西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸と江戸城 (講談社学術文庫) [ 内藤昌 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸城 白
価格:1350円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸城 黒
価格:1350円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

▼大湯まんじゅう▼10個入
価格:1080円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入


西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回

9月30日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「江戸無血開城」ともなれば、とうとう...。


すなわちそれは、1868(慶応4)年3月14日のこと...。

そう、2日目にてはじまった、勝海舟(遠藤憲一)と西郷吉之助(鈴木亮平)との本格的な会談にて...。


唐突に海舟から吉之助へ口火を切った。 江戸城も軍艦も武器も新政府に明け渡すけど、慶喜(松田翔太)の備前岡山藩預かりだけは、絶対に承服できない、と。

吉之助は、かつての主が慶喜の弟であるから、決して案じることはないと、言い渡す。

それでも海舟は食い下がる。

「いくら弟といっても、藩の意向でそちらに恭順を示すとなれば、慶喜公に腹を切れと言うかもしれねぇ。 いや、家臣の手によって慶喜公は殺られるかもしれん。 ここはご実家の水戸お預かりって事にしてくれませんかね」

吉之助はしばらく海舟と見つめ合った。 何日か前の山岡鉄舟(藤本隆宏)の時と同じように...。

「わかりもした」

そう答えた吉之助は、江戸城総攻撃の即時中止を約束するとともに、有栖川宮熾仁親王東征大総督への伺いを立てるための、駿府への出立を打ち明ける。

ようやく海舟は初めて笑顔を見せて立ち上がった。

吉之助は手を付いて深々とひれ伏して、感謝の言葉を静かに伝える。

「勝先生。この度はお忙しいところ、遠方まで来ていただき、ありがとうございもした」

かの鉄舟のつぶやいた、勝者と敗者は呆気なく入れ代わってしまうものだ、という厳しく儚い現実を、否応なしに突き付けられながら...。


明くる年の1869(明治2)年...。

西郷一家が、薩摩の上野園の借家から武村に移り住んでほどなく...。

奄美大島で育った菊次郎(城桧吏)が引き取られて...。

すでに西郷吉之助から名を改めた西郷隆盛は、正三味という栄誉を辞退した上で、薩摩へ里帰りしており...。

この頃には、隆盛と糸(黒木華)と寅太郎、先の戊辰戦争で討ち死にしてしまった吉二郎(渡部豪太)の妻・園(柏木由紀)と2人の子ども、信吾から名を改めた従道(錦戸亮)の妻、すでに食客同然となった川口雪篷(石橋蓮司)、下男の熊吉(塚地武雅)に数十匹の犬、といった賑やかさでいっぱいに...。


折しも、大久保一蔵から名を改めた大久保利通(瑛太)の主導とあって、江戸から名を改めた東京という都としての新たなる国家の設計図を具体化させようとした矢先のこと...。

先の海舟との会談では、言いなりになり下がった、徳川を徹底的に潰さなかった、といった政府内での非難轟々ぶりに、隆盛は嫌気いっぱいになってしまって...。


この頃の隆盛は、愛犬や我が子とともに野山を駆け回り、月命日には斉彬(渡辺謙)の墓に詣でる日々...。

充分過ぎるほど心も身体も満たされていた。


1871(明治3)年3月には、午次郎が生まれて...。

ある日のこと、すでに兵部権大丞兼陸軍掛となった従道が、久々に帰ってきて...。

しばらくの心地良いひとときを経て、従道は打ち明ける。 妻・清子をこのまま東京へ連れて行きたいと。

すかさず隆盛が、菊次郎を東京へ連れて行ってほしいと頼み込む。

咄嗟に糸は止めに入る。 まだ11歳ならではの不安を切々と訴えて...。

それでも隆盛は、糸を愛おしそうに見つめながら諭してゆく。

「郷中の若い二才にせたちも、次々と東京へ行くこともあっじゃろう。 早かか遅かかの違いじゃ」


吉之助が菊次郎を連れて、東京にたどり着いて間もない頃のこと...。

利通と土佐の板垣退助(渋川清彦)が、訪ねて来て...。

「吉之助さぁ、何とか力を貸してくれ」

利通は目を血走らせながら強く訴える。 ここで一気に廃藩を強行しなければ、新しい国づくりはできない。おそらく多くの反対が起こって、もしかすると戦も始まるかもしれない。それでも、ここで藩や藩主というものを消滅させなければ、一体何のために幕府を倒したのか解からない。

隆盛はつぶやいた。

「おいは最後の最後、ちゃんと始末をつけていなかったとかもしれん」

すべて終えたら薩摩へ帰ることを、心に誓って...。



ここより本当の時代の変わり目になるのか...。


旧き良き江戸ならでは武士の時代の終焉のはじまり...。

新しき東京からの"和魂洋才"としての時代のはじまり...。



それだけに、敢えて一旦振り返ってみたくなった。



まず、2013(平成25)年3月12日火曜日より発売の『江戸と江戸城 (講談社学術文庫)』(内藤昌/講談社)に、目を通してみることは、もちろんのこと...。


洒落た夢見心地で、あの「浅草Sparkle」からの【お土産Tシャツ JAPAN T 江戸城 白/黒】を身に纏ってみて...。


じっくりと味わってみたいなあ。


あの室町幕府初代将軍・足利尊氏の子孫として、江戸時代には大名として受け継がれて...。

すなわち"喜連川足利氏"の江戸城中おける席次では、御三家の次に位する"喜連川公方"として久しく...。

そう、現在の栃木県さくら市喜連川「紙屋菓子店」からの【ふるさと納税 喜連川公方最中 16個】を...。


江戸時代からの名湯、熱海大湯に伝わる名物菓...。

初代将軍徳川家康公よりの湯治場として天下一の温泉として幕府の直轄地となってから...。

かの熱海大湯より伝わる名物菓の流れを汲んで久しく、現在の静岡県熱海市網代にて1872(明治5)年創業の「菓子舗間瀬」からの【大湯まんじゅう 10個入】を...。


忘れられないだろうなあ。

タグキーワード
2018-09-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます