おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回
















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回

11月19日日曜日の放送...。


サブタイトル「悪女について」とは一体...。


表面上では瞬く間に、"悪評"として広まってしまいがちであっても...。

事実、"悪女"なのかは、当の本人はもちろん、一番よく知る身近な人にしか解からないこと、案外多いものなのか、考えさせられることになりそう...。


ついに信長(市川海老蔵)からの非情な下知が...。

それは、信康(平埜生成)の首の差し出しだった。


東国が大きく震撼とする中でのこと...。

井伊谷の直虎(柴咲コウ)は、瀬名(菜々緒)を匿う一方で、助命のために方々を奔走して...。

浜松の家康(阿部サダヲ)は、信康の蟄居先の移行の繰り返しの水面下で北条家との盟約と武田家からの攻勢に向けての備えの運びへ...。


ところが...。

唐突に瀬名は、井伊谷から出奔してしまった。

武田家との内通を記した書状を残して...。

若かりし頃よりよしみのあった直虎は、すべてを自身で被る瀬名の覚悟を知って、茫然自失に陥るばかりだった。


そして、事態は最悪の結末を迎えることになってしまった。

1579(天正7)年8月29日、家康の上意により、瀬名は遠江国敷知郡小藪村にて、岡本時仲と野中重政によって暗殺された。

9月15日、信康は二俣城にて切腹となった。



いまだに続いている無情な戦国乱世の渦の中へ...。

水面下の奥底に埋もれてしまった悲劇が、また一つ増えてしまって...。



築山殿こと瀬名姫、そして嫡男・徳川信康に...。

それぞれ重ね合わせるかのように、想いを馳せながらも...。


2011(平成23)年7月24日日曜日より発売の『城門を潜って』(斎藤秀夫/鳥影社)に記された、"二俣城哀歌"をはじめ、岡崎城とその周辺のありのまま、そのほかのあまたの悲しみに、目を通してみながらも...。


じっくりと味わってみたくなった。


二俣の「川島米穀店」からの【圧倒的に美味しい無農薬の玄氣 1.5kg×10袋(15kg真空パック) 1.5kg×6袋(9kg真空パック) 1.5kg×3袋(4.5kg真空パック) 1.5kg真空パック 900g真空パック】を口にすることで免疫を高めて...。


「北遠椎茸」からの【天竜きのこカレー 1袋(200g)】ならではの、地元・天竜の原木乾燥椎茸の味わい深さも....。


そして、「静岡・信州・こだわり家」からの【べにふうき茶の粉末茶 40gX2パック 静岡茶 天竜茶】...。

花粉症対策で話題の紅ふうき茶と、混ぜ物なしの純粋な静岡天竜産べにふうき茶による、併せ技での健康増進も...。



波乱に見舞われながらも長きにわたって生き抜く人たちへの想いとともに...。

タグキーワード
2017-10-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます