西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第24回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第24回










西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第24回

6月24日日曜日の放送では...。

サブタイトル「地の果てにて」となれば、一体どうなることやら...。


あの"寺田屋騒動"における凄惨な同士討ちから...。


時は1862(文久2)年6月11日...。

新八(堀井新太)が喜界島へ島流しとなる一方で...。


吉之助(鈴木亮平)は徳之島へ島流しとなって、7月2日に湾仁屋へたどり着いた。

罪人とあって扶持などは一切与えられないために、直ちに畑を耕すしかなく...。

日々の苦しい労働の合間に、何気に海の向こうへ目をやった奄美大島に想いを馳せたことが通じたからなのか、遠くからの「旦那様〜!」の叫び声とともに振り返ると、赤子を抱いた愛加那(二階堂ふみ)と、息子・菊次郎をおぶった義兄・富堅(高橋努)がやってきて...。

あまりの唐突さにたじろくばかりの吉之助だったが、生まれて間もない我が子に逢わせたい愛加那の切なる想いを富堅から打ち明けられて、しっかりと抱きとめる。

粗末な庵の板の間に敷いた布団の中で、安らかに眠る子どもたちを見つめながら、吉之助は生まれて間もない赤子である娘に、"菊草(きくそう)"と名付けた。


一方、朝廷より京での働きぶりを認められて一目置かれることになった久光(青木崇高)は、公家・大原重徳に随従して江戸へ乗り込んで...。

ついに重徳は第14代将軍・徳川家茂に会うこととなった。

先の大老・井伊直弼(佐野史郎)の亡き後より、ますます力の弱まる幕府は、久光の武力を背景にした朝廷からの発言を無視できなくなっており、先の"安政の大獄"で追放されていた一橋慶喜(松田翔太)が将軍後見職に、松平春嶽(津田寛治)が政事総裁職に、それぞれ任命されることになって...。

数日が過ぎて、久光は慶喜と春嶽に、それぞれ謁見となった。

久光は、亡き兄・斉彬(渡辺謙)に代わって、ともに手を取り合って日本を異国に負けぬ強い国にしたい強い意気込みと心積もりを打ち明けて、手を付いて平伏する。

しかし、慶喜だけは違った。 斉彬の猿真似にしか見えぬばかりか、無位無官の薩摩の隠居の事など江戸では誰も知らないし、軽々しく日本と口にするな、と容赦ない。

「兄上の斉彬は先見の明がある切れ者だった。 そなたは似ても似つかぬただの芋じゃねえか! 俺と腹を割って話したければ、西郷を連れて参れ!」

すでに慶喜は吉之助の死を嘘と見抜いていた。

このことで、久光は吉之助への憎しみを増すばかりになってしまった。


京と江戸における暗雲とは関係なしに、家族水入らずの穏やかな日々を過ごしていた吉之助だったが、その幸せな日々は突然の役人たちの押し掛けで終わりを告げた。

「西郷吉之助、徳之島への遠島を改め、沖永良部島への遠島を申し付ける」

吉之助を代官所へ連行していく役人たちを前に、愛加那が立ちはだかった。

「なんで、こん人や、また沖永良部島ち流されんばいかんのかい!」

吉之助は、そんな愛加那を諭すように打ち明ける。

「おいは、どこに流されてても必ず帰ってくる。 愛加那、あいがとな。 夢のように楽しか5日間じゃった」

吉之助は優しく微笑んで、富堅にも礼を口にした後、役人たちとともに去っていった。

愛加那は崩れるように、その場に座りこんでしまった。


久光が命じた罰とは、島に流すだけでなく、さらに牢に入れるという、きわめて異例の厳しいものだった。

しかも、四畳ほどで壁も雨戸もない格子で仕切られた中へ...。

南国の強い日差しに照らされて汗だくの吉之助の元へ、横目付・土持政照(斎藤嘉樹)が数人の島民を連れて挨拶に来た。

政照は島での生まれながら、薩摩で学んで役人として戻って来たとのこと。 母・鶴(大島蓉子)から吉之助の噂を耳にしたことを周囲に話したことで、島民たちは芋や魚など心尽くしの食を吉之助の前へ差し出してくれて...。

皆の大切なものとして断った吉之助だったが、島民たちの想いを汲みとって、深く味わったことで、少しずつ生気を取り戻してゆく。


明くる日に、政照が牢の吉之助の元へ駆けつけるなり、懐から二通の文を差し出すと...。

ふと横から手が伸びるや、文をさっと奪い取ったのは、川口雪篷(石橋蓮司)という薩摩から流された罪人を名乗る男で、勝手に文を広げて目を通した後、格之助(北村有起哉)と武次(高橋光臣)が面倒くさいことをぶちまげている、と...。

吉之助が目を通したところ、かの"寺田屋騒動"の一件以来、一蔵は久光の第一の側近として出世街道を駆け上がっていて、変わり身の早い男として相当立腹している胸の内が...。

格之助と正次としては、吉之助に早く帰ってきて欲しいという強い気持ちとともに、一蔵が何を考えているのか解からないという強い不満もぶちまげており...。

人は裏切るとものだと吐き捨てる雪篷に、吉之助は友を信じていると言い返したものの...。

意に介さない雪篷が続けるには、代官所からの許されているのは、日に一度僅かな冷えた麦と塩だけで、最初から吉之助を殺そうとしていることが、目に見えているという。

「そげなこつも知らんで、何が友を信じちょっじゃ」


雪篷は暗い目で虚しく笑って去って行った次の日より吉之助は、島民たちから与えられる食を断って、何日も坐禅を組み続けることに...。

やがて島を嵐が襲って、ますます衰弱した吉之助を見かねて牢から出そうとする政照らすだったが、島民たちに迷惑がかかるとして、追い返されてしまった。

吉之助は、うつろな目を牢の外に転じると、ソテツが見えるなり、幸せな徳之島での日々が思い浮かんで...。

すると、自身の声が...。

「守らにゃならんものがまだある。 おはんにしか出来んこつが、まだあっとじゃ。 ...生きろ」

吉之助は、そのまま気を失ってしまった。



西郷吉之助のちの隆盛のもう一つの流刑地ともなった沖永良部島での日々か...。


いわゆる本当の罪人としての扱いとあって、以後の起死回生における大きな転換点となったんだろうなあ。


2018(平成30)年4月20日金曜日より発売の『地球の歩き方JAPAN 島旅 与論島 沖永良部島 徳之島 (奄美群島2)』(地球の歩き方編集室/ダイヤモンド社)はもちろん...。


2015(平成27)年12月9日水曜日より発売の『光り輝く未来が、沖永良部島にあった! 物質文明や金融資本主義社会はもう限界です』(石田秀輝/ワニブックス)での近未来の沖永良部島のあり方...。



折しも、さる4月17日火曜日放送のテレビ朝日『林修の今でしょ! 講座』からの紹介で広く知られることになったことで...。

そう、大阪市中央区瓦屋町の「わが街とくさん店」からの【鹿児島 さとうきび酢きらさん 3本セット】には、沖永良部島のミネラル豊富なさとうきびと、カルシウムをたっぷり含んだ島の硬水でつくられた手づくりのさとうきび酢の美味しさが...。


そして、【鹿児島 国産 乾燥きくらげ 200g】も...。

沖永良部島のさとうきびのバカスを培地につくられた肉厚なきくらげを乾燥させて、肉厚でプリプリ感が凄い沖永良部島産のきくらげを、天日干しでじっくりしっかり時間をかけて乾燥させた香ばしさと美味しさが...。


これらをもって、強いてつくられた土壌である、さとうきびのバカスの培地の大きさに、改めて想いを馳せてみることになりそうかなあ。



江戸時代末期と明治時代初期における雄藩の一つである、薩摩藩の"光"と"影"の問題か...。

じっくりと考えさせられることになりそう、いや向き合わなければならないんだろうなあ。

タグキーワード
2018-06-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます