西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第30回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第30回






西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第30回

8月12日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「怪人 岩倉具視」のごとく、早々より怪しげ、または妖しげ(?)な動きも???


吉之助(鈴木亮平)は、再び京へ戻って...。

参勤交代取り止めの願いの奏上をしてもらうために、近衛家を訪れたものの...。

近衛忠煕(国広富之)の息子である忠房(大窪人衛)は、全然浮かない顔のまま...。

なぜならば、今や孝明天皇(中村児太郎)は慶喜(松田翔太)にすっかり頼り切っており、ほかの者の言葉には耳を貸さないという。

そこへ、使者から手渡された文を手に取って目にした忠房は、顔をしかめて...。

「都を所払いされたヤモリからや」

無下に放り投げられた文を手にした吉之助は、"岩倉具視(笑福亭鶴瓶)"の名を目にするや、驚くことになって...。


数日を経て、一蔵(瑛太)の元へ出向いた吉之助は...。

「一蔵どん、こんヤモリ様に逢わせてくれんじゃろか」

借りてきた具視の文に記された「天子様も民も身分の違いのない、そういう世にしなければならない」との旨に感銘したという吉之助だったが、一蔵は先を読んでみろと言わんばかりにあきれた表情で...。

最後の金を無心する内容だっただけに...。

吉之助としては、どうしても納得できなかった。 岩倉具視といえば、およそ3年ほど前に天皇の妹・和宮と将軍・徳川家茂(勧修寺保都)との縁談を取りまとめて、亡き斉彬(渡辺謙)の遺志でもあった公武合体を推し進めた人物の一人だっただけに...。

しかしながら、その後の尊王攘夷派の公家たちの台頭の煽りで、具視は朝廷を幕府に売った大罪人として追い出されてしまい、貧しい蟄居の日々を余儀なくされてしまって...。

夜な夜な動き回っては金づるとなる獲物を探し求める"ヤモリ"という渾名の具視に、吉之助はますます興味を深めてゆく。


一蔵に連れられてほぼ朽ち果てた門の奥のみすぼらしい母屋で、吉之助と向き合うことになった具視は、貧しさにありながらも自身の警戒を兼ねながらの身の回りの雑事をこなしており、このままでは終わらないとの意気込みを口にして...。

絶句する吉之助をよそに、一蔵はそんな話は聞き飽きたと吐き捨てる。

すかさず諭すかのように、具視はつぶやく。

「偉そうに。 あのなぁ、あんたらみたいな刀を差した侍が威張り散らす世の中は終わるんや」

吉之助は、かの斉彬の言葉そのままであり、思った通りの人物であると感激して強く主張する。 幕府を倒さねばならないと考えているから、是非力を貸してほしいと、金子の包みとともに具視に頼み込む。

決して損はさせないこと、自身に尽くしてくれたら必ずいいことがあると、具視は上機嫌のまま食事を終えて、苦々しさいっぱいの一蔵をよそに、夕暮れ時になると、離れでの賭場へ吉之助を連れて行くことに...。

ところが、勢いのまま促された吉之助は、丁半で大負けしてしまって...。

ふと何気に目にしたところ、独り勝ちの頬かむりの男が、あの長州藩士・桂小五郎(玉山鉄二)と気づいて、吉之助は声をかけたものの、小五郎は頑なに背を向けようともしない。

というのも、この時の小五郎は、先の"禁門の変"を引き起こした大悪党とされたことでの幕府の御尋ね者として追われるばかりでなく、長州に帰ることですら許されぬ身の上にあって...。

かたや"日の本の英雄"とみなされている吉之助からの、長州と手を組んで幕府を倒したいとの訴えに押される中にあっても...。

かの"禁門の変"を境に吉之助を信じられなくなっており、長州を救えなかった自責の念もない交ぜになっている小五郎は、強く吐き捨てる。

「"薩賊"とは死んでも手を組めるか!!!」

咄嗟に一蔵は逆上して刀を抜くや、小五郎とあわや斬り合いの寸前で、具視が止めに入った。

小五郎は刀を収めて出て行って...。

吉之助は博打の借金のかたとして、具視の家での下働きとなってしまった。


庭掃除に鼠退治に追われて、溜息のつくことの多い吉之助は、何気に納屋の戸を開けたところ、うんざりするほどの山積みのがらくたからの中から、一つだけ黒光りしている長持ちを見つけて...。

そのまま蓋を開けてみたところ、烏帽子と雅な狩衣がきれいに畳んであって、横には公家はじめ薩摩や長州や土佐などに宛てたたくさんの書状が...。

驚いた吉之助が、そのまま一通を手にして読み始めるや、次々と読み耽ってゆくうちに夕暮れ時となって...。

「お前さん、掃除怠けて何しとるんじゃ」

具視から嗜められた吉之助は、驚きとともに深い考えを眠らせるのはもったいないと、強く訴える。 異国の迫る今だからこそ、日の本を一つとして国難にあたるべしであること、幕府が朝廷を悪用することあれば倒幕もやむなしということ、その時は薩摩と手を結ぶことを...。

具視はただの夢物語だと嘆くだけで、結局のところ、懸命に説得する吉之助を追い返してしまった。


数日を経て、吉之助は信吾(錦戸亮)と新八(堀井新太)と半次郎(大野拓朗)などの若い藩士たちを大勢引き連れて、具視の家の前に現れる。

驚く具視を前に、吉之助は懸命に訴える。 皆誰もが文を読んで、ここに来たいと申し出てのこととして...。

そこへ、具視の息子が現われて、天皇からの勅書を読み上げる傍ら、兄弟ともに戻ることのできたと打ち明けて、父・具視への御言葉も、そのまま伝える。

「岩倉は達者であるか。 朕は決して忘れてはおらぬぞ」

具視ははらはらと涙を流しながら、御所に向けてひれ伏せる。 そして、目をぎらぎらと光らせながら、吉之助に誓った。

「まろは必ず都に、天子様のおそばに戻る! このままでは終わらせへんで!」



京の下級の公家から己の才覚を大いに発揮して這い上がって、"維新の十傑"の一人として上り詰めることになる岩倉具視が、いよいよ...。


現在の京都市左京区岩倉からはじまっているのか...。


この年8月1日水曜日より発売の『岩倉具視 幕末維新期の調停者 (日本史リブレット人)』(坂本一登/山川出版社)に記されたような、大変革の時代ならではの、賛否を招きながらの国家建設に邁進する姿そのものが...。


2012(平成24)年3月21日水曜日より発売の『とうふ料理 京都人だから知っているおいしい食べ方』(藤野久子/講談社)に込められた、「ばんざいや豆魂」ならではの、ささやかな味わいも加わるとなると...。


まさに"鬼に金棒"???

タグキーワード
2018-07-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます