おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回






おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回

8月6日日曜日の放送...。


サブタイトル「虎松の首」とは...。

亡き寿桂尼(浅丘ルリ子)による「死の帳面」の魔の手が、とうとう真近に???


その先駆けを暗示させるかのように、徳政令反対の民百姓を排除すべく、今川家からの家人たちに包囲される形となった直虎(柴咲コウ)を、政次(高橋一生)の欺きによる機転あって、どうにか切り抜けたものの...。

結局のところ、政次からの進言を考えに考えた上で、氏真(尾上松也)からの下知、徳政令の受け入れを直虎は受け入れる。

それでも、直虎と政次は、井伊家取り潰しを免れようと、全力を尽くす。 一旦今川家への恭順の意を示すふりを装う一方で、水面下での家康(阿部サダヲ)との盟約の締結とともに、井伊家復活を図るという策を推し進めて...。


政次は、今川家の代官として、井伊家居館に留ることになった。

しかし、ほどなく無情にも、突然の氏真からの要求が...。

井伊家嫡男・虎松(寺田心)の首の差し出しだった。



毎回恒例のサブタイトルを目にする度に...。

相変わらずの遊び心とオマージュには、少々滑稽さを抱いてしまうものの、それに見合った物語の運びになっているから、感服させられてしまうもので...。


今回は、1974(昭和49)年制作のアメリカ合衆国の映画で、同年8月14日公開、翌年1975(昭和50)年7月5日日本公開の、サム・ペキンパー監督によるアクション映画『ガルシアの首』か...。

メキシコの大地主(エミリオ・フェルナンデス)の愛娘を妊娠させた男・アルフレッド・ガルシアに、生死を問わず100万ドルの賞金のかけられたことが、そもそもの始まりで...。

しがない酒場のピアノ弾きベニー(ウォーレン・オーツ)が、儲け話を嗅ぎ取るなり、どん底から抜け出そうと、情婦のエリーター(イセラ・ヴェガ)とともに、すでに事故で死んでしまったとされるガルシアの遺体を求めて彼の故郷への放浪の旅へ...。

そこへ、同じくガルシアの遺体を求める暴漢たちとの遭遇と激しい銃撃戦の展開も...。


それをより激化させることとなる作風が、1977(昭和52)年制作されたイギリス・西ドイツ合作の戦争映画、1月28日西ドイツ公開、3月12日日本公開の『戦争のはらわた』で...。

何よりも、ドイツ軍側視点中心、それまでの連合軍側視点中心の戦争映画と一線を画する作風であることが、大きいや。

第二次世界大戦中の1943(昭和18)年の東部戦線、クリミア半島東隣のタマン半島でソビエト軍と対峙しているドイツ軍のクバン橋頭堡という最前線での人間模様から始まって...。

以後、日本公開当時のキャッチコピー「戦争は最高のバイオレンスだ」そのものの怒涛かつ波瀾万丈の展開が...。


まさに、『直虎』での今川家からの圧力に晒される井伊谷そのものであるかのよう..。

ましてや、以後の武田家の駿河侵攻の段階的な強まりと肉迫ともなれば、なおさらのことで...。



どちらも、ペキンパー自身が、最後の最後まで編集権を握ることができた数少ない作品...。

ついつい、『直虎』と重ね合わせて観てしまいそうなのは、自分一人だけだろうか...。

タグキーワード
2017-07-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます