西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みをつくし料理帖 DVD-BOX [ 黒木華 ]
価格:13455円(税込、送料無料) (2018/7/26時点)



西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回

8月5日日曜日の放送にて...。

とうとう、サブタイトルのごとく「三度目の結婚」へ...。


それは、先の"禁門の変"での戦いぶりあっての薩摩の京での悪評を返上して、戦をせずに長州征伐を終えることになった吉之助(鈴木亮平)が、およそ1年分ぶりに薩摩へ戻ってきてからのこと...。

藩主・島津茂久(長田成哉)は、吉之助を大いに褒め称えて、側役へ取り立てることになった。

国父・島津久光(青木崇高)も認めざるを得なくなるとともに、同じく側役として遅れを取るまいと一蔵(瑛太)も、焦りを隠せなくなって...。

吉之助は一蔵に打ち明ける。 幕府に日本国を任せられないこと。 長州征伐は、徳川家の脅威となる薩摩と長州を戦わせての弱体化の果てに、共倒れに追いやろうとすること。 すなわち、幕府が守りたいのは徳川家だけで、慶喜(松田翔太)がそれ巧みに利用しているということを...。

しかし、一蔵は反論する。 薩摩は幕政に加わることを願っており、もしも他藩から背を向かれて孤立してしまったら、長州の二の舞になってしまうであろう、と。

残念だけど一人でやるしかない、あっさりそうi言い切るかのように吉之助は、傍の川で鰻獲りに夢中になっている子どもたちのところへ向かって...。

ただ、この時は知らなかった。

ただひたすら無邪気に戯れる吉之助と子どもたちを遠くから微笑みながら眺める糸(黒木華)と、糸を遠くから気にかける一蔵の眼差しを...。


その夜の西郷家では、吉之助の帰りを祝う宴が開かれて...。

弟・吉二郎(渡部豪太)が園(柏木由紀)という女子を嫁にもらって久しく、身重であることから、妹・琴(桜庭ななみ)が手伝いに来るなど、皆それぞれ忙しさでいっぱいだったからか、西郷家の大黒柱としてぜひ嫁を貰ってほしいと、吉之助に迫るかのような勢いに...。

明くる日の朝早くからには、嫁になりたいと若い女子たちが立て続けに押しかけるありさま、庭先に列をなすまでに膨れ上がってしまい、吉之助には返す言葉が見つからないまま...。

それを打ち破るかのように、何と川口雪篷(石橋蓮司)が腰に酒のひょうたんをぶら下げたまま、ひょっこりと現われて...。

思わず吉之助は嬉しさいっぱいに駆け寄って、再会を喜び合った。 ようやく赦されてたった今、沖永良部島から帰って来たばかりという。

しかしながら、およそ12年余の島流しの歳月だった雪篷には、もう家も家族もない。 慮って家に連れて来た吉之助だったが、破天荒ぶりは相変わらずで、「下手な女子よりわしの方が役に立つ!!! わしを嫁にせぇ!!!」とわめかんばかりに、嫁になりたがるほかの若い女子たちを追い返してしまった。

奄美大島に妻と子がいること、潘の倣いで本妻にできないことを解かっていながら、琴も吉二郎も熊吉(塚地武雅)までもが、嫁を貰ってほしいと、吉之助に頼み込んで...。

吉之助はただひたすらためらうばかりだった。


明くる日の朝、突然呼び出しがかかって、鶴丸城に上がった吉之助は、3年も前に幕府と掛け合ってようやく取り止めたはずの参勤交代を、幕府からの命令を、久光から伝えられて...。

久光は苦々しさいっぱいに剥き出して、吉之助に言いがかりをつける。 たやすく長州をねじ伏せたことで、幕府から傲慢になっただのと悪く思われてしまったとして...。

すると吉之助は、咄嗟にひれ伏して、涙ながらに久光に詫びる。

あまりにも咄嗟のことで困惑しながらも怪訝そうな久光は、一蔵に参勤交代の中止に向けての朝廷への働きかけのため、京への出立を命じた。

吉之助と二人きりになった一蔵は、先の吉之助の言動を不思議に思って、尋ねてみた。

吉之助が打ち明けるには、近く幕府は再び長州を攻めるに違いないとのこと、もしそうなった場合は長州につくべきで、久光の心を動かすためだったら、媚びも売るし偽りの涙も流すという。


明くる日の朝より、一蔵は京へ向けて旅立った。

かたや吉之助は、福岡を廻って京へ旅立つ日の迫りつつある中でのこと、満寿(美村里江)に連れられた糸と父・岩山直温(塩野谷正幸)が、出世の祝いとして、酒と鯛を持って来てくれて...。

一蔵から頼まれた妻・満寿ならではの計らいだった。 西郷家の皆はもちろんのこと、雪篷までもが乗り気、吉之助と幼なじみであり糸の初恋相手でもあってか、互いにためらってばかりに...。

糸は、子ができなかったことを理由に離縁を言い渡されたとして、吉之助の嫁にふさわしくない、とそのまま家を飛び出してしまった。


明くる日に、吉之助は改めて岩山家を訪ねて...。

「糸どんさえよければ、あの家に来てくれもはんか?」

そう切り出した吉之助は、子のことは天に任せようと糸に優しく微笑んで話しかける。

しかしながら、糸には居所のない自身への憐みにしか、感じられないままで...。

意を決した吉之助は、糸にありのままを打ち明ける。 今の自分には女子を憐れんでいる暇はないこと、これから日本中が大きくひっくり返るとんでもないことをしようとしていること、一蔵には解かってもらえなかったとしても、糸ならば自分の途方のない夢を解かってくれそうな気がすることを...。

自分の使命を果たす心積もりとあって、吉之助は糸のように一人でも解かってくれる人がいたら心強い、と。

糸は優しく受け止める。

「よく解かりもした。 ...じゃっどん嫌です。 死んでしまったら...そげん恐ろしか話は考えられもはん」

吉之助は深々と一礼して、踵を返して去って行った。


明くる朝より出立して、旅姿の吉之助が甲突川の橋の上を歩いていると、糸が追い付いて呼び止める。

父・直温からもう二度と逢えないかもしれないと促されて、心を決めたという。

「あの家でお帰りを待っちょいもす。 西郷吉之助の嫁として新しか国を一緒に見たか。 ふつつか者じゃっどん、よろしくお願いいたしもす」

吉之助は優しい笑顔で礼を伝えると、踵を返して、京に向かって歩き始めた。

「西郷吉之助ー!!! ちぇすとー!!! きばれー!!!」

糸からの精一杯の叫びに、吉之助は喜びいっぱいだった。



岩山糸を演じる黒木華か...。


ますます深く魅せてくれるんだろうなあ。

日本演劇界きっての若手演技派女優の一人として...。


あの2017(平成29)年5月13日土曜日から7月8日土曜日まで全8回放送で、田郁原作・藤本有紀脚本のNHK土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』の主人公・澪ように...。


常日頃より信じて待ってくれているという前向きな気持ちを強く感じられたら、本当に嬉しくて心強くなるんだろうなあ。


特に、澪が毎回登場の趣向を凝らした料理の作り方を、毎回最後に魅せてくれるかのように...。

タグキーワード
2018-07-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます