西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1) [ 福山雅治 ]
価格:19258円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-2(season2) [ 福山雅治 ]
価格:19731円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-3(season3) [ 福山雅治 ]
価格:15340円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-4(FINAL SEASON) [ 福山雅治 ]
価格:14705円(税込、送料無料) (2018/8/11時点)















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第31回

8月19日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「龍馬との約束」にて、いよいよ...。

あの新たなる展開なのか...。


と思いきや、さらなる難関に直面させられるかのようで...。


それは1865(慶応元)年5月からのこと...。

吉之助(鈴木亮平)は薩摩の軍艦・胡蝶丸に乗って、意気揚々と懐かしの家に戻ると、連れて来た土佐脱藩浪人・坂本龍馬(小栗旬)を、妻・糸(黒木華)に紹介して...。

悲しいことに、故郷・土佐にも戻れず、師匠・勝麟太郎(遠藤憲一)は江戸での蟄居となって、海軍操練所も取り潰しとなってしまって、吉之助に助けを求めることになってしまったという。

吉二郎(渡部豪太)と園(柏木由紀)の夫婦と、生まれたばかりの赤子、そして食客となった川口雪篷(石橋蓮司)からも、怪しげに見つめられる中で、龍馬は不思議そうに尋ねる。 どうしてこのあばら家に薩摩の英雄の西郷吉之助が住み込んでいるのか、と...。

家の者たちは答える。 多くの借金があるために、稼ぎはすぐに消えてしまうし、特に吉之助は貧しい者たちにすぐ恵んでしまう、と。

最後に糸は嬉しそうに打ち明ける。 周りに雨漏りをしている家があったとしても、自分だけ立派な家に住むことのできない人だ、と。

すっかり吉之助に惚れ込んだ龍馬に誰もが惹かれる中、咄嗟に屋根に上がるなり雨漏りを直してゆく龍馬を見つめながら、吉之助は日本の雨漏りを直したいとつぶやいて...。

しかし、龍馬からの返事は違った。

「わしは、こんな日本から早う抜け出して、世界を相手に商売をしたいがじゃき」

吉之助は龍馬の器の大きさに、ただひたすら目を張るだけだった。


明くる朝早くより、吉之助は鶴丸城上がって、国父・島津久光(青木崇高)と嫡男の藩主・茂久(長田成哉)へ言上する。 幕府の命に薩摩は従わぬが得策である、と。

久光は、一蔵(瑛太)からの命がけの進言に目を開かされたとして、言い放った。

「案ずるな! 薩摩は兵を出さん! わしらは幕府を見限ることにした!」

すかさず吉之助は、その場へ龍馬を連れて紹介する。 航海術に長けて軍艦を巧みに操る龍馬がいれば、戦の続いて痛手の大きい薩摩の海軍を立て直すことのできる、と。

「わしは商人ですき。 わしが仕入れたもんを、わしから買うてくれたら、幕府に目をつけられることもないぜよ」

無事に言上を終えてしばらく、吉之助は久光を命がけでを説き伏せてくれた一蔵に礼を伝えて、長州と手を組むことを申し出る。

しかし、一蔵は応じることもなく、ただ首を横に振るだけで...。

二人を察してか、長州に"知った顔"がいるから、薩摩と長州の手を結ばせるようにすると言い残した龍馬は、明くる朝早くに発っていった。


およそ1ヶ月を経て...。

京にたどり着いた一蔵は、長州征伐を止めるべく、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の元へ出向いたところ...。

すでに具視は待ち構えていたかのように、幕府の言いなりにならずに長州征伐を止めさせるため公家たちへしたためた書状を手に待ち構えており...。

書状と引き換えに一蔵から金を受け取った具視は、中川宮(なだぎ武)には気を許すなと忠告する。

しかし、一蔵が目通りしてみると、中川宮は金を受け取らないばかりか、快く力添えを約束してくれて...。

一蔵は、具視とは月とすっぽんだと、言葉にならないまま...。


一方、薩摩の吉之助の元には、土佐脱藩浪人・中岡伸太郎(山口翔悟)が訪ねて来て、龍馬からの書状を差し出しており...。

龍馬の打ち明けた"知った顔"とは、長州藩士・桂小五郎(玉山鉄二)のことであり、すでに逃亡生活の日々から赦されて長州へ舞い戻ったばかりでなく、藩の中枢へ返り咲いたという。その小五郎に、龍馬は薩摩の船を借りて異国から武器を買わないかと持ちかけており...。

しかしながら、幕府からは、長崎の商人たちに向けて、長州に軍艦や武器を売ってはならぬ、という厳しい御触れが...。

長州としては喉から手が出るほど武器を手に入れたい、吉之助は信用できる人物という龍馬からの言葉、とあって小五郎は薩摩への憎しみを抑えて、吉之助との面会を了承することになった。


ところが...。

龍馬と小五郎の待ち構えている長州へ発とうとした矢先のこと...。

京の一蔵からの火急の報せ。 将軍・徳川家茂(勧修寺保都)が上洛して諸藩を集めての軍議を開くという。 何と、先の戦での参謀役だった吉之助への列座が命じられており...。

このままでは再び長州征伐の命が下されてしまう。 吉之助は小五郎へ宛てた書状を武次(高橋光臣)に託して、急ぎ京へ向かった。


幸いにも、一蔵から公家たちへの懸命な働きかけあって、孝明天皇(中村児太郎)は再度の長州征伐を許さなかったものの、面目を潰されることになった慶喜(松田翔太)は面白くない。

軍議を終えて、慶喜は具視から中川宮へ宛てた書状を、吉之助と一蔵の前へ投げ捨てる。

そう、すでに慶喜と中川宮は秘かに通じており、すべては・・・吉之助の長州行き阻止のための慶喜の策謀だった。

しかも、正次は長州への敵視が昂じてか、書状を小五郎へ届けないままとなっており...。

鍵屋で吉之助を待ち受けていた龍馬は、せっかく歩み寄ろうとした小五郎の行く末を慮って、怒りと失望を交えて吉之助にぶちまげる。

「西郷さん、おまんは義理も人情も信用も、何もかも失うたぜよ」


打ちのめされている吉之助に、一蔵は慮りながらも強く発破をかけた。

「しかたがなか...天が味方せんときは、おいが味方してやる。 チェスト! キバれ!」



この『西郷どん』での西郷吉之助のちの隆盛は、土佐脱藩浪人・坂本龍馬と、互いに心を寄せ合う流れになりそうな予感の高まってきそうなものの...。



やはりあの、2010(平成22)年1月3日日曜日から11月28日日曜日まで全48回放送、大友啓史チーフ演出・福田靖オリジナル脚本のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で、福山雅治演じた主人公の土佐脱藩浪人・坂本龍馬の姿が、否応なしに忘れられないもので...。

あの長き約260年余の時代ともなれば、脱藩は万死に値する重罪とあって、佐幕派からも倒幕派からも、暗殺実行犯や黒幕の水面下における暗躍ぶりと怒涛の展開と緊張感が...。


自由に思いのままに動いて走り続けられる、人間の大胆な行動力ともなれば、誰だって求めたくなるもの...。

しかし、その代償についても、改めて考えさせてしまいそう。

タグキーワード
2018-07-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます