西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第32回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第32回




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

龍馬の洗濯 亀山社中から薩長同盟 (Siesta books) [ 高杉俊一郎 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/8/19時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長州ファイブ [ 松田龍平 ]
価格:2733円(税込、送料無料) (2018/8/19時点)



西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第32回

8月26日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「薩長同盟」といった、いよいよ待ちに待った瞬間が...。


それは、振り返ること亡き大老・井伊直弼(佐野史郎)が独断で異国と結んだ通商条約の締結から...。

勅許を得ないまま7年の間、幕府が異国からの開国の要求を引き伸ばし続ける中のこととあって...。


とうとう痺れを切らせることになってしまったイギリスとフランスとオランダが、連合艦隊を編成して、兵庫港の開港を迫ることになってしまった窮状を、慶喜(松田翔太)は見逃さなかった。

時は1865(慶応元)年9月、長州征伐の勅命を引き出そうと、孝明天皇(中村児太郎)へ巧妙に揺さぶりをかけることになって...。


岩倉具視(笑福亭鶴瓶)は、吉之助(鈴木亮平)を責め立てる。 早めに長州と手を結ぶ段取りを整えていない、と。

見かねた一蔵(瑛太)が冷静に諭す。 他藩が幕府に従うべきか背くべきか見極めようとする中だけに、このままでは幕府の勝ちであると畳み掛けてくるだろうとの見込みとして...。

そこへ、一蔵の持病の胃痛が始まるや、咄嗟に吉之助が居宅へ連れて行くと、何と待ち受けていたのは繁の家の芸妓・おゆう(内田有紀)が...。

どうやら一蔵の妾になったらしいとの察しの束の間、吉之助は一蔵から書き溜めた書状を見せられることに...。

一蔵は強硬に訴える。 帝が許したとしても、天下万民を納得させられないものであれば、従わなくても良い。 長州再征伐の勅命など勅命でない。 この写しを天下に広めるとして一歩も引かない。

このままでは、朝廷と幕府の両方から追われて日本中から命を狙われてしまうことを恐れた吉之助だったが、一蔵の一歩も引きそうにない強き想いを慮って、とうとう肚を括ることとなった。


こうして書状の写しが諸藩の藩士から公家へと広まる中で、慶喜の激怒も虚しく、長州再征伐は慎重を余儀なくされてしまうことになって...。

すでに書状は、英国留学を終えて戻ったばかりの長州藩士・伊藤俊輔(のちの博文)[浜野謙太]、そして小五郎(玉山鉄二)の元にも、それぞれ届いており...。


ほぼ同じ頃には、九州・長崎の龍馬(小栗旬)にも書状が...。

吉之助を諦めの悪い男と苦笑いする中、すでに龍馬は亀山社中という貿易結社をつくって、物資の運搬やイギリス貿易商トーマス・グラバーから武器を仕入れる活動に忙殺されており...。

そこへ、突然訪ねてきた吉之助と向かい合うことになった。

吉之助は、薩摩の名で買い揃えた武器と軍艦を長州へ引き渡す代わりに、凶作で苦しむ薩摩の民たちのために長州からの米を融通してほしいと、切々と訴える。

面白い取引の仲介と受け止めた龍馬は、同じく土佐脱藩浪人・中岡慎太郎(山口翔悟)とともに、直ちに長州へ出立することに...。


ようやく長州にたどり着いた龍馬と慎太郎だったが、もう二度と騙されないし信用もしないとの小五郎の強情さに変わりはなく、薩摩との取引を頑なに拒むばかりで...。

龍馬は悔しさを抑えながら、グラバーから預かったイギリスに留まる長州藩留学生からの文を、俊輔へ手渡した上で、引き上げて行った。


明くる年の1866(慶応2)年1月となって...。

苦渋の決断を下した小五郎が俊輔を連れて、龍馬とともに京の鍵屋へ現れて...。

待ち構えていた吉之助に手渡された書付には、薩摩は決して長州を裏切らず、長州の朝敵という汚名をそそぐべく尽くするようにとの条文が記されていた。

吉之助は、明日までに考えさせてほしいと伝えて引き上げたその足で、家老・小松帯刀(町田啓太)と桂久武(井戸田潤)のいる薩摩藩邸へ入って...。

帯刀は、長州からの助けを求められて、薩摩が受け入れた形でなければならない、との条件を出す。


明くる朝になって、小松邸に一同が揃った直後のこと...。

咄嗟に格之助(北村有起哉)と正次(高橋光臣)が、若き藩士たちを率いてなだれ込んで来るや、長州と手を組んで薩摩まで朝敵にするのかと、怒りをぶちまげる。

吉之助は怒号で一喝した。

「ええかげんにせんか!!! おはんらが変わらねば、こん国は変わらん!!! そいが解からんもんこそが朝敵じゃ!!!」

そして吉之助は、一枚の写真を皆に見せる。

それは、書付に添えられたイギリスでの長州と薩摩それぞれの留学生たちが、一斉に集う写真だった。 遠い異国では長州も薩摩も関係なしに助け合う、日本という一つの国の民であることを示しており...。

心打たれてひたすら頭を下げる吉之助と一蔵とほかの藩士たち、そして二人の家老までもがひたすら頭を下げる姿から、小五郎は受け止める。

「...こりゃ、我らの完敗じゃな、伊藤。 西郷君...よろしゅう頼む」

小五郎は吉之助に手を差し出して、互いに固い握手を交わした。


こうして、久武の記した条文に、薩摩と長州の両藩はともに力を合わせて、日本のために真心をもって尽くしていく、という一ヶ条が書き加えられて、1月21日、世に言う"薩長同盟"が結ばれることになった。



とうとうここまでに...。


あの激動の時代を駆け抜けていった多くの志士たちからすれば、まさに青天の霹靂で...。


そして、諸藩の上層部からすれば、討幕派佐幕派関係なしに、一気に急転直下するかのような衝撃ということになるんだろうなあ。


ましてや、修復不可能に近い犬猿の仲同然だった薩摩と長州ならば、なおさらのことで...。



この双方ともに一気に触発されて高まってゆくかのような勢い...。

これまでの人知れずの着実な積み重ねが、大きかったんだろうなあ。



高知市菜園場町の「肉の宝石・土佐和牛芸術倶楽部」からの名物料理【龍馬が愛した軍鶏鍋セット】の、あらゆる煮込みいっぱいのように...。


2005(平成17)年3月より発売の『龍馬の洗濯 亀山社中から薩長同盟』(高杉俊一郎/アガリ総合研究所)に記されている、脱藩してからの諸藩の志士たちとの交流における青春群像、勝麟太郎のちの海舟との出逢いと触発、総合商社としての活動ぶりのように...。


何よりも、結末における薩摩と長州の雪解けを強い後押しすることになった写真か...。

つい思い出してしまった。

あの2006(平成18)年10月28日土曜日より山口県・北九州市にて先行公開となって、翌年2007(平成19)年2月10日土曜日より全国公開、第40回ヒューストン国際映画祭参加となった映画『長州ファイブ』を...。

特に、中盤にて何気に関わり合うことになる、薩摩藩英国留学生との静かなる交流の積み重ね、忘れられないものがあって...。

余談ながら、『西郷どん』での北村有起哉が演じたのは、かの長州ファイブの一人で、長州藩士・井上聞多のちの初代外務大臣・井上馨としての見所もあって...。



いずれにせよ、ささやかながらも末永く語り継がれて、大切にされ続けることになるんだろうなあ。

本来の歩み寄りのあり方の大切さとともに...。

タグキーワード
2018-08-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます