西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第33回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第33回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超ビジュアル!歴史人物伝坂本龍馬 [ 矢部健太郎 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆけ、おりょう [ 門井 慶喜 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋に効くパワースポット温泉/山崎まゆみ【1000円以上送料無料】
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鮫島屋 温泉さつまあげ 300g
価格:1490円(税込、送料別) (2018/8/23時点)



西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第33回

9月2日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「糸の誓い」とは...。

いよいよ糸(黒木華)にとっての、待ちになったかけがえのないひとときを迎えることになるのかなあ。

もちろん、それは夫・西郷吉之助(鈴木亮平)にも、言えることであって...。


はじまりは、あの薩長同盟が結ばれてから、わずか2日過ぎての夜遅くのことからで...。

突然、奉行所の捕り方が、龍馬(小栗旬)の泊まる京の伏見の寺田屋へ押し入って...。

幸い新妻・お龍(水川あさみ)の機転があって、かろうじて龍馬は脱出したものの、襲われた時に龍馬の左手に負わされた傷が、思った以上深くて、やむを得ず夫婦ともに薩摩藩邸へ匿われることになった。

吉之助(鈴木亮平)は龍馬にべったりのお龍を気遣いながらも、いつも龍馬と一緒にいるお龍も御尋ね者になっていると、打ち明ける。


1866(慶応2)年2月29日、吉之助は龍馬とお龍と一緒に薩摩藩船・三邦丸に乗り込んで、薩摩へ向かった。

薩摩にたどり着いた3月10日、吉之助は懐かしの西郷家へ龍馬とお龍を連れて帰り着いて、突然のことにそわそわしながらの糸の出迎えを受ける。

ほどなく寺田屋でのいきさつを聞かされることになった糸が席を外して、何気に気にかけた満寿(美村里江)へ、ありのままを打ち明ける。 どれだけ危ない時であっても、傍に寄り添って夫を助けられる女子が羨ましい、と。

二人の会話を耳にしたお龍が、吉之助に打ち明ける。

「奥方様は、西郷はんが、京に女子でもいてはるんやないかて、心配してはるんどすえ」

吉之助は驚いて打ち消したが、迂闊にも満寿に目をやってしまい、満寿は夫・一蔵(瑛太)に妾のいることを察してしまった。


皆が寝静まっての真夜中に、吉之助は龍馬との秘かな話し合いへ...。

今度、久光(青木崇高)の命で、薩摩にイギリスの公使パークスを招くにあたってのことで...。

薩摩はイギリスを味方につけて、折しもフランスの近づいている幕府が長州に目を向けている間に、力を蓄えたいから、パークスをもてなすための知恵を龍馬から貸してほしい、と。


一方、京に残っていた一蔵は、大坂城の慶喜(松田翔太)から呼び出されており...。

すでに諸藩へ向けた二度目の長州征伐の命を、一蔵はきっぱりと断った。

慶喜は驚きとともに顔色を変えた。 しかし、将軍・家茂(勧修寺保都)が病に倒れて、病状の一進一退の繰り返しとあって、長州征伐の士気に関わる内容を厳重に秘匿するしかなかった。


幕府が長州を征伐した後で、矛先は薩摩に向かうとの予感の高まってゆく中で...。

パークスを歓待する吉之助に、幕府軍が長州への進軍を始めたと、帯刀(町田啓太)らが報せて来て...。

幕府軍は長州軍の敵にもならないとの帯刀の見込みだったが、吉之助は安心できない、と...。

そこで龍馬は、長崎へ戻るついでに下関の様子も見て行くと申し出て...。

明くる朝、龍馬がこっそりと家を出てほどなく...。

咄嗟に察したかのように、寝間着姿のお龍の飛び出しを見かねて、糸が今ならまだ追いつくと自身の羽織を、お龍の背に着せて...。

「おおきに。 お互い、難儀な男に惚れたもんやな」

お龍は糸に頭を下げると、龍馬の後を追いつくべく走り去った。


6月7日、10万の幕府軍は僅か3千5百の長州軍を攻め込んだが、逆に苦戦を強いられてしまった。

数日を経て、薩摩を訪れたパークスを、久光は上機嫌で出迎えて...。

さらに数日をかけて盛大に催されたもてなしの宴にて、誰もが万事順調と安堵する中でのこと...。

突然パークスが激昂して、藩主と一対一で話がしたいとぶち上げる。

久光を行かせない代わりに、吉之助は通訳の藩士だけを連れて、パークスの軍艦へ乗り込んで...。

パークスが打ち明けるには、宴ばかりで本題を切り出さない薩摩だけではなく、将軍と帝という君主の二人いる国に戸惑ってしまって、誰と真の友好を結べばいいのかとのことだった。

吉之助は強く訴える。

「薩摩です。 薩摩が天子様の下に、この国をまとめてみせもす。 この西郷がやりもす」


パークスからの信用を勝ち取ることになって、吉之助が意気揚々と家へ帰ってきた夜遅くのこと...。

糸から愛加那(二階堂ふみ)のことを尋ねられた吉之助は、正直に打ち明ける。 一度死んだ自分を再び生かしてくれたのが、愛加那であることを...。

糸は大切な女子へ嫉妬してしまった自分に恥ずかしいと、正直に打ち明けて...。

吉之助は愛おしさいっぱいに糸を受けとめる。


10月になって...。

再び京へ上ることになった吉之助に、嬉しきはなむけが...。

糸が子を授かったという。

糸をお腹に手を当てながら、晴れやかな旅立ちの夫・吉之助を笑顔で見送りながら、強く呼びかけた。

「この子とともに待っちょいもす。 じゃで、旦那さぁ!!! チエストー!!! キバれー!!!」



この度の一連の張本人ともなる土佐脱藩浪人・坂本龍馬の存在は、やはり好む好まざる関係なしに、見逃せないもので...。


まず、2016(平成28)年7月7日木曜日より発売の『超ビジュアル! 歴史人物伝 坂本龍馬』(矢部健太郎/西東社)での、本人ならではのありのままは、もちろんのこと...。


同年8月10日水曜日より発売の『ゆけ、おりょう』(門井慶喜/文藝春秋)での"内助の功"も、かけがえのないものとして、夫の目指すより良い世へ向けての躍動感を、強く後押ししており...。


そして、あの深手を負わせられながらも死線をかいくぐってゆくかのような、2015(平成27)年5月15日金曜日より発売の『剣士坂本龍馬の強さと戦略。 寺田屋事件での異常な胆力。 何故、龍馬は遭難当夜の近江屋で大刀を選んだのか? 10分で読めるシリーズ』( 岡本洸聖・MBビジネス研究班/まんがびと)でのひととなりも、強く際立っているともなれば...。



それらを踏まえた上での特筆すべきと言ってもいい(?)のは、およそ83日間の薩摩での逗留を終えてからで...。

そう、二人が治癒を兼ねての温泉療養とともに、霧島山・日当山温泉・塩浸温泉・鹿児島などをめぐったという、日本最初の新婚旅行が...。


現在そして近未来に向けてならば、大阪府大阪市中央区東心斎橋の「アンバリッド」の【選べる全国有名温泉 1泊2食付ペア宿泊プラン】も、その一つなのかなあ。

何よりも、自由に選択できるのが、嬉しいもので...。

いずれにせよ、かの時代からすれば、激動真っ只中なだけに、まさに先取りするかのように画期的なのかもしれないや。


もちろん、2010(平成22)年10月26日火曜日より発売の『恋に効くパワースポット温泉』(山崎まゆみ/文藝春秋)に込められた想いも加わるともなれば...。



餞別としては、やはり霧島の温泉水での丁寧に練り上げた無添加の【鮫島屋 温泉さつまあげ 300g】ならではのやさしい味わいが、一番かなあ。

タグキーワード
2018-08-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます