西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回








西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回

3月25日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「運の強き姫君」ならではの、あの御方の人となりを、目の当たりにすることになるのかなあ。

もちろん、周囲を取り巻く人たちも...。


はじまりは、1855(安政2)年3月のことで...。

ようやく持ち直したした斉彬(渡辺謙)は、先の"お由羅騒動"で処罰された人たちへの特赦令を出して...。

かの一人である正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)も、およそ5年ぶりに戻ってきて、大久保家は喜びと明るさいっぱいにあふれて...。


一方の篤姫(北川景子)は、すでに御代所として申し分ない姫君となったものの、いまだ輿入れしないままで、もう2年の歳月の流れたことで、幾島(南野陽子)がしびれを切らせており...。

問い質された斉彬は、あの井伊直弼(佐野史郎)からの横槍で話が進まない、と眉間にしわを寄せており...。

思い立った幾島は、大奥への働きかけ、特に誰よりも世継を望む家定(又吉直樹)の母・本寿院(泉ピン子)への接近を申し出る。

斉彬は大乗り気だったが、吉之助は20歳になったばかりの篤姫を不憫に思ってか、複雑な胸中のままで...。

しかし、無情にも幾島から言い切られた。

「西郷さん、大奥を攻めるんは一筋縄ではいきません。 あんたさんにも、目一杯働いてもらいますよって」


直ちに吉之助は、諸藩の屋敷へ書状を手渡しする務めを与えられて、斉彬の側近・山田為久(徳井優)からは手土産を用意せよと小判を渡される。

こうして、幾島と山田と吉之助による他藩の情報収集をはじめ、旗本の家老と役人たちへの接待と根回しに奔走することになって...。


ついに幾島は、本寿院への目通りを実現させることになった。

この時の本寿院は御代所のいない大奥での長とあって、ほかの奥女中たちの恐れ慄いているかのように静まる中、斉彬からの献上品に目を細めながらも...。

「あとは、われらの後押しが欲しい、ということじゃな」

そうつぶやいた本寿院は、先に輿入れした2人の正室が先立ってしまったいきさつを踏まえて、家定を置いて先立たないでほしいと求めた。

慮った幾島は、篤姫には丈夫な身体と強い運が優れていると伝えて...。

本寿院は、快く引き受けることとなった。


直ちに本寿院は家定と向き合って、御台所とみなす姫君たちの絵姿を並べると、家定の表情を横目で見ながら、ここぞとばかりに篤姫のを推したところ、家定もこれにすると喜んで拾い上げる。

以上あって、不服を申し立てる直弼を喝破するかのように、本寿院が強く押し切る形で、篤姫の輿入れが決まって、篤姫本人と幾島は安堵するものの、吉之助だけはいまだに浮かない表情のまま...。

篤姫が下がった後、斉彬から何か言いたいことを尋ねられた吉之助は、思い切って訴える。

「篤姫様は、何も知らんと、こんままお輿入れされては、あまりにもお気の毒でございもす!」

斉彬は、しばらく重く口を閉ざしたものの、慮った上で、自ら話す心積もりを伝えた。


斉彬は篤姫を茶室に招くと、手ずから茶を点てながら、ありのままを打ち明ける。

家定が夫婦の営みもかなわぬ身体であること、ゆえに篤姫が子を授かることのないこと、本来の役目は将軍家の後継ぎを慶喜(松田翔太)に決めるよう、家定の心へ直に訴えることだ、と。

「...すべては国のため、お父上のためなら、篤は喜んで不幸になります。 薩摩の姫となった時から覚悟は出来ておりました」

隣の部屋での吉之助も、嗚咽を必死で堪えて、もらい泣きするかのように幾島も耐えきれず袖を濡らしていた。


この年の10月2日、"安政江戸地震"が発生した。

驚いた吉之助は、咄嗟に長屋を飛び出すや、真っ先に御座所へ馳せ参じて、庭に出て来た斉彬に安堵した上で、篤姫の寝所へ駆けつける。

「西郷、来てくれたのか!」

しかし、篤姫の喜びを打ち砕くかのように、大きな余震とともに柱が大きく音を立てて折れて、梁が倒れて来た。

篤姫が気づいたところ、瓦礫の中に埋まっており、何気に見上げると、何と必死の形相の吉之助が両腕で梁を支えていた。

「おいの腕が折れる前に、はよ逃げてたもんせ!」

それでも、梁と屋根が崩れ落ちてしまい、咄嗟に吉之助は篤姫に覆いかぶさって全身で庇った。

顔が真近に迫ってどきりとする吉之助に構うことなく、篤姫は切々と訴える。

「...西郷...一緒に逃げておくれ。 公方様も、お父上もいない遠か国に...このまま私を連れて、逃げておくれ」

吉之助はどきまぎしながらも、とことん守って、どのような遠いところでも御供する心積もりを伝える。

咄嗟に篤姫は表情を和らげるや、身体ごと守ってくれた礼を伝えると・駆けつけた幾島に抱えられながらも、毅然とした後姿のまま去っていった。

吉之助は深く頭を下げるだけだった。



いよいよ江戸城大奥での物語のはじまりか...。


ともなれば、あの『翔ぶが如く』から18年後で、本放送から10年前の2008(平成20)年1月6日日曜日から12月14日日曜日まで全50回放送、宮尾登美子原作・田渕久美子脚本のNHK大河ドラマ『篤姫』に重なるものが...。

中でも篤姫(宮アあおい)と家定(堺雅人)とのやりとり、静かに心を交わし合う表情や声色が絶品で....。

もちろん、大奥での一連の流れに加えて、"安政の大地震"での大奥における殺伐(?)に近い人間模様も....。


なお当時幾島を演じたのが、『西郷どん』での吉之助の母・満佐役の松坂慶子。

遥か遠くの薩摩から篤姫を気にかける肝付尚五郎のちの薩摩藩家老・小松帯刀を演じたのが、『西郷どん』での大久保正助のちの一蔵さらに利通となる瑛太。


この度の北川景子演じる篤姫と又吉直樹演じる徳川家定、どう魅せてくれるんだろうなあ。



同じくらいに、ふとこみ上げてしまった。

折しも、あの「3.11」こと2011(平成23)年3月11日金曜日14時46分18秒発生の"東日本大震災"発生を振り返ってほどない頃だけに...。


「天災は忘れた頃にやって来る」といういにしえからの言い伝えならではの、突発的な災難に翻弄されないことへの祈りを込めながらも...。


あの「1.17」こと1995(平成7)年1月17日火曜日5時46分52秒発生の"阪神・淡路大震災"の後、防災備蓄品を個人に広める必要性を痛感、防災・減災・備蓄品専門店を三重県四日市市別名に2006(平成18)年6月開店の「防災備蓄の倉庫番! 災害対策本舗」からの【防災セット 被災者の声の形 メインセット】と【女性用防災セット 被災者の声の形 メインセット レディースセレクション】を...。


もし 、あの時代に存在していたら、どれだけ大いに役立ったんだろうなあ。

タグキーワード
2018-03-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます