おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第40回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第40回




おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第40回

10月8日日曜日の放送...。


サブタイトル「天正の草履番」のごとく、いよいよ新たなる第一歩へ...。


それは、虎松(菅田将暉)が井伊家再興の決意を強く固めたことから、始まっており...。

井伊谷の魅力を伝えてくれた亥之助(井之脇海)とともに秘かな根回しと身支度を終えると、人目を忍ぶかのように出立した。

浜松城に到達した二人は、徳川家康(阿部サダヲ)の元へ導かれて拝謁。井伊家再興への想いを切々と訴えてゆく。

そして、家康は二人に家臣たちの草履番を命じることに...。


二人に関する報せは、瞬く間に井伊谷へ伝わって...。

母・しの(貫地谷しほり)は、松下家を捨てたとみなして、虎松への怒りをあらわにし、同じく井伊家再興を望んでいない直虎(柴咲コウ)とともに、直ちに龍潭寺へ出向いた。

秘かに手筈を整えたとされる南渓(小林薫)と、強い不満をぶつけるしのとの、時に強く時に静かな応酬を目の当たりして、直虎(柴咲コウ)は二人の気持ちを深く理解してゆくと、ある決意を固めて、浜松城に向けて出立した。



ここからはじまることになるんだなあ。


徳川家康と虎松のちの井伊直政...。

遠い将来における主従関係への第一歩が...。



いにしえの戦国のような"乱世"と、現代の体制のほぼ確立された"治世"と、それぞれ違いはあるにしても...。


ここからの展開は、ある意味、2016(平成28)年6月25日土曜日より公開の小池真理子原作で岸善幸監督・脚本の映画『二重生活』に近いものが???


あの時の菅田将暉が演じたのは、大学院で哲学を学ぶ平凡な学生・白石珠(門脇麦)との同棲相手で、ゲームデザイナーの恋人・鈴木卓也...。

波乱に翻弄されることのない穏やかな日々あっての慢心(?)からなのか、珠が担当教授から修士論文の題材に"哲学的尾行"の実践を持ちかけられたことで、置き去りにされてしまったかのような役どころに近かったりして???


あれから時は流れて、この度の『直虎』で演じることになる虎松...。

かの苦い経験を踏まえた(?)からなのか、『二重生活』での珠のような行動力に近づきつつある恐ろしさ???

少しずつ人となりを知ってゆくことになる、異常なほどの胸の高鳴りといい、やがての"禁断行為"、すなわちいにしえにおける"衆道"、とまでに???


いや、かのNHK大河ドラマだけに、そこまでは描かないであろうとの思いもあって...。


いずれにせよ、これからの長きにわたる対象であり身近な存在でもある、家康の一挙手一投足から少しずつ感服してゆく流れ、戦国乱世の荒波の余波の続く中での突破口と活路の見い出しとともに、少しずつ魅せて高めてゆくことになるんだろうなあ。

タグキーワード
2017-09-21 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます