西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回




西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回

7月22日日曜日の放送にて...。

とうとう「禁門の変」の火蓋が切って落とされるのか....。


それは、慶喜(松田翔太)のからの氷のような冷えた表情に突き動かされるかのように、屋敷を後にした吉之助(鈴木亮平)が、ふと足元に絡まった紙屑を手にすることになってからで...。

何と、京の町から大火が上がっている絵に、「長州の恨みが京を焼き尽くす」とか「応仁の乱の再来なり」といった扇動的な文面で書き殴っており...。

そう、瓦版だった。

ふと目に入った物乞いらしき男に尋ねたところ、逆に「戦が始まって京の町が焼かれてしまうのは、本当なのか?」と聞き返されて...。

「侍の本懐は戦をするこつじゃなか。 民の暮らしを守ることじゃて心配せんでよか」

吉之助は物乞いに金を渡して、そのまま立ち去っていった。


慶喜が孝明天皇より禁裏御守衛総督という御所を警護する役目を与えられたことで、天皇直属の朝臣となって、心を新たにする一方で...。

鍵屋で何か考えをめぐらせている吉之助に、女中からの呼びかけ。 何やらおかしな男が「西郷を出せ」と...。

吉之助が階段を下りたところ、何と先日の物乞いが待ち構えており...。

その男は物乞いを仮の姿と明らかした上で、長州藩士の桂小五郎(玉山鉄二)と名乗ると、いきなり手をつくなり...。

「西郷君、頼みがある。長州を助けてくれんじゃろか」

長州が大きな間違いを犯そうとしているから、やめさせてほしいとのことだった。

小五郎が打ち明けるには、過激派志士たちがすぐにでも兵を挙げて上洛すべしといきり立っているという。 もし、そうなってしまえば、諸藩を巻き込んだ大戦となって、京の町は大火に包まれて、多くの人たちが路頭に迷ってしまう。

長州の本意としては、戦を引き起こすのではなく、慶喜の口添えでの孝明天皇から長州へ許しを賜りたい、と。

もちろん、慶喜の家臣・平岡を斬ったことも、頑なに否定した。 しかも、物乞いの姿で現場を見ていたという。 下手人を特定できないものの、京都所司代と新選組は、長州だけではなく、土佐や肥後や薩摩にも疑いをかけており...。

特に、薩摩の"人斬り半次郎"という凄腕の剣客が、京で騒がれているという。

こうして小五郎は、慶喜への目通りの手筈を願うことを、吉之助に頼み込んだ。


吉之助は薩摩藩邸へ入ると、急に上洛となったした家老・小松帯刀(町田啓太)に、長州の情勢と小五郎とのいきさつを伝えることに...。

急な入京の理由として、国父・島津久光(青木崇高)から見張りを厳命されたのでは、との吉之助の指摘に、帯刀が苦笑いする中、吉之助は小五郎から聞かされた薩摩の"人斬り半次郎"の噂も伝えて...。

帯刀は直ちにかの異名を持つ中村半次郎(大野拓朗)を探し出して尋ねたところ、半次郎は否定するとともに濡れ衣は己で晴らすと息巻いて、藩邸を出て行った。


その夜の吉之助は、繁の家の座敷に慶喜を招いて、小五郎を引き合わせる。

「何とぞ天子様に! どうぞお力をお貸し下さい!」

小五郎からの懇願を、慶喜はあっさりと受け入れる。

『幕府と薩摩、長州が手を組めば、この世の乱れを正すことができる。 桂、西郷、俺を裏切るなよ」

ひれ伏す吉之助たちを見下ろし、慶喜は冷ややかに笑った。


京を追われた久坂玄瑞(二神光)をはじめとする肝心の長州藩士たちは、表向きは枡屋喜右衛門という商人を名乗る間者・古高俊太郎が営む枡屋という古道具屋に身を潜めており、必死で駆け込んだ小五郎は、慶喜からの伝言を伝える。

「御所に火を放ち、混乱に乗じて天子様を連れ去りたてまつろうなんぞ、言語道断!」

部屋の奥には、銃や火薬が山のように積まれており、もしも新選組に嗅ぎつけられたら、申し開きのしようもない。

そこへ半次郎が駆けつけて、小五郎は嬉しっさいっぱいに伝える。

「西郷君に伝えてくれ。 貴殿のおかげで長州は救われた。 われらは同志じゃ。 と」


ところが...。

この古道具屋はすでに新選組に見張られており、1ヶ月後には俊太郎が新選組に捕らえられて、凄まじい拷問の挙句の果てに、とうとう白状してしまった。


直ちに慶喜に知れることとなってほどない6月5日の夜、新選組は長州藩士たちの潜む池田屋を襲って9名を惨殺するという、世に言う"池田屋事件"が勃発して...。

激昂した長州潘の三家老が、ついに軍勢を率いて上洛となってしまった。


慶喜は薩摩をはじめとする諸藩に対して、広く出兵命令を下すことに...。

長州はたったの2千に対し、幕府は3万を下らないことから、吉之助は薩摩の出兵の辞退の旨を伝えるべく戦にしないよう願い出る決意を固めると...。

突然半次郎が藩邸に駆け込んで来て...。

互いの再会を喜び合ってほどなく、半次郎は先の小五郎との対面の折の薩摩は同志と言い切った目に嘘のないことを、吉之助に切々と訴える。


直ちに吉之助が若州屋敷に駆け込んだところ、すでに慶喜は家臣たちに具足を付けさせており...。

「一橋様! 桂殿は過激な連中を必死に食い止めておりました。 新選組が池田屋に踏み込まなければ...」

兵を出さない吉之助に苛立つ慶喜だったが、小五郎をひたすら信じる吉之助に押されて、家臣を下がらせる。

そして、打ち明ける。 平岡を斬ったのは、あろうことが水戸の者だったことを...。

「頼む。 お前だけは俺を裏切らないでくれ」

吉之助は声を失ってしまった。


7月に入るとともに、京に入った長州軍は、幕府軍との暴発寸前の緊張状態の果てに、ついに動き始めた。

吉之助はとうとう決意を固めて、軍賦役として薩摩援軍に加わることになって、信吾(錦戸亮)と小兵衛(上川周作)も加わった藩士たちに、強く訴える。 考え方の違いはあっても、薩摩も長州もこの国の行く末を憂う同志であることを...。

こうして7月19日の早朝、長州軍が御所へ向けて進撃となって、世に言う"禁門の変"の火蓋が切って落とされた。

長州軍は会津・桑名軍を押しのけるかのような怒涛の勢いで蛤御門へ迫っているという。

決して御所を突破させまいと吉之助は兵を率いて、蛤御門を前に立ち塞がっての銃撃戦の果てに、薩摩藩士・川路利良(泉澤祐希)が圧倒されながらも長州藩士・来島又兵衛(長州力)を討ち取って...。

「長州の方々!!! もはや勝敗は決したも同じじゃ!!!」

吉之助はそう叫びながら刀を捨てることで、降伏を呼びかける。

ところが無情にも、長州軍が丸腰になった途端に、幕府軍からの総攻撃となって、再び戦が激しくなってしまった。

「待て!!! 戦はもう終わった!!! やめー!!!」

吉之助からの必死の絶叫虚しく、太腿を撃たれてしまい本陣へ担ぎ込まれてしまって...。


結局のところ、長州軍は敗走となってしまうとともに、京の町も火の海に呑みこまれてしまって、一斉に広がってしまった。



京の町が再び火の海になるなんて....。

いかにそれぞれの正義が昂じてのぶつかり合いであれ、"乱世"ならではの倣いとはいえ、もしやあの戦国乱世のはじまりとなる"応仁の乱"の繰り返しになってしまう???


まずは、かの導火線となった"池田屋事件"の生々しく描かれている、2014(平成26)年10月22日水曜日より発売の『池田屋乱刃』(伊東潤/講談社)...。

当事者の真近にいた桂小五郎のちの木戸孝允の抱いた想いだけに、目は離せないし...。


そして、2014(平成26)年8月25日月曜日より発売の『幕末群像の墓を巡る』(合田一道/青弓社)...。

それぞれの掲げる正義の違いはあっても、全力で駆け抜ける姿、何と言ったらいいのか....。

蛇足ながら、秘かなブームとして息づいている、"歴女"や"城女"向けかなあ。



今後のためにも、じっくりと考えさせられそう...。

「治世」と「乱世」では、好む好まざる関係なしに、それぞれが掲げる「正義」には、落差の大きいものだから...。


しっかりと目を通すしかない。

タグキーワード
2018-07-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます