西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回 - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回
















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回

12月9日日曜日の放送にて...。


いよいよ"サムライ最後の戦い"となる、サブタイトル「西南戦争」いうことになってしまうのか...。


隆盛(鈴木亮平)が軍勢を率いて立ち上がったことは、直ちに内務省の利通(瑛太)の元へ伝わって...。

「嘘じゃ...ないごて、ないごてじゃあ...吉之助さぁ...」

顔を見て話し合えば、すぐに解かり合えるはず。利通には、直ちに鹿児島へ行きたい衝動昂ったものの...。

すぐさま思いとどめるや、国家の要であるからには、とるべき道は一つ、利通は薩摩軍の討伐の詔を要請するだけだった。


2月20日に川尻へ到着した隆盛を総大将とする薩摩軍は、二里離れた熊本城天守からの火の手を見るなり、銃撃の視野を広めようとするべく、鎮台自ら焼き払ったと察する中で...。

「鎮台よりの御使者が来るのを、今は待つのみじゃ」

その隆盛からの諭しも虚しく、何と敵からの夜襲に揺さぶられてしまって...。

騒然とした混乱の中、辛うじて捕らえた鎮台兵から聞かされた事実、すなわち天皇からの追討令とともに、隆盛から陸軍大将、利秋(大野拓朗)と国幹(榊英雄)から陸軍少将、それぞれの官位が剥奪された、との報せが...。

薩摩軍は国家へ弓引く賊軍であることを突き付けられて...。

「一蔵どん、そういうこつか...」

ついに隆盛は、覚悟を決めるしかなかった。

こうして、世に言う"西南戦争"へと、突き進むことに...。


2月22日、薩摩軍は熊本城総攻撃を開始した。

が、明くる2月23日明け方より、新手の政府軍が福岡から南下との報せを耳にするや、やむを得ず薩摩軍は、直ちに部隊を分散させて迎え撃つことになって...。

中でも、高瀬におけるの激戦では、捨て身の薩摩士族たちの抜刀戦術が、政府軍を圧倒した。


東京での陸軍の留守役を命じられていた従道(錦戸亮)は、兄・隆盛を止めたくても許しが出ないといった、つらい状況の続く中で...。


3月1日、薩摩軍は熊本城の北の幹線上にある田原坂へ進んだ。

待ち受けるは、川路利良(泉澤祐希)大警視率いる警視庁警視隊も含む新たな征討旅団で、中でも警視隊を中心に編成となった抜刀隊の多くは、元薩摩士族だった。

かつての仲間同士や兄弟同士などによる血で血を洗う戦が、両軍ともに一進一退を繰り返しての、およそ10数日間にわたる中で...。

副司令官格の国幹の戦死ほか、政府軍だった元庄内士族・伴兼久の実兄・鱸成信と、成信を斬った同じ庄内の榊原誠治もまた戦死して...。

菊次郎(今井悠貴)は左脚を銃撃されて倒れて、甥の盾となった小兵衛(上川周作)は、壮絶な最期を遂げてしまった。

隆盛は、身内をはじめとする多くの兵士たちの亡骸に、静かに手を合わせるしかなく...。

この敗北を機に薩摩軍は、3月14日熊本城の包囲を解くと、大分や宮崎へ転戦することになった。


信義(高橋光臣)の仕える久光(青木崇高)の元には、公家出身の柳原前光が勅使として派遣されて、政府への協力を要請してきており...。

しかし、久光は中立の立場を盾に、頑なに拒絶する。


薩摩軍へ官金を調達した咎で、東京へ護送された綱吉(北村有起哉)は、牢の格子越しを通して、一度だけ利通と話せることになって...。

「西郷隆盛は、友である前に大罪人でごわす」

そう言い切る利通は、この日本で最後の戦にする心積もりであることを打ち明けると...。

「一蔵、おいはの、何の後悔もしちょらん!」

利通へ不敵な笑みを浮かべながら、綱吉はのちに裁判を終えての9月30日、長崎にて斬首となった。 享年53歳。


心労と過労が祟っての急病で倒れてしまった木戸孝允(玉山鉄二)は、5月26日、京都の別邸にて昏睡状態ながらも、利通の手を握り締めて...。

「西郷もいいかげんにしないか」

明治政府と隆盛の両方を最後まで案じながら、静かにこの世を去った。 享年45歳。


8月2日には延岡へ移って、8月15日には和田峠を中心に布陣することになった薩摩軍は、明くる朝より政府軍に対して、西南戦争最後の大戦を挑むことになって...。

隆盛が初めて陣頭に立っての奮闘だったが、巻き返しはならず、夕暮れ時にはとうとう隆盛からの解軍の令が出されて、皆へ自身の好きなようにしてほしいと言い渡される。


隆盛や利秋たちが書類や陸軍大将の軍服などを燃やす中、武器や食糧を調達するため鹿児島へ戻っていた桂久武(井戸田潤)が、糸(黒木華)を連れて来て...。

聞くところ、賊軍の家族となった西郷家を心配して、従道が一家を保護しようとしたところ、糸から「敵軍の世話になどないもはん!」と言い放って使いを追い返したという。

「糸どん...こいが、最後じゃ」

そうつぶやいた隆盛に、糸が涙を流しながら打ち明ける。

「旦那さぁが、西郷隆盛でなかったら...ただの百姓だったらどげん良かったか...」

隆盛は自身の胸に糸を優しく抱きしめた。



あの"田原坂の戦い"においての同士討ち同然の無情さならではの死闘ぶり...。


勝利者も敗残者もない、やりきれなさが残ってしまうだけで...。

互いの胸の内を深くえぐられてしまうことになるんだろうなあ。


さる2月23日金曜日より発売の『田原坂 増補新版』(橋本昌樹/中央公論新社)での、前哨戦ともなる政府軍・乃木希典率いる第14連隊の軍旗の薩摩軍による強奪からの波乱からはじまって...。


2008(平成20)年4月20日日曜日より発売の『熊本城のかたち 石垣から天守閣まで』(熊本日日新聞社/弦書房)での、"鉄壁の守り"にふさわしい城郭の写真の傑作ぶりも...。


それぞれ、じっくりと目を通しながらも...。


噛みしめてみたいな。


熊本市南区護藤町の「イケダ食品」からの【熊本名物 赤酒うまか赤鶏の手羽元 熊本城 復興祈念カレー 200g 5個セット】の、手羽元まるごとはもちろん、地元の赤酒の濃厚さや...。


もちろん、【ふるさと納税】としても...。


高知県幡多郡黒潮町からの【熊本城の復興を応援する 缶詰6缶セット】のカツオの生姜煮の濃厚な味わいや...。


熊本県人吉市からの【熊本県産ヒノヒカリ 熊本城ごはん 200g×12個】の球磨地域で生産のヒノヒカリいっぱいの味わい深さと柔らかみも...。


手軽に味わうならば、「清正製菓」からの【熊本銘菓 新 月下の熊本城 8個入×2箱】に詰まった、こっくりとした栗と風味の良さの残る白餡の濃い味わいが...。


最後の御口直しとしては、【地域限定 ポッカサッポロ 玉露入りお茶 熊本城復旧応援ラベル 600mlX24本入】ですっきりしたいくらいに...。


ゆくゆくは、あの岐阜県羽島郡笠松町円城寺川田の「カタログネットTシャツ工房壱番館」名物の【熊本城復旧支援Tシャツ 再生】も、身に纏いながらも...。



いにしえより長く続いた"乱世"や、遠い将来に向けての理想とする"治世"へ向けて、殉じることになってしまった、多くの人たちの想い...。

決して忘れない。

タグキーワード
2018-11-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます