西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回




西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回

2月18日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「母の背中」ともなれば...。

何よりも、子からすれば、ありとあらゆる想いが、脳裏をかけめぐってしまうもので...。

特に、悲しい出来事であればあるほど、否応なしに痛感させられてしまうのは、やり切れないや。


それは、1852(嘉永5)年7月18日のこと、長いこと労咳を患っていた吉之助(鈴木亮平)の祖父・龍右衛門(大村崑)が静かに息を引き取ってから...。

この時24歳となった吉之助の嫁取りを案じたままとあって、妹・琴(桜庭ななみ)を先に嫁入りさせた場合の問題も案じる父・吉兵衛(風間杜夫)は、意を決するや何気に思い出した上之園の伊集院家の娘・須賀(橋本愛)との縁談取りまとめへを急いだものの...。

しかしながら、肝心の吉之助は、明くる年の参勤とともに藩主・島津斉彬(渡辺謙)への奉公を通して、江戸詰めを希望しており...。

というのも、丁寧に村々を見て回る役まわりの中、「経済の根本は歓農なり、歓農は政の基本なり」との斉彬の信念あって、新田開発の奨励と荒地の開墾のための百姓たちへの牛の貸し出しの補助が功を奏してか、この年の稲の育ちの良さとともに、百姓たちの表情も明るくなっていることを、肌で強く感じていた。

もっと多くを学んで、薩摩をより良くしたい吉之助の想いの高まってゆく一方で、斉彬の元には、アメリカの軍艦が日本への向かっていると、オランダ商館からの火急の報せあって...。

斉彬は、次の出府にあたって、見込みある二才を連れて行く決意を固めていた。

それは瞬く間に武家の若者たちにも伝わって、吉之助はじめとする郷中仲間たちも大いに盛り上がるまでになったが...。


肝心の西郷家では、すでに母・満佐(松坂慶子)が血を吐いて床に臥せており、悲しみにあふれて...。

先行きを案じる父・吉兵衛からの早く嫁を貰ってほしいとの頼みを慮って、吉之助は須賀(橋本愛)との婚礼を受け入れる。

ほどなく、仲間たちも集まって、ささやかな祝宴が催されることになったものの、先の婚礼での初顔合わせならではのぎこちなさが尾を引いていたからか、須賀は笑顔もなく一言も話さないままだった。

宵はさらに更けて宴の終わり時を察しつつあった正助(瑛太)たちが気を利かせて騒々しく立ち去っててほどなく...。

満佐は須賀に向けて手を付いて頭を下げると、「吉之助と西郷の家のこと、どうかよろしく頼みもす」と切々と伝えると...。

咄嗟に須賀も強く手を付いて頭を下げるや、「こげな愛想のなか嫁ですんもはん!」と詫びた。こればかりは性分で、笑おうとしても笑えないという。

吉之助は「よかよか」と笑って須賀を思いやると、満佐は安心して二人を残して部屋を後にする。


ところが...。

明くる朝早くからの須賀への家事仕込みは、不器用からなのか不慣れからなのか、手元の危なっかさあって、思うように進まない。

うんざりした須賀がまだあるのかと満佐に尋ねるも、大らかながらも突き放されるだけ。

「まだまだ憶えてもらっことがたくさんあいもんでなぁ。 お天道様は待ってくれもはんど」

夕餉となって、祖母・きみ(水野久美)が気にかけて尋ねてみても、須賀はまだ何とも言えないと曖昧なままだった。

何かにつけて遠慮がなく良い意味で正直な人となりの須賀を慮った吉兵衛は、家内・満佐の自慢話を始める。 夫婦はまず相手に惚れることだ、と優しく伝えて...。


ところが...。

明くる朝の7月18日、吉兵衛が突然亡くなってしまった。

家族の悲しみは深く、それを振り払おうと満佐も明るく振る舞ったものの、限度を超えてしまったからか、再び床に伏してしまった。


斉彬が老中・阿部正弘(藤木直人)からせかされる形で、薩摩を出立してから、およそ1週間が過ぎて...。

吉之助は咳に効くという薬を買って、煎じて満佐に飲ませる日々にあって...。

突然、格之助(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)が西郷家に駆け込んで、江戸詰めに選ばれた報せとともに、選ばれなかった吉之助を慮るものの...。

満佐は粥も受け付けなくなって、痩せ細るばかりだった。


11月29日の朝早くを迎えて...。

吉之助は満佐を背負って、桜島を目の前に臨めるした浜へ向かった。

ここへ来たかったと打ち明ける吉之助の背から、満佐はすでに解かっていた。 吉之助が江戸詰めの願いを出さなかったことを...。

「あたいの身体を気遣って、あれほど生きたかった江戸を諦めてくれたとじゃね...おはんは、心が熱すぎっで、つい情に負ける。 じゃっどん、これからは吉之助さぁの好きなように生きやんせ」

こうして満佐は、最愛の息子の背中で静かに息を引き取った。

吉之助は満佐を背負ったまま、涙を流しながら、いつまでも桜島の前に立ち尽くすだけだった。



貧しい暮らしながらも、人と人との温かみを直に伝えてくれた、祖父・龍右衛門だけにとどまらず、父・吉兵衛も、そして母・満佐までもが、相次いで先立ってしまって...。


中でも、吉兵衛演じる風間杜夫からは時折激しい、松坂慶子演じる満佐からはおっとりして、それぞれ違いはあるものの、直に醸し出される熱量は、若き吉之助には大きいもので...。


それだけに、つい思い出してしまった。

さかのぼること、1980(昭和55)年11月の東京・新宿の紀伊國屋ホールでの初演と第15回紀伊國屋演劇賞を受賞となってからの、映画化とドラマ化で名高く脚光を浴びた、つかこうへいの作・演出の劇曲、中でも1982(昭和57)年10月9日土曜日より公開の角川春樹製作・深作欣二監督の映画『蒲田行進曲』での、忘れられない青春と激動の日々を...。

風間杜夫演じる大スター俳優・銀ちゃんこと倉橋銀四郎ならではの、さらなる大スター街道を突き進むために、松坂慶子演じる恋人で身重の女優・倉橋小夏を置き去りにして、代わりに銀ちゃんを慕う大部屋俳優・ヤスこと平岡安次(平田満)が小夏を抱え込む、といった奇妙な三者三様ぶり、まさに不可思議なもので...。

それでも、映画のために痛快に突き進む冒険活劇のような展開は、いまだに忘れられないまま...。


あれから、およそ36年3ヶ月の歳月が流れて...。

この度の『西郷どん』では、名も広く知れ渡っているとは言いづらい(?)ものの、年齢の積み重ねあっての熟成からか、貧しくても美しくて温かみある関わり合いとなって...。


これからのためにも、しっかりと見届けておこうっと。

タグキーワード
2018-01-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます