西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回










西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回

5月27日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「正助の黒い石」が、象徴するかのように、のちの「明治維新の元勲」として、「維新の三傑」の一人としての、大久保利通への本格的な第一歩が始まることになるのかなあ。


それは、1859(安政6)年9月12日、薩摩藩第10代藩主・島津斉興(鹿賀丈史)が、69年の生涯を終えてから...。

実父・斉興の遺志を継ぐかのように、長男・茂久の後見となった島津久光(青木崇高)は、国父として藩の政を司ることになって、かねてより書物のやりとり続けていた正助(瑛太)を御小納戸役として取り立てる。

しかし、かねてよりのお由羅騒動でのわだかまりの根強く残っているままとあって、誠忠組の急進的な志士たちからは激しい反発を招いてしまって...。


明くる年の1860(安政7)年となって...。

薩摩藩内における何とも言いようのない不協和音に覆われる日々が続く中でのこと...。

3月3日の珍しく雪の舞い降りる江戸城にて、大老・井伊直弼(佐野史郎)が襲われて暗殺されたの報せが...。

世に言う"桜田門外の変"だった。



とうとうこの時が来てしまったか...。


かの大老・井伊直弼の45年にわたる生きざまが、このような形で終わってしまうなんて...。

のちに聞くところ、本人自身はすでに水戸脱藩浪士らの襲撃企ての旨の警告の書状を目にしていたという。


あの1963(昭和38)年4月7日日曜日から12月29日日曜日まで全39回放送の舟橋聖一原作・北条誠脚本・尾上松緑主演のNHK大河ドラマ初作品『花の生涯』そのものと言い切れるんだろうか、お恥ずかしながらいまだに解からないままかなあ。


やはり、いまだにさる2017(平成29)年1月8日日曜日から12月17日日曜日まで全50回放送の森下佳子脚本・柴咲コウ主演のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』での、少ない史料ながらも巧妙かつ繊細な時代背景と人間模様の丹念な心躍る展開が、忘れられない中でのことなんだろうなあ。.

自身の身を挺しての覚悟というもの、悲しくも考えさせられてしまうなんて...。


かたや、2008(平成20)年2月20日水曜日より発売の『井伊直弼の首 幕末バトル・ロワイヤル』(野口武彦/新潮社)での、鳴りを潜めたままが、一気に頂点へ立つも、突然真下へ落とされるかのような、井伊直弼本人の乱高下するかのような生きざまの一方で...。


かたや、2017(平成29)年8月9日水曜日より発売の『幕末 桜田門外の変【文春e-Books】』(森秀樹・作画.司馬遼太郎・原作/文藝春秋)での、有村俊斎のちの海江田信義(『西郷どん』で演じるは高橋光臣)の三弟・有村次左衛門を中心に真下を飛び交うかのような激しい流れも見逃せなくて...。


それぞれに目を通すことは、もちろんのこと...。


かの"桜田門外の変"の一因ともなったという逸話のように、徳川将軍家へ献上されていた、伝統の近江牛味噌漬けそのままに、大阪府大阪市中央区瓦屋町の「肉匠 わが屋」の【近江牛 味噌漬け 400g】をいっぱい味わいながらも...。


2017(平成29)年7月25日火曜日より発売の『世田谷ライフmagazine(No.62) 美味しくて、楽しくて。 つい、長居しちゃう経堂/豪徳寺/梅ヶ丘』(エイ出版社)、中でも井伊家の菩提寺でもある豪徳寺周辺に、じっくりと想いをめぐらせてみて...。



たとえ"一生の宿題"であるにしても、じっくりと考えさせられる必要に晒されるんだろうなあ。

タグキーワード
2018-04-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます