでも、帳面を気にする様子の直虎に、寿桂尼は苦笑いしながらも、最近物覚えが悪くなったものだから、いろいろと忘れないように書き残すことにしている、と。

直虎は、持参していた献上品である数枚の布を取り出すと、寿桂尼に差し出すとともに、当主を認めていただいてから3年で、ようやくここまで井伊谷を盛り立てることができたことの礼を伝える。

寿桂尼は、綿の布を触りながら、大したものと口にして、顔はやつれ背中も丸くなったとあって、今やただの老婆にしか見えない。

直虎には、なんとも知れない切なさが込み上げてきて...。

寿桂尼は、布を撫でる手を止めて直虎を見つめるや、かの直親誅殺の一件を口にして、今でも恨んでいるのだろうと尋ねて...。

直虎は、握りしめた拳に力が入るも、改めて姿勢を正して寿桂尼を見据えつつ伝える。 きれいごとだけでは、家を守ることなどできないこと。それだけに、責められる者などいないことを。

寿桂尼が黙って凝視する中、直虎は続ける。 気狂いなどでなければ、人の命に手をかけることを楽しいと思う者などいないであろうこと。 そうせざるを得なかった者の心の闇は、いかほどのものか...。

寿桂尼がゆっくりと目を閉じてしばらく、ふと見開くと、その目には涙が光っており...。

「そなたから、そのような言葉が聞けるなど思いもよらなかったから...すまないな」

「女大名」とまで呼ばれた人の、見る影もないほど弱々しくなった姿に、直虎は胸を痛める。

寿桂尼は打ち明ける。 小さな小さな女の子が、お家のために一生懸命に鞠を蹴っていた姿、いまだに鮮明に残っていることを。 以後も、瀬名(菜々緒)の命乞いに乗り込んできた時も、徳政を覆しに来た時も、折につけて直虎が我が娘であったなら...。 ずっとそのように思っていた、と。

溢れ出す涙をこらえようとも拭おうともせず、寿桂尼は直虎の手を握りしめて、願い出る。

「我が居なくなっても今川を見捨てないでくれ。 そなたの才覚で太守様を支えてやってほしい」

直虎は、複雑な思いを含みながらも、安心して下さいと寿桂尼の手を握り返す。


直虎は井伊家屋敷に戻ると、すぐに政次を呼んで、寿桂尼の縁のある方一人一人に別れを告げている様子を打と明ける。

政次は、最期の務めであろうとの見込みを伝える。今川方の家臣や国衆は、先代や先先代から受けた恩があって、寿桂尼に会うことで、それを思い出させて、今川離れを食い止めようとしているのであろう、と。

それでも、すべての恩を忘れて寝返ることになるためらいを口にする直虎に、政次は冷静に伝える。

「...井伊のお家を守るためです」


その頃、氏真は寿桂尼の付けていた帳面に目を通しており...。

ずらりと並んだ名前の横に、半分近く「×」が付いている中、氏真は突然言葉を失った。

井伊直虎も、その一つだっただけに...。

氏真は困惑しながらも寿桂尼に尋ねる。 どうして信用できないのか。 あの女のことはとても気に入っていたようだったのに、と。

力強い低い声で寿桂尼は返した。 直虎がきれいごとだけでは家は守れないと言ったのだ、と。

「いつもわれが自分を許すために自分に言い聞かせてる言葉だ。 たぶん、同じようなことを常日頃から思っているのであろう。 われに似た女は、衰えた主に義理立など決してしない」

「では、井伊については、予定通りで...」と、問いかけた氏真に、寿桂尼が力強く頷いた。


今川家が上杉家と手を組もうとしていることを南渓から聞いた直虎と政次は、目を丸くするばかり。

「使いの僧侶たちが、行き交っているようなのだ」

両家が手を組めば、武田家は三方を囲まれることになる。 ましてや、上杉家と武田家は犬猿の仲であるだけに、武田家はかなり厳しくなるだろうと。

このまま動かないかもしれないとの直虎と政次からの見方に、南渓からは徳川家の出方次第というところかもしれないとした上で、武田家の頼みは織田家と、その下にいる徳川家しかない。 家康(阿部サダヲ)の出方によっては、信玄は戦ができなくなる可能性がある、と。

「ならば徳川に働きかければ良いではないか」

直虎はボソリと呟くように言うと、政次に向かって続ける。 徳川家が武田家と組まなければ戦にならないのならば、徳川家を組ませないようにすればいい。 上杉家と手を組み、武田家を包囲する方が得策だと教えてやればいい。

政次は驚いて大声で諌める。 もし、そんなことが今川家の耳に入ったら、大変なことになる、と。

それでも直虎は強く主張する。

「井伊は戦を避けて通るのではなかったのか! これだって、戦を避けることに変わりないだろう!」


そして直虎が、家康に当てた手紙を書き始めた頃のこと...。

今川家では、寿桂尼の記した帳面を元に、寝返りしそうな者たちへの厳しい取り締まりや処罰が始まっていた。



『直虎』での寿桂尼を演じる浅丘ルリ子...。

役どころにせよ本人にせよ、戦国乱世ならではの無情さと悲惨さに関しては、否応なしに考えさせられてしまう。



ふと思い出してしまった。


あの五味川純平執筆の大河小説を原作とする、日活製作、山本薩夫監督による3部作の日本映画を...。


1970(昭和45)年8月14日火曜日より公開の『戦争と人間 第一部 運命の序曲』から始まって...。

1971(昭和46)年6月12日土曜日より公開の『戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河』を経て...。

1973(昭和48)年8月11日土曜日より公開の『戦争と人間 第三部 完結篇』にて終焉に至るまで...。


物語の時代背景は、1928(昭和3)年春から...。

かの映画で演じたのは、新興財閥伍代家当主・伍代由介(滝沢修)の長女・由紀子。


陸軍参謀本部の佐川少佐の部下である柘植進太郎中尉(高橋英樹)へ愛を傾け続けるも虚しく、無情にも1931(昭和6)年に満州事変が始まって、死の商人たる伍代家は本格的に大陸進出を図ることに...。

続く1932(昭和7)年には、上海事変へと戦いは激化することになって、由紀子は出征する柘植に会いに行くものの、戦争の運命の前に愛の約束も無意味なものに思われそうになるばかりに...。


あの時の由紀子の儚げな表情、何度観ても忘れられなかった。



この度の『直虎』にて、今川家が手を組もうとする上杉家とは...。

幾多の戦で負けを知らず、神とも毘沙門天の化身とも崇められた、あの越後国主かつ春日山城主・上杉謙信...。


戦国乱世ならではの己の「利」のために生きる人たちの多い中にあって、あえて「義」の心、すなわち「人が人であることの美しさ」を掲げて、他国からの救いを求められれば、秩序回復のために幾度となく戦を繰り広げて、関東管領としても織田信長や小田原北条家とも対立することになって...。


かの時期だけに、忠義を重きを置くする今川家とは、相通じるものありとの確信があったのかなあ。


かの上杉謙信は、内乱続きであった越後国を統一すると、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させたという。


現在の新潟県新潟市中央区米山の「越後米蔵商店」からは...。

【厳選産地米 長岡産コシヒカリ 特A 米百俵の郷 白米 20kg(5kg×4袋)】...。

【厳選産地米 長岡産コシヒカリ 特A 米百俵の郷 白米 15kg(5kg×3袋)】...。

【厳選産地米 長岡産コシヒカリ 特A 米百俵の郷 白米 10kg(5kg×2袋)】...。

【厳選産地米 長岡産コシヒカリ 特A 米百俵の郷 白米 5kg(5kg×1袋)】...。


新潟県上越市西本町にて、1885(明治18)年創業の「謙信笹だんご本舗」からは...。

【謙信笹団子 笹だんご 50個入】...。

【謙信笹団子 笹だんご 20個入】...。

【謙信笹団子 笹だんご 15個入】...。

【謙信笹団子 笹だんご 10個入】...。

【謙信笹団子 笹だんご 5個入】...。


かの上杉謙信ならではの、あらゆる想いを馳せつつも、じっくりと味わってみようかなあ。

タグキーワード
2017-06-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます