おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回 - けものみちをあるく

自由形式

おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回


















おんな城主 直虎 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 最終回

12月17日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「石を継ぐ者」のように、どのような形での世代交代となるのかが、気になるところで...。

とにかく、これまでの深い展開あって、納得のいく大団円となるんだろうなあ。


1582(天正10)年6月2日発生の"本能寺の変"による全国各地の混乱がいまだに続く中でのこと...。


かろうじて三河にたどり着くこととなった家康(阿部サダヲ)は、直ちに光秀(光石研)討伐の軍勢を集めての出立することになったものの...。

尾張国鳴海にて、火急の報せが...。

羽柴(のちの豊臣)秀吉による"中国大返し"の勢いのまま、6月13日の"山崎の戦い"にて光秀の大敗そして敗走の途上における落武者狩りによる最期だった。


やむを得ず駿河へ戻ることとなった家康は、織田家領国だった旧武田領の甲斐国と信濃国での大量の一揆の相次ぐ発生のほか、越後国の上杉家も相模国の北条家も、それぞれの旧武田領への侵攻の気配を強めていることを、深く憂慮する一方で、徳川家による周辺国の安定へ尽くすことになって...。


井伊谷では、直虎が徳川家の下での生き残りをかけて、周囲の安定のために方々を駆け回る一方で...。

龍潭寺で保護する光秀の遺児・自然(じねん)の遠い将来への道筋を考える日々の過ぎるとともに、漫然とした不安も高まることになって...。

直虎の抱き続けた不吉な予感は的中して、ついに万千代(菅田将暉)が屈強な供数人を引き連れて、自然の徳川家への引き渡しを要求してきた。

直虎は、自然を出家させて末永く仏門に仕えさせることの主張を以って突っ撥ね続ける中で、これまでの井伊谷の人たちからのあらゆる想あっての生き永らえることとなった生涯を振り返ってほしいと、万千代に強く迫った。

万千代は、幼き頃からの波瀾万丈と身を挺して命を落とした所縁の人たちの想いがよみがえってか、引き下がるしかなかった。


それから時は流れて....。

幼き頃から変わることのない竜宮小僧ように駆け抜け続けた直虎も、いよいよ終焉の時を迎えることになって...。

これまでの井伊谷なじみの多くの人たちはもちろん、龍雲丸(柳楽優弥)との邂逅の果てに、1582(天正10)年8月26日、直虎は静かに静かに生涯を終えることとなった。


万千代は元服した。

亡き直親(三浦春馬)と亡き政次(高橋一生)からの、それぞれ一字を以って、直政と名を改めての決意を新たにした勢いのまま、この年6月よりいまだに続く"天正壬午の乱"においては、徳川家の使者となって北条家との講和交渉に全力を尽くしてゆく。

その甲斐あって、乱は10月29日に終焉となった。


家康が武田家の旧領である信濃国と甲斐国を併呑すると、下知を受けることとなった直政は、武田家の多くの旧臣たちを付属させた一部隊を編成。 すなわち”武田の兵法”を引き継ぐかのように、朱色の軍装である"井伊の赤備え"とともに士大将になった。


さらに時は流れて、1584(天正12)年の"小牧・長久手の戦い"にて、直政は初めて赤備えを率いて武功を挙げ、名を知られるようになる。 赤備えを纏って兜には鬼の角のような立物をあしらい、長槍で敵を蹴散らしていく勇猛果敢な姿は、「井伊の赤鬼」と称されて諸大名から恐れられるまでに...。


こうして井伊直政は、「徳川四天王」の一人として、家康の天下取りを全力で支えた功臣として、讃えられてゆく。



最終回は、直虎から直政へ...。

完全なる世代交代による大団円を迎えることになるのか...。



以後の直政を見据えるならば...。


1600(慶長5)年9月15日の天下分け目の"関ヶ原の戦い"では、本多忠勝とともに東軍の軍監に任命されて東軍指揮の中心的存在として、勇猛果敢に奮闘するも、西軍の島津義弘討ち取り寸前での、柏木源藤が撃った銃弾による右肘関節(記述によっては右肩または左腕)負傷が災いして、1602(慶長7)年2月1日に、直虎と同じような波瀾万丈に満ちた生涯を閉じることになって...。


いろいろと想いを馳せてみようかなあ。


まず、2016(平成28)年11月30日水曜日発売の『井伊直政 逆境から這い上がった勇将』(高野澄/PHP研究所)での、“一族の悲願”を背負っての乱世を全力で駆け抜けた男の一生に、はじまって...。


2015(平成27)年3月24日火曜日発売の『すごいぞ! 彦根城』(サンライズ出版)での、姫路城と同じような遺構のいまだに息づいている城郭に相応しい勇姿もしかり。

直政の死後には、遺臣である家老・木俣守勝が、徳川家康と相談の上、遺志を継ぐことになって、1603(慶長8)年から1606(慶長11)年までの2期にわたる工事を手掛けて...。

1616(元和2)年からは、彦根藩のみの手による第3期の工事が始まって、この時に御殿が建造。 1622(元和8)年にすべての工事が完了しての完成へ...。

以後の井伊家は加増を重ねて、1633(寛永10)年には徳川幕府下の譜代大名として最高となる35万石を得るに至るまでに...。

以来、多くの大老を輩出した譜代大名としての井伊家14代の居城としての歩みを経て...。

1992(平成4)年には、日本の世界遺産暫定リストに掲載されるまでに...。


そして、織田信長が"稲葉山城の戦い"に勝利となって、1567(永禄10)年11月の"天下布武"を掲げたことで名高い現在の岐阜県羽島郡笠松町の『Tシャツ工房 壱番店』からは...。

【侍・和柄・戦国武将Tシャツ 井伊の赤鬼 井伊直政】が...。


以上を踏まえた上で...。


"桶狭間古戦場"で高く知られる、現在の愛知県豊明市新田町下一の割の『マリーヌ洋菓子店』からは...。

【戦国武将どーなつ10個セット 〜女城主井伊直虎物語〜】が...。


1883(明治16)年より、日本の近江牛のすき焼き屋の元祖として、明治・大正・昭和の三代にわたり宮内庁御用達として、大膳祭に天皇が召し上がる牛肉(近江牛)を納めることで名高い、東京の『松喜屋』からの流れの息づいている、大阪府柏原市旭ヶ丘『monokoto屋』からは...。

【近江松喜屋牛 あみ焼用(ロース・モモ) 500g 国産牛 近江牛】や【近江松喜屋牛 あみ焼用(モモ・バラ) 600g 国産牛 近江牛】が...。

さらには、【近江牛カレー 近江「松喜屋」味の手作り工房ビーフカレー (甘口・中辛・辛口 各2食) 6食】まで...。


最後の御口直しとして、ふさわしいのは...。

滋賀県彦根市京町にて1872(明治5)年創業の『みやおえん』から....。

そう、【格式ある能面 缶入り銘茶詰合せギフト 煎茶2本入り 各150g お中元お茶ギフト】が、なかなかの味わい深さで...。



とにかく、じっくりと噛みしめてみたくなった。


井伊家のためにも...。

遠い将来を生き抜く次世代のためにも...。


光り輝いてほしいという祈りとともに...。

タグキーワード
2017-11-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます