西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回 第43回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回 第43回




西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回 第43回

11月11日日曜日放送の第42回では...。


いよいよ、サブタイトル「両雄激突」そのものの目の離せない展開へ...。


時は1872(明治5)年の年の瀬から...。

東京の隆盛(鈴木亮平)の母屋には、菊次郎(今井悠貴)とともにアメリカへの留学となる、琴(桜庭ななみ)の長男・宗介が身を寄せる日々の中でのこと...。

岩倉使節団が日本を出ておよそ1年過ぎたロンドンの利通(瑛太)からの手紙が...。

同封された自身の頬から顎にかけての長い髭の顔写真が切々と訴えるかのように、アメリカで全然相手にされない悩みのありのままが綴られており...。


年明けての1873(明治6)年間もなく、菊次郎と宗介がアメリカへ旅立った。

アメリカにおける大勢の豊かな農民たちから学んでほしい、作物や牛馬の育て方が学問として成り立っているありのままを肌で感じてほしい、といった隆盛からの強い願いいっぱいの後押しを背に受けながら...。

しかしながら、無情にも隆盛の預かる留守政府では、先の"山城屋事件"での追い風とともに、土佐と肥前の面々が主導権を握り始めての、それぞれの主張が目立つようになって、まとまりを欠いており...。

政府を信用してもらうためには、国と民のためになる改革を行なって、成果を出さなければならないと、隆盛が覚悟を固めてゆく一方で....。

陸軍小輔となった弟・従道(錦戸亮)は、岩倉使節団の帰国まで新たな政策を行わないとの盟約の破られるのを恐れており...。

隆盛は従道に優しく諭す。

「心配いらん。すべてが国と民にとって、より良くなる政策じゃ。一蔵どんも解かってくれる」

兄のゆっくり休んでいる姿も長い間見たこともなく、不健康そうに太った背中を目の当たりにしながら、従道は返す言葉も見つからず、心配そうに見送るだけだった。


隆盛の入った会議室では、司法卿・江藤新平(迫田孝也)をはじめ、左院議員の後藤象二郎(瀬川亮)と、参議の板垣退助(渋川清彦)と大隈重信(尾上寛之)が、秋田の銅山を不正に差し押さえて私服を肥やそうとしているとして、大蔵大輔・井上馨(忍成修吾)に詰め寄っており...。

隆盛も辞職を迫るや、太政大臣・三条実美(野村万歳)がうろたえる中とあって、意を決して宣言する。 岩倉使節団の帰りは待っていられない。これからは皆が一枚岩となって、政策を推し進めてゆくとして...。

こうして、薩摩1人、土佐2人、肥前3人、といった参議からなる新たな体制がはじまって、学制、地租改正、徴兵令、といった近い将来へ.つながる新たな政策を打ち立ててゆく。


しかしながら、無情に打ち砕くかのように、5月5日の深夜、宮中から火の手の上がったとの報せが...。

隆盛が皇居である西の丸御殿に駆けつけたところ、女官や侍従たちが恐怖のまま逃げ惑っており...。

ためらうことなく隆盛が火の中に飛び込んで救い出した甲斐あってか、帝は無事に避難することになって...。

結局のところ、火はおよそ3時間も燃え続けて、宮殿は消失してしまって、太政官庁まで延焼する大火事となってしまった。

これまで溜まっていた疲労の噴き出してしまった隆盛は、皆からしばらく休むように諭されて、床に臥せるしかなかった。


それからほどなく、床に臥せる隆盛の長屋へ、利通が欧米の土産を持って現れて...。

利通はこれまでを打ち明ける。使節団より一足早い、しかも予定より8ヶ月遅れての約1年半ぶりの帰国であること。帰国を喜んだのは実美だけで、すでに政府の実権を握った土佐と肥前の面々から追い出されてしまったこと。莫大な国費を使って異国まで行ったにも関わらず、成果を挙げられなかったと言われても、返す言葉のないことを...。

今にも泣きそうになるところを、隆盛からの励ましに救われた利通は、イギリスの産業革命について熱心に語り続けた上で...。

「見た者でなければ解からん。だから江藤も後藤も板垣も、おいをないがしろにでくっとじゃ」

あの参議たちを全員辞めさせた上で、岩倉使節団が戻るなり新たに政府を立て直して、自分たちの手で欧米に負けない日本国をつくり上げようと訴えた利通だったが...。

「すまん...... 一蔵どん、そいはできん」

隆盛は切々と諭してゆく。 江藤新平をはじめ参議たちは、留守政府をしっかりと支えてくれていること。そこへ岩倉使節団すべてが加わることで、力を合わせて切磋琢磨し合えればいいのではないかということを。

利通は悲しげにつぶやいた。

「吉之助さぁは偉か。 おいは結局おはんには勝てんとじゃ。 おはんの天下じゃ」

心配した隆盛が、無理に起き上がって引き留めようとするも、利通は思いっ切り振り払って、そのまま立ち去ってしまった。


それから数日を経て...。

何と朝鮮との国交問題が浮上してしまって...。

急激に欧米へすり寄る明治新政府を認めないとして、今後は交易も国への立ち入りも許さないとの布告だった。

直ちに軍艦と兵を差し向けて、我が国への非礼を詫びさせるべき、と訴えた退助だったが...。

「あくまで礼節を重んじて、全権大使を派遣して、交渉による関係改善に努めるべきです」

そう主張した隆盛は、命の危険もあるその役目を自ら引き受けると申し出る。 一刻を争う決断を迫られるだけに、岩倉使節団の帰国を待っていられない。

こうして、「隆盛の朝鮮派遣」という形で決定となって、勅許が得られ次第、実行に移されることになった。


9月13日、予定より1年も遅れて、岩倉使節団が帰国した。

朝鮮使節派遣の止まったままを気にかけた隆盛が、実美を問い詰めると、具視(笑福亭鶴瓶)の承認を得た上で奏上するという。


10月14日、ようやく具視を交えた閣議が開かれて...。

あとは具視の承認だけ、といった極めて形式的な流れになると思いきや...。

「西郷参議の朝鮮派遣のこと、私は今一度、考え直すべきと思います」

唐突な利通の登場で、一同はどよめくことになって...。

利通から隆盛へ向けられた目は、もはやこれまでの友と見交わす目ではなかった。



11月18日日曜日放送の第43回では...。

悲しいかな、サブタイトル「さらば、東京」のような展開へ...。


それは、さかのぼる前日でのことからで...。

帝から使節団の仕事ぶりの失態を責められて落ち込んだ具視は、伊藤博文(浜野謙太)からそそのかされて引きずりこまれるかのように、たどり着いた料亭にて、居場所のない同じ長州の木戸孝允(玉山鉄二)や井上馨(忍成修吾)や山県有朋(村上新悟)からの愚痴を聞かされる中でのこと...。

政府を去るという噂の利通が現われて...。

隆盛に勝って今の政府を壊したい、そのためにも隆盛の朝鮮使節派遣を覆す。 そう宣言して...。


こうして迎えた当日の閣議では...。

利通は訴える。 一人で行けば殺される。 そして、それが戦の火種となる、と。

隆盛は訴える。礼節をもって向き合えば、気持ちは通じるはずである、と。

それでも利通は訴える。 朝鮮よりも、まず富国強兵が第一であること。そのためには、欧米のように工場を次々に建てて、武器や船や鉄道などを、つくり上げてゆくべきであること。などといった、さらなる力説が続いて、誰もが心を奪われることになったところ...。

不意に拍手の音とともに、新平が皮肉たっぷりに言い放った。

「大久保卿。 素晴らしか議論のすり替え。 実にお見事。御一同。 今、おいたちが論ずるべきは、朝鮮国への使節派遣たい」

それでも利通は、隆盛だけをしっかりと見据えていた。

いつまでも互いに譲らない二人の気迫に観念したのか、とうとう具視はつぶやいた。

「...西郷、望み通り、朝鮮国へ行って来い」

怒りに震える利通をよそに、朝鮮使節派遣は可決されて、後日に実美が帝へ奏上するだけの運びとなった。


ところが...。

不覚にも、実美が急な病気で倒れてしまって、予定されていた閣議は中止に...。

しかも、見舞いに訪ねた隆盛は、実美から悲痛な面持ちで頭を下げられる。

「こない頼りないまろが、扇の要のはずがないやろ! 西郷! 本当にすまん!」

そして、息乱れながら利通らの企てを実美から聞かされて、隆盛は唖然とさせられる。


数日を経て、秘かに閣議が再び開かれて、実美に代わって具視が奏上となってしまった。

そして、帝からの御言葉は、国政を整えて、民力を養って、努めて成功を永遠に期すべし、と。

朝鮮国使節派遣は見送りとのことだった。


明くる日に、悔しさを秘めながらも隆盛は、朝鮮の居留民の命の危ういと解かった時には、必ず救い出すように頼み込んだ上で...。

「...おいの役目は、ここまででございもす」

隆盛は深く頭を下げて、会議室を出て行った。

執務室で荷物をまとめている隆盛の元へ、血相変えた利秋(大野拓朗)たちが、具視に向けて兵を差し出すと息巻いて...。

隆盛は、辞めることも騒ぎ立てることも許さないと強く命じた上で、明るい表情で後は頼んだと、皆に背を向けて去ってゆく。

この時1872(明治6)年10月24日、西郷隆盛は政府に辞表を出した。


さらなる明くる日には、新平も象二郎も退助も、政府に辞表を出した。


それから数日を経て...。

孝允が思い詰めながら、隆盛の元を訪ねて来て...。

条約改正に失敗して、渡航の最中の留守政府の長州の者たちは、汚職にまみれてしまった責任を取らねばとの孝允に、逆に隆盛は残りの長州の参議たちのためにも留まってほしいと、切に頼み込んだ上で打ち明ける。

「人は皆、間違いを犯すもんじゃ。 間違いを認めて、どう明日へ向かうか。 そいで、そん人の器量が解かる」

具視とは器の大きさの.違う隆盛に、孝允は深々と頭を下げるだけだった。


夕暮れ時に、隆盛は利通の邸宅を訪ねて...。

隆盛は悲しみをあふれさせながらも尋ねる。 みんな利通の仕組んだことなのか、どうしてずる賢く頭を使わなければならないのか、どうして腹を割って話してくれないのか、と。

しかし利通は、すべて憎まれるのを覚悟の上でしただけのこと、と強く言い切るだけ...。

それでも隆盛は切に訴える。 嫌いにはなれない。正しい道ならば突き進んで、何が何でもやり遂げる。 そんな大久保一蔵という男を嫌いにはなれない、と。

今にも張り裂けそうな利通に、隆盛は檄を飛ばすかのように打ち明けて、後にした。

「あとは、おはんの好きなやり方でやれ。 おいは鹿児島で畑を耕す。 頼んだど。一蔵どん。 チェスト!!! キバれ!!!」



もしかしたら、この本放送で、これからの日本の行く末が決まった瞬間、ということに???


ふと、あの2002(平成14)年3月20日水曜日より発売の『戦争の日本近現代史 東大式レッスン! 征韓論から太平洋戦争まで』(加藤陽子/講談社現代新書)が、思い浮かんでしまっただけに...。

そう、かの"明治六年の政変"の1872(明治6)年10月23日から、あの"太平洋戦争"に突入してしまった1941(昭和16)年12月8日までの流れが...。


何よりも、明治維新に尽くしたにも関わらず、新政府に置いてけぼりにされてしまった、といった方々の不平士族の動向が暗示しているかのように...。

タグキーワード
2018-11-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます