西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回






西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回

4月29日日曜日の放送にて...。

ついに「斉彬の遺言」ならではの展開が...。


それは、京における吉之助(鈴木亮平)が、毎日あちこちと駆けずり回っての、ようやく兵を受け入れる備えができて、仲間とともに鍵屋での前祝いとなる中でのことからで...。

唐突に月照(尾上菊之助)が悲しげな表情のまま現れると、薩摩の山田為久(徳井優)からの急ぎの報せとして、吉之助に書状を手渡しして...。

胸騒ぎを覚えた吉之助が書状を開くと、手の震えとともに顔が蒼ざめて...。

すでに斉彬が7月16日に突然の帰らぬ人となったとのことだった。

傍にいた俊斎(高橋光臣)らほかの薩摩藩士たちも同じく愕然そして顔の蒼ざめたままだった。

吉之助は、やり場のない怒りと悲しみのない交ぜのまま、土砂降りの雨の中へ飛び出してしまった。

かの死から、およそ8日後のことだった。


それでも吉之助は、改めて思い直すなり、明くる朝早くより俊斎を伴って、近衛家の広間にて月照と左内(風間俊介)と顔を合わせるや、前後のいきさつをめぐっての話し合いに臨んで...。

ほどなく毒で殺されたのではないかへの疑いを強めるや、弔い合戦とのいきり立つ声の高まりの中ながら、なぜか吉之助だけは「...そげんこつ、どうでんよか」と淡々とつぶやくと...。

驚く一同を前に、吉之助は低い声で打ち明ける。 まだ幕府に負けてはいないからには、水戸藩より兵を出させる心積りのあることを。 斉彬からの呼びかけあって立ち上がった諸藩と、それらの軍勢をまとめあげることのできるのは、隠居ながらも威光のある斉昭(伊武雅刀)しかいない、と。

その上で、改めて忠煕(国広富之)へ詔を頼んだ。

「どげな手を使うてもよか。 お殿様の訃報を聞いて相手方が喜び、油断しちょっ今こそ、好機ではございもはんか。 お殿様の命、無駄にしたらいけもはん!」


しばらくして、天皇が近いうちに、水戸藩へ詔を下すとの忠煕からの吉報に押されて、左内は京にいる諸藩の同志たちに知らせるべく駆け回って、吉之助は江戸に行くと斉昭にすぐ兵を出してもらえるよう水戸藩邸へ出向くとになった。

「恐らくこれが最後の命綱です」との月照からの言葉に押されるように...。

これが、1858(安政5)年8月8日における、世に言う"戊午の密勅"にまつわるできごとだった。


ところが...。

江戸の水戸藩邸では、あっ気なく門前払いとなって...。

やむを得ず吉之助は、磯田屋に入り浸る慶喜(松田翔太)からの助太刀を頼み込んだ。

しかしながら、慶喜は大老・井伊直弼(佐野史郎)から斉昭に蟄居の沙汰が下されたことを理由に動けないという。

ほどなく慶永(津田寛治)にも、蟄居の沙汰が下って、城に押し掛けた者たちも同じく咎められることになってしまい...。

そして慶喜にも、蟄居の沙汰が下ることになって、およそ3年半もの間、邸内の一室で過ごすことになってしまった。


こうして月照が強く念を押した最後の望みが絶たれてしまって、失意いっぱいの吉之助は、再び京へ舞い戻ることになって...。

忠煕と月照にことの次第のありのままを伝えることになった吉之助は、ただひたすら平伏するのみだった。

忠煕と月照と左内は涙を流すものの、吉之助だけは涙の出ないまま...。

「西郷はん、あんたさん、薩摩へ帰って死ぬおつもりでっしゃろ」

月照から心を見透かされた吉之助は、悲しげに笑うだけだった。

「...おいは、お殿様のおらんこん世におっても、意味のなか人間でごわす」


その頃の江戸では、すでに幕府に刃向おうとした者たちへの過酷な取り締まりが、相次いでおり...。

世に言う"安政の大獄"の始まりだった。

しかも、天皇や公家たちをたぶらかしたとして、追及の手は月照までにも伸び始めており...。

迷惑をかけまいと、たった一人で名乗り出ようとする月照を止めようとする忠煕だったが、月照は優しく伝えるだけ...。

「今度の大老さんを甘う見たらあきません。 それに所司代さんあたりから、私を差し出せて言われてんのでっしゃろ?」

忠煕は泣き崩れた。

しかし、出て行こうとした月照の前に吉之助が立ちはだかった。

「月照様...おいと共に薩摩に行ってくいやんせ」

薩摩なら幕府もやすやすと手は出せまい。

忠煕も左内も、吉之助の意見に賛成した。

そうして明くる日より、笠をかぶった吉之助たち三人は伏見の船着き場に向かった。

「吉之助殿、江戸で待っております」

左内に見送られて、船が静かに岸を離れていく。

このあと左内が幕府に捕らわれることも、恐ろしい幕府の目が自身に向けられていることも、この時の吉之助はまだ知らないまま...。


険しい山道を吉之助が月照を背負って歩く日々の続く中で、その夜も山中の廃寺に泊まることになって...。

真夜中過ぎに、ふと気配を感じて目の覚めた吉之助が外に出ると、何と斉彬の幻が立ちはだかっており...。

「お殿様...」

吉之助がつぶやくとともに、一気に涙があふれて...。

「おいは、お殿様のもとに行きとうございもす・・」

吉之助は泣き崩れて短刀を抜いた。

しかしながら、常に前を向いていた斉彬への忠義が、思い留めることとなった。



とうとう火ぶたの切って落とされた、あの1858(安政5)年...。

7月16日には薩摩藩第11代藩主・島津家第28代当主・島津斉彬が唐突に先立ってしまって...。

8月8日には、かの大獄の引き金となった"戊午の密勅"が...。


これからの吉之助ばかりじゃない。

誰よりも吉之助の胸の内を慮る清水寺成就院前住職・月照への想いを込めながらも...。


京都府京都市東山区清水にある、あの清水寺参道の「宇治茶専門店 ふじや茶舗」からの【宇治茶と急須のセット】に【京都宇治の宇治茶詰め合わせ 「花錦」玉露と煎茶と雁ケ音 各70g入り】はもちろん...。


創作平安王朝料理で広く名を馳せる「京料理 手をけ弁当 六盛」からの【京料理六盛 珈琲わらびもち】も...。


じっくりと味わってみたくなった。

タグキーワード
2018-04-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます