西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第18回 第19回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第18回 第19回
















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第18回 第19回

5月13日日曜日放送の第18回では...。

サブタイトル「流人、菊池源吾」としての、新たなる日々へ...。


それは、振り返ること、あの錦江湾への入水から、およそ1ヶ月が過ぎて...。

かの月照(尾上菊之助)の死と引き換えにするかのように、吉之助(鈴木亮平)は奇跡的に蘇えることになって...。

12月の終わりの近づく中、幸か不幸か、吉之助と月照の墓を幕府の捕吏に見せるなどの藩の取り成しあってからか、吉之助には藩命により"菊池源吾"という変名を用いての奄美大島への流罪の沙汰が下った。


年が明けての1859(安政6)年1月4日、吉之助は正助(瑛太)らの見送りを背に、山川港を離れた。

いくつかの離島を過ぎての1月12日、奄美大島にたどり着くこととなった吉之助だったが、生きる当てを失ったかのように、時にはくすぶったり、時には荒れたりといった日々が過ぎる中で...。

ある日のこと、吉之助はふとしたことから、とぅま(二階堂ふみ)という美しい島娘と出逢うことになって....。

何気に関わり合ってゆくうちに、薩摩から黒糖づくりを強いられているのみならず、稼ぎの多くを搾り取られている島の人たちの苦しみを目の当たりにする。



5月20日日曜日放送の第19回では...。

吉之助が再び動き始めることになるのかなあ。


サブタイトル「愛加那」が象徴するかのように....。


それは、吉之助を預かっている龍佐民(柄本明)が秘かに砂糖をつくった咎で囚われの身になってしまってからで...。

父の身を案じる娘のとぅまが、直ちに代官所へ押し掛けるや、役人との押し問答になっての膠着状態の続く中でのこと...。


吉之助が突然現われて、役人たちと向き合うことに...。



かの奄美大島での日々が気になる中で...。


2013(平成25)年12月24日火曜日より発売の『南日本の民俗文化誌(10) 奄美諸島の民俗文化誌』(下野敏見/南方新社)での、いにしえより続く、芸能や信仰や生業などの歩み...。


2014(平成26)年3月8日土曜日より発売の『奄美大島の地域性 大学生が見た島/シマの姿』(須山聡/海青社)での、現代そして近未来への見方...。


それぞれに想いを馳せながらも...。


鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋大湊の「奄美物産」からの【奄美ハブ酒 300ml】や、【奄美黒糖焼酎 浜千鳥乃詩 和 25度 紙パック 1800ml】を、じっくりと嗜んで...。

【ごま菓子 白ごまざた 150g×10袋】を、肴にしながらも...。


より贅沢を求めるならば、奄美市名瀬平田町の「カイセイ」からの【ふるさと納税 奄美島豚あかりんとん ソーセージ 5種セット】も、いいだろうなあ。


最後の御口直しとしては、名瀬小浜町の「栄食品工業」からの【ふるさと納税 奄美のとれたてすももジュース 3本セット】もいいだろうし、名瀬真名津町の「安田商店」からの【ふるさと納税 亜熱帯トマト 野生の証明 15kg】も、よりすっきりさせるだろうなあ。



いずれにせよ、吉之助の奄美大島での日々の暮らしと心境の繊細な変化、しっかりと見届けるまで...。

タグキーワード
2018-04-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます