西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回














西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回

4月15日日曜日の放送にて...。


「慶喜の本気」とは、何を意味するのか...。

もしや、薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)と庭方役・西郷吉之助(鈴木亮平)、越前福井藩主・松平慶永(津田寛治)と藩医かつ側近・橋本左内(風間俊介)、それぞれが進めていた望みが叶う第一歩を踏み始めたというところかなあ。


まずは、1857(安政4)年10月21日、江戸ではアメリカ総領事タウンゼント・ハリスが大統領の書簡を携えて、将軍・徳川家定(又吉直樹)との対面を果たしてから...。

「遠方寄りの書簡を嬉しく思う。幾久しく有効を保ちたいと大統領に申し述べるべし」

意外にも、家定は将軍らしく告げて、老中たちはホッと胸をなでおろした。

すべては御台所・篤姫(北川景子)との幾度も稽古したおかげであり、すでに篤姫は知っていた。 病弱でうつけのように伝えられていた家定の真の姿が、心の暖かい優しい人となりであることを。 篤姫は次第に心を寄せるようになっていた。


一方、熊本で正助(瑛太)と別れた吉之助は、12月8日に江戸へ帰り着いて...。

ゆったりする間もなく、斉彬から託された松平慶永宛ての書状を携えて、越前藩邸を訪ねる。

書状には、次のようにしたためられていた。 関東でのことは、すべて慶永に任せる。ついては吉之助を使って結構、と。

折しも、阿部正弘(藤木直人)亡き後に老中首座となった堀田正睦は頼りなく、徳川斉昭(伊武雅刀)を迎えることができない。 斉昭の評判は悪くなる一方で、家定を暗殺して幕府転覆を図ろうとしているという噂まで流れており...。

慶永は神妙な面持ちで吉之助に伝える。

「西郷、橋本と力を合わせ、一橋様擁立に向けて諸藩の大名を説いて欲しい」


どうにかして慶喜(松田翔太)を説き伏せなければならない。

互いの切実な想いの高まりあって、吉之助と左内は、後日に磯田屋で落ち合った。

慶喜がいかに英邁な人物であるかを広めるために、慶喜をよく知る人達から聞いた話をまとめて書き上げた、名付けて『橋公行状記』を左内が持ってきてくれて、吉之助は喜ぶ。

「こいは立派な書じゃ! 左内どん、ようここまで調べもしたな!」

と、いきなり当の慶喜が現れた。

たまたま隣室にいて、壁越しに話を聞いていたらしく、慶喜は「全て大嘘だ!」と言いながら、自分の行状記をビリビリと裂いた。

「俺は死んでも将軍になどならん。 こんな志もない男が、この国を異国から守れると思うか?」

慶喜は、足音荒く部屋を出て行ってしまった。

「僕は、こんなことでは諦めません」

その左内の苦労を慮って、吉之助は悔しさをにじませるが、意外にも左内はニッと笑って、かくしておいた写しを取り出した。

吉之助は安堵して、左内と別れることになった。


ところが...。

帰り道に吉之助は、唐突に井伊直弼(佐野史郎)の手の者たちに囲まれるなり、彦根藩邸へ連れていかれて、思いもかけずに茶室へ通される。

そこには、かの直弼が待ち構えており...。

直弼は厳かにきっぱりと言い切る。 異国が迫っている今だからこそ、何も変えてはならぬ、世を乱してはならぬ、と。

そして、斉彬を裏切って内情を売れ、と吉之助に迫ってきて...。

「こげな腐った連中に守られちょっ将軍家も、危なかでごわんどなぁ。 失礼いたしもす」

吉之助は一礼して茶室を後にした。


それからほどなく、斉彬は幕府に建白書を提出した。 異国との条約で言いなりにならぬこと、そのために国を強くすること、この難所を乗り切るためには慶喜こそ次の将軍にふさわしいということ、を。

これによって、斉昭・慶永らの一橋派と、直弼を筆頭とする紀州派の議論は紛糾した。

斉昭についての悪評が飛び交う大奥でも、家定との縁組には、最初から慶喜を次の将軍にする企みがあったのかと、特に本寿院の憤りは、斉彬と篤姫にも及んだ。


いまだ家定に慶喜のことを伝えていない篤姫は、窮地に陥ってしまうばかり。

すると、その家定がひょっこり現れた。

篤姫は意を決した。

「上様、幾久しい友好のために、お願いしたき儀がございます」

そう、慶喜を次の将軍にと推し薦めた。 慶喜なら日本国を護り、皆がずっと無事息災でいられる、として...。

家定の心は大きく動かされて宣言する。

「...一橋にする。 余の次は一橋じゃ!」

ついに、慶喜を次の将軍とする方向へ、ことが動き始めた。


にも関わらずに、当の慶喜は、相変わらず吉之助と左内の懸命の説得にも全く耳を貸そうとしないまま...。

深夜となって、突然慶喜の絶叫が響き渡って...。

「人殺しーっ!!! 助けてくれーっ!!!」

吉之助たちは、驚いて部屋を飛び出したところ、討っ手が慶喜に迫っており...。

咄嗟に左内が放った小刀を奪い取って、慶喜は討っ手と凌ぎを削ることになって、しかも相当の剣の使い手ぶりに、吉之助と左内は圧倒されっぱなし...。

それでも、討っ手はもっと上手だった。

「うわ!! 西郷!! 助けてくれ!!」

吉之助は、無我夢中で刺客の腹に短刀を突き立てた。

何と、その討っ手の顔には見覚えが、そう彦根の者だった。

初めて人を殺めてしまった、命を奪ってしまった、という恐ろしさのまま、吉之助は金縛りに遭ったかのように、身動きのとれないままだった。

それでも、持ち直すなり吉之助は、慶喜に強く訴える。

「こん男と、一橋様の命は同じじゃ! じゃっどん、あなたは国を変え、多くの民を救える! そいでもまだ逃げるち言わるとじゃったら...こん男も浮かばれもはん!」

しばらく呆然と立ち尽くした慶喜だったが、やがて言った。

「...おい、行くぞ。 井伊のところだ」


慶喜は、吉之助と左内を引き連れて、彦根藩邸に乗り込んだ。

「そっちが討っ手を差し向けてきたからには、俺によっぽどの用があると思って来てやったのよ」

意に介さないまま、直弼はしゃあしゃあと交渉を始める。 慶福が将軍になったら、慶喜に紀州55万石を献上するという。

逆上した慶喜は「この大馬鹿野郎!!!」と吐き捨てるや、ついに自分が将軍になると言い放った。

あまりの突然さに驚いて身動き取れない吉之助と左内を見やると...。

「西郷、橋本、帰るぞ」

二人を連れて去っていく慶喜を、直弼は怒りの形相で見送るしかなかった。



これからの井伊直弼の動き、ますます目が離せなくなりそう。


2014(平成26)年12月20日土曜日より発売の『安政の大獄 井伊直弼と長野主膳 (中公文庫プレミアム)』(松岡英夫/中央公論新社)に記された濃厚な師弟関係のように...。


ただ、それでも、良い意味では忘れられないものなんだろうなあ。


1809(文化6)年に創業した、糸屋重兵衛の糸問屋にはじまって、奥方の夢の御告げがきっかけといった不可思議さのままで、井伊家御用達菓子としての彦根銘菓「埋れ木」を洗練させるかのように受け継いで、現在の滋賀県彦根市本町「いと重菓舗」の【有名女優さんの「おめざ」にもご指名! 埋れ木 (20個) (15個) (10個) (6個)】ならではの深い味わいをはじめ...。


かの明治維新からいくらかの歳月を経ての、1872(明治5)年に創業して、彦根市京町「みやおえん」の【格調高い能面缶入りの銘茶ギフト 高級煎茶と抹茶入りかりがね詰合せ】...。

そう、高級煎茶朝宮、高級煎茶古城、抹茶入りかりがね埋木舎、それぞれ185gずつの香ばしさも...。


深き堪能となるからこそ、すべてを承知で身を挺して成し遂げることの意義が...。

タグキーワード
2018-03-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます