西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回






西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回

1月14日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「立派なお侍」としての生きざまについて、考えさせられてしまいそう。


それは、1844(弘化元)年のこと...。

吉之助(鈴木亮平)は、郡奉行・迫田利済の配下となり郡方書役助をつとめて、御小姓与(一番組小与八番)に編入されて...。

財政難からの年貢の取り立ての日々において、方々を廻る中で、貧しさにあえぐ農民たちを相次いで目の当たりにして...。

特に、身売りされそうになるふき(柿原りんか)との出逢い、切迫した事情を目の当たりにして、より心を痛めることになって...。

吉之助は、藩主・島津斉興(鹿賀丈史)と側室・由羅(小柳ルミ子)による薩摩を意のままにしようとする政の影を、否応なしに痛感すると、意を決して、直ちに家老・調所広郷(竜雷太)の元へ向かった。



この貧しい農民たちの暮らしぶりを目の当たりにすることが日常茶飯事だったら、本当にやり切れなくなるんだろうなあ。


何よりも、江戸から遥か遠い西国・薩摩藩ならではの外様大名としての立場は、参勤交代による出費も加わって、追い込まれる意味合いあっての重さがあって....。


たとえ、藩主・島津斉興と側室・由羅による意のまま思いのまま政による翻弄ぶりを差し引いたとしても、悪い意味で変わらない?


2014(平成26)年8月25日月曜日より発売の『豪商伝 薩摩・指宿の太平次』(南原幹雄/角川書店)には...。

薩摩の海運商・浜崎家の八代目・太平次の時代における、藩政改革を進める家老・調所広郷との交流と生きざまが...。


2017(平成29)年11月23日木曜日より発売の『江戸のCFO 藩政改革に学ぶ経営再建のマネジメント』(大矢野栄次/日本実業出版社)には...。

現代でいうCFO(最高財務責任者)の一人として、調所広郷の人となりが、より深く的確に記されており...。

琉球や蝦夷地との交易をはじめとする「抜け荷」という"禁じ手"で得た富の是非、"治世"か"乱世"かのどちらかの世情によって、大きく変わってしまうものなのか...。



いずれにせよ、あらゆる"貧しさ"を絶対に避けるためにも、知力を尽くして生き抜く毅然さをもって、日頃からの学びを大切にできる人たちが、より多く増えること、祈りたいな。

タグキーワード
2017-12-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます