西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回




西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回

3月18日日曜日の放送では...。


サブタイトル「斉彬暗殺」とは物騒な...。

否応なしに打ち消したくなってしまうものだけど、やはり避けられない流れに???


その悶々とした憂いを吹き飛ばすかのように...。


「虎寿丸様! 西郷をやっつけなさいませ! 西郷! 手を抜く事は許さぬぞ!」

梅雨入り前の晴天の庭での、篤姫(北川景子)からの楽しげな声を背に受けて...。

斉彬(渡辺謙)の五男・虎寿丸との相撲に取り組む吉之助(鈴木亮平)は、先の斉彬から聞かされた篤姫の不幸な運命としての先行きを、いまだに信じられないまま悶々とするばかりで...。


肝心の斉彬は阿部正弘(藤木直人)とともに、篤姫の時の将軍・徳川家定(又吉直樹)への輿入れの備えを進める一方で、一橋慶喜(松田翔太)を次の将軍として推すことでの新たな幕政体制づくりへの備えを強めるものの...。

逆に、血筋として最も正統な幼き紀州藩主・徳川慶福を推すことで、後見として幕政を司ろうとする井伊直弼(佐野史郎)との対立を深めてゆく。


そんなある日、1854(嘉永7)年閏7月24日、虎寿丸が急に先立ってしまった。 この時まだ9歳。

薩摩藩はじめ国全体の富国強兵のため、洋式造船、反射炉・溶鉱炉の建設、地雷・水雷・ガラス・ガス灯の製造などの集成館事業を急速に推し進める矢先なだけに、斉彬本人はもちろん篤姫も深く激しく悲しみにくれてしまって...。


若君の先立たれた悲報は、直ちに薩摩へもたらされることになって、いまだに由羅(小柳ルミ子)は久光(青木崇高)を藩主にしようと諦めていないとあって、もしや呪詛では、といった不穏な声も市井で多く飛び交うまでになる中でのこと...。

肝心の久光は正助(瑛太)のいる記録所を訪ねるなり、1824(文政7)年に起きた宝島事件の記録に目を通したいと申し出て...。

あまりの意外さに驚いた正助は、本来なら声をかけられないものの、滅多にない機会とあって、思い切って久光に理由を尋ねてみた。

久光は淡々と答える。「今後、異国との戦になるやもしれん。 少しでも多く知識を蓄えておかにゃならん」

正助は初めて久光の真剣な姿勢を目の当たりにして、尊敬の念を抱き始める。


江戸薩摩藩邸では、斉彬からの招きで、内々の会合が開かれており...。

客人は、斉彬の朋友の越前藩主・松平慶永(津田寛治)に加えて、徳川斉昭(伊武雅刀)と一橋慶喜(松田翔太)の親子のみ...。

ふと慶喜は、離れた隅に控えるあの磯田屋の医者が慶永の側近・橋本左内(風間俊介)と知って、驚くとともに傍の吉之助とともに招き入れる。

身を縮めて座に加わる二人を見るなり、慶永は左内を優秀であり信頼に足る使い番と讃えてほどなく、本題である次の将軍に向けての話し合いへ...。

「ならば篤姫の輿入れは、公方様との間に世継ぎをもうけ、いずれは薩摩が幕府を思い通りにする...などというもくろみは、みじんもないという事じゃな?」

斉昭が斉彬に鋭く問い質して、めっそうもないこととの回答に安堵するも、慶永は苦笑いのまま家定の大うつけぶりを理由に子をなせない、淡々と口にするだけ...。

「ならば、なぜ篤姫様を御代所に!?」

思わず大声で叫んだ吉之助は、後継ぎを慶喜として推し進めるよう、家定に働きかけるのが、篤姫の役目であることを伝えられて、愕然とさせられて返す言葉のないままだった。

斉昭は水戸藩を上げての協力を約束して、慶永へ酒を差し出したところ、いきなり横から慶喜が強く奪い取って...。

「黙って聞いておれば、よくもまぁ勝手なことを...誰がいつ将軍になりたいなどと申しましたか!」

しかし、斉彬も切々と説きながらも、断固として譲らない。 慶喜でなければ、次の将軍は務まらない、と。


その夜、斉彬は突然倒れてしまい、床に臥せてしまった。

3日も続けて眠る間に、吉之助は斉彬の膳から持ち出した料理を左内に調べてもらったところ、何と砒素の盛られていることが明らかになって...。

先の虎寿丸も同じ目に遭ったのではないかと思い立った吉之助は、怒りに任せて斉興(鹿賀丈史)と由羅の隠居暮しの高輪屋敷へ押し掛ける。


意外にも、斉興は吉之助を通すこととなったが...。

「何の証拠もなく、こい以上わしらを疑うならば、こちらとて容赦はせん! 二度とそん顔を見せんな!」

すでに斉彬にも筒抜けだった。


吉之助が藩邸に戻ると、激昂した斉彬から平手で殴られてしまった。

憔悴してやつれ果てた表情のまま、斉彬は切々とつぶやく。 決して気にかけることではないこと、命など惜しくないこと、命に代えてもやらなければならないことがあることを...。

「民を救う国をつくる。 西郷、頼んだぞ」

すでに自身の命を斉彬に預けている吉之助だけに、斉彬の決死の覚悟を直に感じているとあって、声を殺してむせび泣くしかなかった。



ドラマとして承知の上で、ついつい気になってしまった。

あの吉之助と斉興との対面を...。


互いに静かなる敵意を秘めて向き合うかのような関係であるかのようだけど...。

やはり、演者それぞれの素顔としては、互いに感慨深かったんだろうなあ。


それは今から28年前、1990(平成2)年1月7日日曜日からの放送で、「第1部・幕末編」は7月29日日曜日放送の最終回・第29回まで、「第2部・明治編」は12月9日日曜日放送の最終回・第19回まで、合計全48回。 司馬遼太郎原作・小山内美江子脚本のNHK大河ドラマ『翔ぶが如く』が、忘れられなかったからで...。


『西郷どん』の語りの西田敏行が演じた西郷隆盛と、島津斉興役の鹿賀丈史が演じた大久保利通の、二人が主人公による激動の展開、"情""理"...。


『西郷どん』本放送では、この回より大久保正助は島津久光との初めての出逢いも描かれるだけに、久光の尊敬する異母兄・島津斉彬への想いを汲み入れての、藩を挙げての行動に至るまでの流れ、待ちきれなくなってしまうもので...。

そして、西郷吉之助との関係も...。


好む好まざる関係なしに、互いの思考と行動の明確な対比のはじまりなのかなあ。



いずれにせよ、この年2018(平成30)年が明治維新150周年であることも後押ししてか、より重厚感ある作風で大好評の『翔ぶが如く』に重なり合う展開を求めたがっている人たち、案外多いかもしれないや。

タグキーワード
2018-03-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます