西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第10回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第10回








西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第10回

3月11日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「篤姫はどこへ」とは...。

時の1854(安政元)年2月27日前後のいきさつが大きいのかなあ。


まずは、先の斉昭(伊武雅刀)とのいきさつを、吉之助(鈴木亮平)がありのまま打ち明けて...。

斉彬(渡辺謙)は、相変わらず面白い御方だと笑い飛ばす一方で、慶喜(松田翔太)にまで目通りさせてくれた度量の大きさを讃えるや、吉之助に慶喜とのさらなる懇意になるよう勧めて...。

吉之助は重大な務めを授かってしまった思いながら、格之助(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)を誘って、かの"ひーさま"こと慶喜の人となりを確かめるべく、旅籠「磯田屋」へ入ることに...。

ふき(高梨臨)は喜んで迎え入れるが、肝心の慶喜は憮然としたままで...。

吉之助はふきに人払いを頼むと、しばし思案に暮れるが、意外にも慶喜から名乗り出て、吉之助の真意を見抜いているかのようだった。

唐突に、ふきが悲鳴を上げるや、周囲は騒然、何と飯盛女仲間のタマが倒れており...。

幸い、その場にいた医者らしき男(風間俊介)の見立てと介抱あって事なきを得るや、直ちに男はタマの腕に短刀を突き立てる瀉血という治癒を施すことになって...。

慶喜はかの男に感服するや身元を尋ねるも、男はこんな場で名乗るは無粋だからと、そのまま立ち去って行った。


日は流れて...。

あの篤姫(北川景子)の実父で今和泉家・島津忠剛が亡くなったとの報せで、篤姫は落ち込みの激しさとともに姿をくらますことになって...。

事情を知るや心配した吉之助が探し出したところ、篤姫は品川の海岸にて遠い薩摩を想って涙に暮れており...。

吉之助も、涙ながらに声をかけられないままだった。

吉之助に気付いた篤姫は、深い心遣いのありがたみと嬉しさを感じて、礼を伝えるとともに、藩邸に戻ることになって...。

斉彬は我が娘・篤姫に輿入れ先として、第13代将軍・徳川家定(又吉直樹)であることを伝える。

吉之助は驚きとともに放心する中、唐突に廊下から急ぎ足で中年女が入ってきて...。

「こたびは、お招きに上がりまして、光栄至極にございます。 幾島、ただいままかり越しました」

かの幾島(南野陽子)は、篤姫の御代所教育のため京から呼び寄せた指南役だった。

吉之助も篤姫様付用人という新たな役目を与えられて、感謝とともに平伏するへの感謝と平伏する。


明くる日より、幾島からの厳しい指南により、篤姫は言葉遣いはじめ、所作の稽古、書道、琴、薙刀、などの学びに四苦八苦するばかりの中で...。

幾島からの追い出される形で部屋へ戻った吉之助を待ち受けていたのは、何とあの磯田屋でタマを治癒した医者だった。

かの医者は、越前福井藩の藩医・橋本左内と名乗ると、吉之助と同じような立場の身の上であること、すなわち藩主・松平慶永(津田寛治)の密命で動いていると打ち明ける。

そして、一橋慶喜を次の将軍とする企てに関して、慶永からの書状を秘密裏に渡してほしいと頼まれる。

「一橋様が、次の将軍!?」

吉之助は愕然とするばかりだった。 篤姫の産む世継こそが、次の将軍になるはずでないかと思っていただけに...。

左内は諄々と伝える。 今の幕府においては、かの1600(慶長5)年9月15日の天下分け目の"関ヶ原の合戦"で敗れた薩摩は外様とあって、どれだけ斉彬が聡明であっても政には一切関与できないために、親藩・譜代・外様を問わずに、有力な諸藩が力を合わせて意見を出し合って政をまとめてゆく「衆議一致」という新たな制度を築こうとしていることを...。

左内は続ける。 家定は生まれつき病弱らしく、もしも篤姫が世継を産んだとしても、天下に一大事あらば、幼子では難局を乗り切れないであろうとあって、斉彬は慶喜を次の将軍とする企ても、同じく進めているのであろう、と。

それでも、吉之助は政に疎いまま。 左内はとんでもない勘違いだったとこぼして、憤然と立ち去ってしまった。


藩邸に戻って、慶永からの書状を読み上げで満足げな斉彬に、吉之助は思い切って疑問をぶつける。次の将軍が二人になるのは、おかしいのでは、と。

すると斉彬は、これまでに見せなかった形相で、吉之助を睨みつけながら諭してゆく。

「この日の本には、一刻の猶予もない。 異国と互角に渡り合う為には、早急に一橋様のようなお方に次の公方になってもらい、我らが力を合わせねばならぬ」


それでも吉之助は納得できないまま、思わず叫んだ。 篤姫は幸せになるために輿入れしたのではなかったのか、と。

斉彬は非情にも言い放った。

「違う。 ...於篤は...不幸になる」



いよいよ西郷吉之助と橋本左内が、本格的となる関わり合いのはじまって...。

のちに聞くところ、吉之助は左内を同輩として一目置いていたという。

しかも、左内からの文を最後の時まで懐に入れていたとか...。


2016(平成28)年6月28日火曜日より発売の『啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)』(橋本左内・夏川賀央/致知出版社)や、同年11月11日金曜日より発売の『幕末・維新人物伝 橋本左内 (コミック版 日本の歴史)』(加来耕三・東山成江/ポプラ社)のように...。

幼き頃より「福井の神童」として誉れ高いまま、藩医として頭角を現わすことになって、越前福井藩藩主・松平慶永(のちの春嶽)の側近にまで上り詰めて...。

まさに生き急ぐかのように縦横無尽に駆け抜けてゆく生涯が...。



本人の人となりに改めて目を通すことはもちろんのこと...。


かの戦国武将・織田信長の妹、戦国一の美女と謳われた、お市の全うした生涯に想いを馳せるように...。


福井県福井市中央の「うまいもの福井 かがみや」からの【越前 お市そば お土産】や...。


宝永にて1949(昭和24)年創業の"越前そば"の専門店「大脇萬蔵商店」からの【越前 お市そば 3ヶ入 2箱】も...。


じっくりと味わってみながら、本放送とともに底力を体感してみると、大きな励みになるだろうなあ。

タグキーワード
2018-02-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます