西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回


















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回

2月25日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「不吉な嫁」とは、一体...。


それは、半年足らずで祖父と両親を相次いで亡くした吉之助(鈴木亮平)にとって、最も悲しい1年が過ぎての正月を迎えてからのこと...。


唐突に須賀(橋本愛)が、近所の人たちから不吉な嫁とささやかれている、との不穏な物言い...。

吉之助は優しく笑いかけての励ましてくれるものの...。

須賀は無表情のまま夫・吉之助の横顔から薄々と察していた。

西郷家の暮らしは、吉之助の少ない稼ぎにかかっているだけあって、一家を養えているとは言い切れず、しかも豪商・板垣与三次(岡本富士太)からの借金は倍に腫れ上がっており、いまだに一文も払っていないことを...。


そんなある日のこと...。

「吉之助さぁ! お城からお達しがあって、ついに蟄居が解かれもした!」

書状を手にした正助(瑛太)が吉之助の元へ駆け込んで、記録所書役にも戻れた喜びとともに、打ち明けて...。

吉之助も我がことのように喜んだ。 長き3年の歳月だったものの、これからは正助の禄で暮らしも楽になって、父・次右衛門(平田満)も戻ってこれるようになるはず、と。

こうして西郷家と大久保家は、互いに手を取り合って喜び合った。


この年の1853(嘉永6)年6月3日の夕刻...。

アメリカのマシュー・カルブレース・ペリー司令長官兼遣日大使を乗せた蒸気フリゲート「ミシシッピ号」率いる艦隊が、唐突に浦賀沖に現われて、幕府に開国を求めた。

しかしながら、すでに参勤交代の帰路の途上で知った斉彬(渡辺謙)は、かねてよりの琉球やジョン万次郎(劇団ひとり)からの報せから強く察しており、決して動じることなかった。

斉彬は薩摩へ帰着するなり、近い将来に向き合わされるであろうアメリカとの談判を対等に臨むためにも、直ちに長崎と江戸へ90人の壮士を送り出すとともに、領内の防備も厳重に固めて、鉄の大砲を造るための、鉱山の開発を急がせる。


一方、斉彬に見込まれて養女となった於一(北川景子)は篤姫と名を改めて、先頃に病で先立った徳川家慶から引き継いで第13代将軍となった家定(又吉直樹)へ、輿入れすることになった。


ある日のこと、吉之助は亡き赤山靱負(沢村一樹)の実弟で家老名代となった桂久武(井戸田潤)から呼び出されて...。

明くる年にも、ペリーが再び来航するとの見立てから、老中主座・阿部正弘(藤木直人)からのお召しで斉彬が急ぎ江戸への舞い戻ることになったという。 しかも、斉彬からは直々に吉之助の御供で行ってもらいたいと告げられて...。

喜び勇んで家に戻った吉之助は、そのまま打ち明けて家族とともに大いに喜び合った。

しかしながら、須賀(橋本愛)だけは、憮然としたままだった。

「私は、めでたくなか! 支度金がいくらかかっかご存じでございもすか?」

須賀が聞いた話によると、30両は必要という。

ならば畑の半分を売ろうと言い出す吉二郎(渡部豪太)だったが、畑の作物がなければ皆が餓えてしまい悪くて死んでしまう。 金を借りるにも、山のような借金の残ったままの西郷家に、金を貸したがる人がいるとは思えない、と須賀は辛辣に言い放ったまま...。

「いつ帰ってくっか解からん旦那さぁを借金まみれの家で待つなど、私は御免こうむります」

皆は返す言葉のないままだった。

夜遅くになっても眠れない吉之助は、木の上での考えごとにふけるばかり。

そこへ、正助も同じく寝付けなかったからか、吉之助の傍へ...。

吉之助はこれまでのいきさつを打ち明けると、正助からは幼き頃からの夢を叶える好機を捨てるなど正気の沙汰でないと吐き捨てられて...。

正助からの「逃げくっとか!」に吉之助の「逃げちょらん」との言い返しのまま、互いの売り言葉に買い言葉の勢いが昂じて、木から転げ落ちるかのように取っ組み合いになってしまった。


明くる朝も吉之助は、いまだ決心のつかないまま...。

ほどなく振り払うかのごとく、久武からの内命が...。

何と篤姫からのお召しで、今和泉家の屋敷から鶴丸城までの警護をせよ、とのことだった。

すかさず須賀からは、帰って来るかのしつこい問いかけあって、吉之助は江戸に行くわけではないと須賀に切々と言い聞かせた上で、家を出ることに...。

そして、篤姫を乗せた駕籠が、錦江湾沿いの街道を進む途上の観音崎で止まることになって...。

中の篤姫から吉之助へ語りかけるには、かの御前試合での賭けに勝った運の良さが、斉彬からの養女申し出のきっかけとなったとのこと。 それだけに、吉之助への感謝とともに伝えた。

「解からんでもよか。 西郷、次は江戸で逢おう」


吉之助が篤姫への感謝と嬉しい気持ちのまま家に戻ったところ、正助が一人で待っており...。

銭のない郷中の仲間たちで出し合って集めた20両を、ほかにはかの板垣からの5両までも、餞別として貰ってきてくれて...。

吉之助は正助へ感謝いっぱいに伝えた。

「...あいがごわす。 ...おいは江戸に行っと」


ところが、その喜びも束の間...。

家へ入るや、須賀の姿は見えない。

聞くところ、留守の間に実家へ帰ってしまったという。

しばらく後に、父・直五郎が須賀を連れ戻しながら訪ねて来て...。

「吉之助どん、すまん、こいはおはんの嫁にはふさわしくなか未熟もんじゃ!」

そう手を付いて謝って離縁を申し出た。

餞別として渡された金子10両を、吉之助は受け取れないと直五郎に返そうとすると、須賀は「手切れ金でございもす」とつぶやいて...。

結局のところ離縁となって、西郷家の皆誰もが須賀を悪妻と思い知らされる中で...。

吉之助だけは違った。 短い間での夫婦だったものの、どうしても引き留めてしまう性分を負い目として痛いほど解かっている須賀ならではの思いやりであると、察していた。


年が明けての1854(安政元)年1月21日...。

ついに吉之助が江戸へ出立する日を迎えて...。

新たなる羽織袴を身に着けた吉之助は、西郷家の皆に別れを告げて歩き始めることとなった。



やはり気になってしまう。


西郷隆盛の最初の奥方・須賀を演じた、"氷のような(?)"美貌の橋本愛だけに、この回における出演で終わりなのかなあ。

"不吉な嫁"と周囲から揶揄(?)されがちだっただけに、どれだけNHK大河ドラマであっても、少しでも魅せてほしかったものだから...。


あの2012(平成24)年7月27日金曜日より発売の『あいの降るほし 橋本愛写真集』(熊谷貫/ワニブックス)での、ありのままの素顔と動きの少しずつの段階的な変化のように...。


そして、2014(平成26)年8月30日土曜日より公開の映画『リトル・フォレスト 夏・秋編』、翌年2015(平成27)年2月14日土曜日より公開の映画『リトル・フォレスト 冬・春編』での、主人公・いち子の人となり...。

「言葉はあてにならないけど、私の身体が感じたことなら信じられる」との思いのまま、稲を育てて、畑仕事をして、周りの野山で採った季節の食材から食事をつくって食べる日々の暮らしのように...。


贅沢なわがままなのかなあ。



そして、時代はいよいよ、かの黒船来航に端を発した激動と波瀾万丈の幕開けか...。

2013(平成25)年4月1日月曜日より発売の『時代の流れがよくわかる! 歴史なるほど新聞 第8巻 (江戸時代末期〜明治時代) 黒船来航! 開国をせまる』(千葉昇/ポプラ社)に記されたように...。


かの黒船来航時に詠まれた「泰平の 眠りをさます 正喜撰 たった四杯で 夜も眠れず」の一首に重ね合わせるかのように、長きにわたって歳月は流れて、1916(大正5)年...。

愛知県名古屋市熱田区沢上にて創業し、あの熱田神宮に近い「妙香園」からの【正喜撰 400g】ならではの良き渋みと香り...。


同じく当時の江戸随一の魚河岸として賑わいをみせていた日本橋にて誕生して、江戸菓子の伝統を受け継ぐ一方で、常に時代の嗜好に応える斬新な創意工夫と丹精込めたお菓子づくりに努めて、新しい時代ならではの"美味しさ"そのものである【榮太棲】も...。

【榮太樓總本鋪 榮太樓飴 4缶入】には、黒飴90g・梅ぼ志飴90g・紅茶飴90g・抹茶飴90g、各1個ずつ...。

【榮太樓總本鋪 あんみつ4個入 おもたせ ただいまスイーツ フォトジェニック】には、白みつと 黒みつが、それぞれ2個ずつ...。



じっくりと噛みしめてみたいもの...。

これからの激動と波瀾万丈の時代の荒波とともに...。

タグキーワード
2018-02-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます