西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回














西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回

12月2日日曜日の放送では....。


とうとうサブタイトル「西郷立つ」までに...。


あの"佐賀の乱"から...。

政府も方々の士族たちも、あらゆる局面において切羽詰まったままの膠着状態の高まる中でのこと...。


鹿児島で荒れに荒れる士族たちの行く末を案じて、隆盛(鈴木亮平)が私学校をつくって1年たった、1875(明治8)年には...。

ほかの地方からの士族も相次いで加わることになって、生徒の数は2千人を超えて、いまだにとどまることを知らないままで...。


隆盛たちが畑仕事に汗する中での、ある日こと...。

新八(堀井新太)からの案内とともに連れられた中原尚雄(田上晃吉)に驚いて、駆けつけた別府晋介(篠田悠紳)が尋ねたところ....。

「おいも政府のやり方にうんざりして、出て来たとじゃ」

誰もがますます意気揚々となって、より賑わうことになる一方で...。

西郷家では、寅太郎(林田悠作)の下に午次郎と酉三が生まれて、さらに奄美大島から菊次郎(今井悠貴)の異母妹・菊草(鎌田英怜奈)が引き取られて、ますます賑やかになってゆく。


「近頃の新聞は、西郷先生を祭り上げて政府への批判を書き立て、不平士族を煽っています」

政府では、川路利良(泉澤祐希)からの報告を容れて、すでに利通(瑛太)による手筈を通して、鹿児島へ密偵を忍ばせていることは、まだ誰も知らないままだった。


1876(明治9)年3月28日、廃刀令が施行された。

武士の魂でもある刀が取り上げられると、私学校の士族たちは、激しく憤った。

綱良(北村有起哉)が皆を宥めるとともに、利秋(大野拓朗)が「これも西郷先生と私学校のためじゃ」と、真っ先に刀を置くと、皆も素直に従うことになって...。

しかしながら、虚しく打ち砕くかのように、禄の廃止によって、士族の特権はすべて失われることになってしまって...。


10月に入ると、24日には熊本での神風連の乱が、27日には福岡での秋月の乱が、28日には山口での萩の乱が...。

相次ぐ不平士族の反乱に、徴兵制で集めた平民による政府軍は、呆気なく鎮圧することになって...。


いまだとどまることなく方々からの士族たちで膨れ上がる鹿児島では、どうにか平穏を保ってはいるものの...。

「政府は、こん私学校に密偵を忍ばせちょいもす」

口火を切った篠原国幹(榊英雄)が訴えるには、先の熊本の乱で逃げ延びた士族からの言い伝えとともに、決起を求められたという。

皆誰もが疑い合う中で、真っ先に先の戊辰戦争で敵対していた会津士族の伴兼之と榊原政治が槍玉に挙がって、騒然となってしまって...。

結局のことろ、辛うじての隆盛からの取り成し甲斐あって、どうにか収束となったものの...。

利秋は利通への不信感と憎悪を、より強めることになってしまった。


こうして、運命の1877(明治10)年となって...。

相変わらず私学校の勢いはとどまることもなく、城下には12も、県下には136も、それぞれ分校を構えるまでになって、鹿児島全土を覆い尽くすくらいに...。

もちろん、これまでの一連の情報すべては、すでに開通した電信を圧倒的な強味とする政府の利通へ知れることになって。

「もし鹿児島が決起すれば、全国への影響は甚大。 陸海軍は軍備を怠るな」

利通からの淡々とした通達に、兄・隆盛を信じる従道(錦戸亮)は憮然として反発するが...。

「だが、裏を返せば、吉之助さぁの覚悟一つで日本中の士族を奮い立たせることもできるということだ」

利通がそう言い残して執務室を後にするや、いまだに顔を真っ白にして言葉の出ない従道を見かねて、利良は気遣った。

「西郷先生は立たん。 大久保さぁもそう信じちょ」


それでも尾を引く従道の不安が的中するかのような事件が、追い討ちをかけることになって...。

何と私学校で政府の密偵を襲ったとの報せが..。

驚いた隆盛が駆けつけると、そこには利秋と国幹のほか、刀を差した生徒たちが集まっており...。

傍の銃や弾薬が積み上げられた側には、尚雄が拷問を受けた無残な姿で転がっていた。

「おはんらはなんちゅうことをしでかしたとじゃ!!!」

利秋が尚雄から奪い取った紙を差し出した。

そこには「ボウズヲシサツセヨ」と記されて...。

ボウズとは隆盛を示す暗号。 薩摩から新しい日本をつくるために、政府から刀や禄を奪われても耐えている皆や隆盛を、利通は殺そうとした。あんまりだ。利秋が悔し涙を流してぶちまげるかのように訴えるのにつられて、ほかの生徒たちも相次いで怒りをぶち上げることになって...。

そして、長い長い沈黙の末に、隆盛はついに打ち明ける。

「...解かった。 東京へ行って政府に訴え、政のあり方を問い質し、皆で薩摩に帰ってくっとじゃ」

狂喜乱舞するかのような雄叫びの沸騰する中にありながら、隆盛はどこか陰りのある表情をしており...。


そのまま家に戻った隆盛は、東京へ行くことを皆に打ち明ける。

すると菊次郎(今井悠貴)が、戦になるかもしれなくても自分も連れて行ってくれと申し出て...。

咄嗟に反対する糸(黒木華)に、男が決めたことだと、隆盛は口を挟ませなかった。


こうして、兵を連れて行くのは戦をするためではないとの意味合い合っての「政府に尋問の筋これあり」との文書を、綱吉が政府や各県へ送る中でのこと...。

隆盛が陸軍大将として、正面から物申す心積もりを固めてゆくとともに...。

菊次郎と小兵衛(上川周作)と宗介(前川優希)と熊吉(塚地武雅)、そして桂久武(井戸田潤)までもが、駆けつけることになって...。

「糸...留守を頼んだど」

そう強く頼んで家を後にした隆盛は、2月14日の閲兵式を終えて、2月15日に軍勢を率いて出立していった。



とうとう運命の時が...。


すべては、あの5月22日火曜日より発売の『鹿児島の怖い話 西郷星は燃えているか』(濱幸成/TOブックス)から、突き付けられているかのような悪夢そのものかもしれないや。


何よりも、かの旧薩摩藩伊集院郷士・中原尚雄の国を愛する強き想いに反しての、突発的に叩きつけられた逆境のどん底と絶体絶命ぶりともなってしまえば...。

それを裏付けるかのように、あの過酷な拷問で両手指の爪を剥がされてしまって、毎朝自分で足袋を履くことのできずに、姪の手助けを余儀なくされてしまって...。



生まれ育った薩摩国伊集院郷下谷口西久保、現在の鹿児島県日置市伊集院町下谷口か...。

急転直下と起死回生の起伏の激しさならではの、波瀾万丈の人生、ほかの人たちにもあったのかなあ。


このような悶々とした思いからなのか、まずは「地元百貨 末永商店」からの【鹿児島県産 紅はるか 干し芋 150g×7袋(約1kg)】を手軽に味わってみて...。


もちろん、【ふるさと納税】ならではの美味しい"幸"も...。


先の「地元百貨 末永商店」からの【鹿児島の鶏刺し専門店の炭火焼 160g×10袋 計1.6kg】や...。


「みかづき」からの【鹿児島産黒豚肉コラーゲンたっぷり! やわらか軟骨煮セット 計1.6kg(400g×4袋)】...。


「ASTOLE VOLANTE」からの【鹿児島県産黒毛和牛の極上ホルモン使用! もつ鍋&焼きホルモン 700g】までも...。


最後には、季節はずれであったとしても、「料理の家むら」からの【うなぎの炭火蒲焼(タレ付) うなぎ炭火白焼き(生わさび) 鹿児島県産鰻の味わいセット 鹿児島黒豚軟骨柔らか煮付き!】といった贅沢までも...。



いずれにせよ、段階を踏むかのような贅沢を味わうことでの積み重ねあっての、幸福感と満足感を...。

いつまでも大切にしたいもの...。


いにしえからの薩摩そして鹿児島県になってからも根強く息づく薩摩隼人のような縦横無尽の全力疾走ぶりとともに、より広く日本全国へそして世界へ、浸透ゆくことを祈りながらも...。


本来の私学校は、こうあってほしい。

そう思いたくなってしまうのは、自分一人だけだろうか?

タグキーワード
2018-11-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます