西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回








西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回

5月6日日曜日の放送にて...。

とうとう来るべき時が来てしまった...。


何と「西郷入水」...。


最愛の家定(又吉直樹)を亡くした篤姫(北川景子)は落飾して天璋院と名を改めて、新たに将軍の座に就いた慶福(荒木飛羽)は家茂と名を改めて...。

「恐れながら、上様。 これよりは私をまことの母と思うて、お頼りくださいませ」

天璋院としては真心からの言葉であったが、大老・井伊直弼(佐野史郎)から天璋院の悪口を吹き込まれている家茂の反応は冷たいものだった。

幾島は、落ち込んでいる天璋院に、いっそ暇をもらって城を出たらどうかと勧める。

「いいえ、血は繋がらなくとも上様のことは、私が守らねばならぬ。それに帰るべき家はもう薩摩ではない」

天晴れな覚悟だと讃えた幾島は、京へ帰ると申し出る。

天璋院は、すべての汚名を被る心積もりの幾島を案じると...。

「戦に敗れた者が咎を受けるのは当たり前。 ご大老様にもこれで少しは示しがつきましょう」

涙ながらにすがる天璋院を振りほどいて、幾島はこれが最後の奉公と立ち上がった。

天璋院は幾島の背に向けてつぶやくだけだった。

「幾島...これまで、ありがとうござりました」


吉之助(鈴木亮平)たちが京を発って、およそ50日が過ぎて...。

命からがらいくつもの山を越えて、小舟で海を渡って、どうにか薩摩へたどり着くことのできて...。

いきなり家に帰ってきた吉之助達にびっくりした吉二郎(渡部豪太)と熊吉(塚地武雅)だったが、それからゆっくり事情を聞いた。


一方、久光(青木崇高)は嫡男の茂久を連れて、実母・由羅(小柳ルミ子)とともに江戸から薩摩に戻ってきた実父・斉興(鹿賀丈史)と対面していた。

久光としては、死の床にあった斉彬(渡辺謙)に呼ばれて、亡き後の政の行く末を託されており...。

そう、家督は嫡子の哲丸ではなく、茂久に譲ることを、打ち明けられていた。

「そなたならやれる。やってもらわねば困る」

鬼気迫る兄の手を、久光は強く握りしめながら...。

「そんお役目、しかと承り申した。 たとえ父上であろうと邪魔はさせん...」

以上あっての決意の固い久光は、当主に茂久を据えて、自分は後見を務める旨を打ち明けると、意外にも斉興はあっさりと承諾する。


その頃、吉二郎から知らされた正助(瑛太)が、西郷家へ駆けつけるや、追い腹を切るほどに思い詰めていそうな吉之助を案じて...。

「んにゃ、おいはまだ死ねん。 明くる日より城に上がって、月照(尾上菊之助)様の庇護を進言すっつもりじゃ」

吉之助はそう打ち明けて安堵させるも、正助は顔を曇らせながら...。

「...そいは難しかもしれん。 吉之助さぁは、お坊様と身を隠しちょってくいやんせ」

江戸から斉興が舞い戻るなり、藩の政の行く末が怪しくなったためだった。

そして正助は、直ちに動き始める。

二人を助けてもらえるよう、家老の山田為久(徳井優)に嘆願書を渡して...。

為久も苦渋の表情だったが、やはり吉之助を見捨てられない思いあって、最後には受け取ることとなった。


そして、鶴丸城の大広間にて...。

家臣一同が顔を揃えた大広間にて、新たに藩主となった茂久が堂々とした足取りで入ってきた。

その姿を久光が頷きながら見守る中でのこと...。

「待て!!!」

威厳ある声を響かせながら斉興も入ってきた。

斉彬が口にした兵を起こして幕府に刃向かうなど言語道断だと撥ねつけて...。

話が違うと訴える久光からの抗議も、ことごとく撥ねつけて、斉彬の非をあげつらった。

その威厳ある態度に揺さぶられた家臣たちからは、斉興を支持する声が相次ぐことになって...。

為久は、周りの勢いに呑まれてしまって、嘆願書を出すことのできないままだった。

そう、初めから久光や茂久など関係なくこうするつもりだった斉興は、実権を取り戻して、吉之助と月照には日向送りの沙汰が下ることとなった。


日向送り...。

それは、薩摩の国境の日向まで追放して、役人が処刑することを意味しており...。

決して見殺しにはできないと立ち上がった仲間たちに、吉之助は諭す。 相手にしなければいけないのは、異国と、異国に言いなりの幕府であると...。

それでも吉之助は、沙汰とあれば仕方なしと、達観しており...。

諦めきれない正助は、吉之助が薩摩のため日本国のため、まだまだ生きねばならぬ男として、為久に頭を下げて、新たな書状を持っての斉興への目通りを実現させる。

夕刻となって...。

正助は吉之助に切り出した。

「月照様を斬れば、おはんの命だけは助けてくださるち。 ご隠居様に直談判した」

絶句している吉之助の胸ぐらを掴んで、正助は懇願する。

「死ぬことはなか! 吉之助さぁ! 頼む!」

正助の胸の内を慮って、吉之助は答えた。

「...よか...斬りもんそ」


錦江湾に沈んでいく夕陽の中を、吉之助と月照、そして藩の役人を乗せた小舟が静かに進んで...。

この時、斉彬からもらった短刀は、床の間に置いてきたままで...。

吉之助は月照の手を握り、ぐいと引き寄せた。

「ともに参りもんそ、月照様」

吉之助は月照を抱いたまま、海の中へ身を投じてしまった。


1858(安政5)年11月16日のことだった。



のちに聞くところでは、吉之助は辞世「二つなき 道にこの身を 捨て小舟 波立たばとて 風吹かばとて」を胸に忍ばせていたとか...。


そして、かの月照も辞世「大君の ためにはなにか 惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも」を遺して...。

この時享年46歳。


皮肉にも、これからの吉之助のちの隆盛を、本格的につくり上げてゆく第一歩なのかもしれないだけに、返す言葉がないや。

以後の、長きにわたる波瀾万丈と紆余曲折の交錯する激動の時代をかけめぐることになろうだけに...。


ふとよぎった。


鹿児島県鹿児島市の小学校、鹿児島市立清水小学校にて1917(大正6)年から、鹿児島市立松原小学校にて1926(大正15.昭和元)年から続いている伝統行事『錦江湾横断遠泳大会』を題材として...。

2008(平成20)年3月1日土曜日より鹿児島県、3月15日土曜日より九州全土、4月19日土曜日より日本全国、それぞれ公開の雑賀俊郎監督・登坂恵里香脚本の映画『チェスト!』で魅せてくれた大人たちと子ともたちの青春群像と爽快感に想いを馳せながらも...。


さらにさかのぼること、1950年代早々の創業よりセロファンを包装に用いた干物の販売あっての好評を足掛かりに、1960年代からの灰干しによる魚の加工すなわち"灰干し製法"磨きをかけた、「福永商店」ならではの【ふるさと納税 無添加<高級手作り干物>桜島灰干し詰め合わせ 計20袋/計10袋 鹿児島県産 国産】に込められた、にじます、きびなご、さば、あじ、かんぱち、いか、などの"海の幸"ありがたみをじっくり味わって...。


最後には、「長田茶店」からの【有機栽培茶 棒ほうじ茶 100g】をもって、「チェスト!」と喝采を叫ぶくらいに気分爽快でありたいもの...。


いかなる立場の人間であっても、ありとあらゆる"幸"を実感できることを祈って...。

タグキーワード
2018-04-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます