西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二条城を極める [ 加藤理文 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

近江屋一八六七年 百五十年の真相 [ 高井忍 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜馬暗殺<HDニューマスター版> [ 原田芳雄 ]
価格:3313円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜馬暗殺<HDニューマスター版>【Blu-ray】 [ 原田芳雄 ]
価格:5030円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)









西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回

9月16日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「戦の鬼」とは、いよいよ...。


ことのはじまりは、1867(慶応3)年5月4日、越前藩邸で開かれた四候会議にて...。

かの4人[越前福井藩主・松平春嶽(津田寛治)、前土佐藩主・山内容堂(大鷹明良)、宇和島藩主・伊達宗城(長谷川公彦)、薩摩藩国父・島津久光(青木崇高)]それぞれの思惑と感情の絡み合いあって、議事のなかなか進まないのをいいことに、慶喜(松田翔太)が上手く利用して...。

「まずは、長州の処分について話そうではないか」

事前の吉之助(鈴木亮平)との打ち合わせあって、久光はかの"薩長同盟"の約束通り、長州の復権を先に切り出す心積もりだったが、慶喜は淡々と切り返す。

「肝心なのは、兵庫の港を開くかどうかにありましょう。条約の期限も迫っております。これについて御意見をお聞かせ下され」

陪席していた吉之助は、自身の迂闊さを突き付けられたが、もはや後の祭り、春嶽と容堂は慶喜の意見に賛同することになって...。

久光が口を挟むも虚しく、激しい言葉の応酬に呑みこまれたまま、結局のところ何の答えも出せないまま、虚しく終わってしまった。


四候会議を踏まえて行われることになる朝議も、なし崩しだった。

まず容堂が急病と称して抜けたことで、久光も宗城も春嶽も相次いで抜けることになって...。

それでも慶喜は、春嶽引を引っ張り出したばかりでなく、久光の代わりに帯刀(町田啓太)を座らせた上で、徹夜で行なわれた朝議にて、延々と一人しゃべり続ける。 今の日本にとって兵庫の港を開くことが、どれだけ必要なのか、他国にどのように言い訳するのか、執拗に問いかけ続けることに...。

とうとう皆が疲れ果ててしまうのを見計らってか、慶喜は摂政・二条斉敬から、兵庫の開港の勅許をもぎ取ってしまった。

吉之助は人知れず深い溜息をつくだけだった。


6月22日、改めて奮い立たせた吉之助は、土佐藩参政・後藤象二郎(瀬川亮)と土佐脱藩浪人・坂本龍馬(小栗旬)と会合を開いて、大政奉還の要求と新政府構想を約した"薩土盟約"を結んだ。

ただ悲しいかな、かの二人の主君・山内容堂に慶喜という人物への警戒心が全くないことに加えて、龍馬にも一度も会ったことはないという。

7月には大坂へ行き、イギリス公使館通訳・アーネスト・サトウからは、幕府を倒すならば武器や兵を用意すると伝えられる。

すでに英国史を何冊か読み終えている吉之助は、内心身構える。 西洋というの国の多くは、そのような親切な言葉で巧みにすり寄って資金や武器を貸して、内乱を起こさせていつしか国を乗っとるであろうと。

自分らの国の問題は自分らで解決せねばならない、そのくらいのことはできるはず、との強い想いの吉之助は、慶喜にその気概があるかどうか不安に駆られてしまった。きっと慶喜も同じことをフランスから伝えられているであろう。 もしそうならば、強い誇りや気概をもって抗ってくれるのだろうか...。

吉之助は、今一番すべきことは何か、倒幕のためにすべきことは何か、考えに考えを深める。 まだ幼い新天皇は自身の判断を下せずに、周りの公卿たちからの意見が必要であること。 倒幕に熱心な公卿たちへの働きかけには、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の力が絶対に必要であること。 すでに具視は、天皇の外祖父・中山忠能たちの同意を得ることに成功しており...。

こうしてじわじわと事は極秘のうちに進んで、ついに薩摩と長州へ討幕の密勅は発せられることになった。


あとは慶喜を追い詰めるだけとなり、10月14日の日付での密勅の請書を、吉之助と一蔵(瑛太)と帯刀の連名での差し出しの運びとなった矢先のこと...。

10月13日、京にいる10万石以上の諸藩の重臣50人余が、二条城に集められて、慶喜は大政奉還を宣言した。

明くる日には、朝廷へ上表が提出された。

それには、徳川家の時代となって足かけ200年余も朝廷に奉公して、大きな恩をいただいた今ながら、このような事態になってしまったのは、自分の徳の至らなかっためだ、と記されており...。

龍馬は涙ながらに吉之助へつぶやいた。

「西郷さん、上様はわしら土佐の者たちが提出した建白書を真摯にお受け止めくださったがです。 わしゃ、この方のためなら命を投げ出してもいいと思うちょります」

釈然としない吉之助は、「そいは違っ。坂本さぁほどの方が、あん慶喜公の策略が読めんとは」と、ふつふつと沸き立ってくる怒りとともにつぶやいて...。

それでも龍馬は、戦を起こさないようにと考えに考え抜いた決断だったと、言い返す。

吉之助も負けてはいない。

「いや、あん頭のよか方は解っちょ。 政権を返したところで、今の朝廷に何の力もなかと。 そん証拠に、将軍職をどげんするかについて、何も言っておらんど。 徳川は、多くの兵と領地を有したままじゃ。 奉還とは名ばかりで、こんままでは何も変わらん」

咄嗟に言い返そうとした龍馬だったが、ふと何か思うことあってやめると、そのまま黙って立ち去ってしまった。


それから、おそよ1ヶ月を過ぎた11月15日...。

坂本龍馬は同じ土佐脱藩浪士・中岡慎太郎(山口翔悟)とともに、京の近江屋にて暗殺されてしまった。

龍馬享年31歳。 慎太郎享年30歳。


吉之助はまたまた戦友を失った悲しみに打ちひしかれてしまって...。

それでも、政が自身を中心に少しずつ渦巻くかのように動き始めるや、多くの志士たちが次々と言うことに耳を貸すようになる中で...。

「徳川家は諸侯の一員となり、官位一等をくだし領地を返上し、陛下に罪を謝し奉るべきなのだ」

吉之助が薩摩の藩兵3千を京に送っての12月8日の真夜中、禁裏のすべての門が閉められた。

そして翌日12月9日、"王政復古"の大号令が発せられ、新政府が樹立した。


一連の岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の御膳立ての続く中、二条城から大坂城へ会議が移って、じりじりと時の過ぎゆくとともに、吉之助は静観の構えを崩さない。

あの日の龍馬のように、容堂や春嶽からは、強く訴えられる。

「将軍が全権を手放したのだ。どうしてこの重大さが解らないのだ。しかるべき役職を与え、今後の政治に参加してもらうべきであろう」

そんなことはできぬと、吉之助は突っ撥ねる一方で...。


慶喜は、世間の同情の声が次第に高まっていくのを待っていた。


このまま慶喜が政の多くを握り続けるのか、それとも薩長が旧幕府勢力を倒すのか。

民衆は、もう何年も不安と貧困の中に焦れている。

もう時間がない。慶喜を動かさなくてはいけない。

「おいは鬼になっ」

そして薩摩藩士・益満休之助を呼び出して、極秘の命を与える。

江戸に下って、どこの藩でもいいから浪士を500人ほど集めて、市中の商家を襲って火を放つ。 小さいところは焼けると潰れるかもしれないので、大きなところを狙い、かつ薩摩の仕業だと解るようにしろ。


年が明けての1868(慶応4)年1日1日元旦...。

吉之助が一人で正月の膳に向かい、海老芋に箸をつけようとした時だった。

江戸からの急ぎの報せがもたらされた。


芝の薩摩藩上屋敷が焼き討ちに遭ったとのことで、江戸市中取締りを任された庄内藩の仕業だという。

何と、益満の雇った浪士たちが火をつけたのは大店だけではなかった。

町屋にも放火し、強姦や暴虐の限りをつくし、その逃げた犯人を追いかけたところ薩摩藩邸にたどりついたので、報復のため屋敷に火が放たれたらしく...。

歯止めのきかない浪士たちが勝手に暴走しまくる中で、市中を護る庄内藩兵や旗本たちが立ち上がって、芝の薩摩藩上屋敷を焼き討ちにしたという。


幕府方の怒りが限界を超えた。

そしてようやく慶喜が動き出しすや、薩摩だけを討つ命を下し、1月2日、1万5千の大軍を京に向かわせる。


吉之助の待ち望んだ戦が始まろうとしていた。



とうとう"大政奉還"となって...。


特に、かの舞台の二条城では、当時の厳かながらの秘かなありとあらゆる諸藩の思惑の繰り広げられた光景が...。

2012(平成24)年8月発売の『二条城を極める』(加藤理文/サンライズ出版)、改めて目を通すことになるだろうなあ。

もちろん、現在や近い将来における雅な光景への想いも...。



次に、大政奉還と同等に値する歴史的出来事、土佐脱藩浪士・坂本龍馬と中岡慎太郎の暗殺...。


2017(平成29)年11月1日水曜日より発売の『近江屋一八六七年 百五十年の真相』(高井忍/文芸社)とともに...。


やはり忘れられないのが、龍馬の暗殺されるまでの3日間を描いた時代劇映画。 1974(昭和49)年8月3日土曜日より公開のATG・映画同人社提携作品。 黒木和雄監督・清水邦夫脚本・原田芳雄主演映画『龍馬暗殺』も...。

かの龍馬は、質屋の倅で、常に刺客に狙われており、近視でのぞきが得意。 亡き怪優・原田芳雄がじっくりと魅せてくれて...。

中岡慎太郎は、竜馬の親友で庄屋の倅であり、この度の『西郷どん』での川口雪篷役の怪優・石橋蓮司がじっくりと魅せてくれて...。

そして、二人に関わる謎の男・右太を、当時時代劇初出演で、あの亡きカリスマ俳優・松田優作がじっくりと魅せてくれて...。



これらすべてを踏まえて...。


今からおよそ290年前から拓かれた近江屋にはじまって、山階宮からは「茶を一つ保つ」ようにとの想いから「一保堂」の屋号を頂いて久しく...。

抹茶をはじめ、玉露・煎茶・番茶などの日本茶への想いあふれて、京都・寺町二条に本店を構える日本茶専門店「京都・一保堂茶舗」の【京都・一保堂茶舗 玉露・煎茶詰合せ(鶴齢・芳泉)】が...。


もちろん、高知市大津乙にて1917(大正6)年より創業して以来、少しずつ磨きをかけ続けた土佐料理発祥店「土佐料理司」自慢の【極上一本釣り 鰹たたき 2本入りセット】も...。



日本の近未来への強きかつ熱い想いが、永遠でありますように。

タグキーワード
2018-08-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます