おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回










おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回

9月3日日曜日における放送にて...。


サブタイトル「甦えりし者たち」のように、直虎(柴咲コウ)はもちろん、支えてくれる人たちの逆境からの這い上がりを、目の当たりにするかのようで...。


それは、家康(阿部サダヲ)からの厳命で、大沢基胤(嶋田久作)の占有する堀川城内に捕らわれの気賀の民を救い出すべく、方久(ムロツヨシ)が動き始めてほどない頃のこと...。

何と、家康の家臣・酒井忠次(みのすけ)が、基胤への見せしめに、捕われの気賀の民を惨殺してしまった。


その残酷な報せに、直虎(柴咲コウ)は驚きで言葉を失うも、直ちに持ち直して、直之(矢本悠馬)と龍潭寺住職・南渓(小林薫)と僧侶・傑山(市原隼人)とともに、気賀へ駆けつける。

案の定、気賀での混乱は激しく、必死で潜り抜けて堀川城にたどり着いた直虎たちは、城内にて瀕死の龍雲丸(柳楽優弥)を見つけ出すこととなって...。

驚いた直虎は、必死で龍雲丸の手当てに尽くした。



龍雲丸を演じる柳楽優弥...。

とうとうここまでに...。



それだけに、つい思い出してしまった。


まず、1992(平成4)年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画のリメイクとして、2013(平成25)年9月13日金曜日より公開された李相日監督・脚本の同名の時代劇映画『許されざる者』。

演じたのは、主人公・釜田十兵衛(渡辺謙 オリジナル版でのクリント・イーストウッド演じたウィリアム・ビル・マニー)とともに、賞金首を追うアイヌと和人のハーフの青年・沢田五郎(オリジナル版でのジェームズ・ウールヴェット演じたスコフィールド・キッド)。

あの躍動感と邁進ぶり、なかなかのものだったなあ。


次に、2015(平成27)年9月26日土曜日より公開の第39回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門に正式出品の杉浦日向子原作・渡辺あや脚本・小林達夫監督の日本映画『合葬』。

演じたのは、彰義隊員・秋津極。

あの江戸時代末期、将軍徳川慶喜の身辺警護と江戸の秩序守護を目的とした武士組織・彰義隊が、大政奉還によって存在理由を失ってしまったとしても、当の構成員である青年たちはこの流れを認めようともせず、依然として暗雲立ち込める江戸に居座っていたままで...。

まさに戦国乱世に肉迫するかのような人と人との駆け引きや怒涛の戦ぶりが...。


最後に、2016(平成28)年5月21日土曜日より公開の 真利子哲也監督・脚本の映画『ディストラクション・ベイビーズ』。

2011(平成23)年の愛媛県松山市を背景に、両親と早くに死別、港町で喧嘩に明け暮れる主人公・芦原泰良を怪演することになって...。

ふとしたことでの高校生・北原裕也(菅田将暉)との出逢いからの、破天荒な生きざま、最後まで目が離せないままだった。

結果として、第8回TAMA映画賞特別賞、第38回ヨコハマ映画祭主演男優賞、第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を獲得することに...。



これらを併せ持った人となり、ますます深みを増すことになるんだろうなあ。


中でも、『直虎』第38回からの登場で、菅田将暉演じる虎松のちの井伊直政も、気になるところ。

遠い将来に名を馳せることになる「井伊の赤揃え」として突き進むにあたっての、柳楽優弥演じる龍雲丸との関わり合い、より深く魅せてくれそう。

タグキーワード
2017-08-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます