西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray - けものみちをあるく

自由形式

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray
















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray

いよいよ本放送も大詰め...。

改めて振り返ってみるならば...。



まずは、すでに7月18日水曜日より発売の【完全版 DVD/Blu-ray】の【第壱集】から....。

主人公・西郷吉之助のちの隆盛(鈴木亮平)の幼き頃の小吉(渡邊蒼)からの名もなくも貧しくも健気にも明るく家族を支える姿、目が離せなくて...。

何よりも、のちに名君として見込まれる島津斉彬(渡辺謙)との出逢いと感動の描かれた第1回が、足掛かりなのかなあ。

「民の幸せこそが国を富ませ強くする」

との強固な信念あふれる斉彬への心酔ぶり深まる吉之助の、見返り一切求めずに貧しい人たちを助ける姿は、もちろんのこと...。

薩摩を二分する"お由羅騒動"での上へ下への混乱と逆境、そしてかけがえのない大切な人との別れ...。

ほどなく大逆転するかのような斉彬の新藩主就任とともに、庭方役拝命となった吉之助の江戸での活き活きとした仕事ぶりが...。

そして、薩摩で出逢って、江戸での再会となった、忘れられない篤姫(北川景子)との関わり合いにおける繊細さの描かれた第12回まで...。


続いての10月17日水曜日より発売の【第弐集】にて...。

吉之助の薩摩への久々の帰郷からはじまっての、懐かしい家族とのひとときのほか...。

いまだに日陰のままの幼なじみの大久保正助のちの利通(瑛太)との心の交流の深まる第13回から...。

ところが、急転直下するかのような展開が...。

かけがえない斉彬の突然の急死とともに、返り咲いた父・斉興(鹿賀丈史)の復権早々の反動保守化政策の煽りに追い討ちをかけるかのような、時の大老・井伊直弼(佐野史郎)による"安政の大獄"の嵐とともに、追われる身となってしまった吉之助の逆境が...。

藩命により"死亡"とされて、奄美大島へ流されてから吉之助に、愛加那(二階堂ふみ)との出逢いとのどかな夫婦生活が...。

しかしながら、裏の問題としての"黒糖地獄"に見られる薩摩からの搾取ぶりとの向き合い方もあって...。

肝心の薩摩においては、吉之助の不在を補うべくして、吉之助を慕う郷士たちとのつなぎ役になるべくして、斉興亡き後に国父・島津久光(青木崇高)の側近となった正助改め一蔵のほど良い立ち回りぶりが...。

やっとのことでの一蔵の取り成しあって、薩摩へ戻ったものの、吉之助は初対面早々からの久光との"不幸な関係"に、振り回されることになってしまって...。

そして、再び島流しになってしまった吉之助の行く末とは...。

もちろん、旧き良きNHK大河ドラマならではの重厚感あふれる、第23回「寺田屋騒動」も目が離せなくなって...。


12月19日水曜日より発売の【第参集】では...。

ようやく吉之助の再起と大逆転ぶりを、目の当たりにすることになって...。

はじまりは、沖永良部島で出逢ってほどなく、急死間近で救い出してくれた川口雪篷(石橋蓮司)との関わり合いから...。

雪篷から強く背を押されて、一蔵をはじめとする誠忠組からの温かい迎え入れの大きさあっての、吉之助の生気あふれる姿となって...。

ほどなく陣頭指揮を執ることになった禁門の変での伸長ぶりから、ふと出逢うことになった土佐脱藩浪士・坂本龍馬(小栗旬)との関わり合いと将来の日本のあり方に触れて、敗れた側の長州藩士・桂小五郎のちの木戸孝允(玉山鉄二)との波乱と紆余曲折を経ての、念願の"薩長同盟"を結ぶまでの人となりが...。

やがて、大政奉還、王政復古、鳥羽・伏見の戦い、といった激動と怒涛の進撃につれての吉之助の変貌ぶりを垣間見ることになる、第35回「戦の鬼」へ至るまで...。

いわゆる"討幕派"と"佐幕派"のそれぞれの抱く"正義"について、「一生の宿題」にでもなりそうな気持ちに...。


年が明けての2019(平成31)年3月20日水曜日より発売の【第四集】には...。

あの江戸無血開城を済ませたものの、いまだに"戦国乱世"に近い(?)かのような暗闘うごめく明治新政府の揺れる中で...。

特に、盟友・利通と袂を分かつことになってしまって、故郷・鹿児島へ帰ってからの隆盛の行く末、何とも言えない気持ちにさせられてしまって...。

(残りの放送があるだけに、早合点は禁物であっても...)

失礼ながら、第36回から最終回・第47回まで、かなり駆け足になってしまうのかなあ。

ただそれでも、演じるそれぞれの俳優たちの力量は、まさに申し分なく、一気に巻き返すかのような勢いで保っているようなだけに、いざという時の魅せ場を突き付けてくれそうな予感が...。



ただ...。


かねてよりNHK大河ドラマになじんできた多くの人たちには、否応なしに気になってしまうもの...。

史実としての予定調和は、どうしても避けられないにしても...。


やはり、NHK大河ドラマの枠で観るホームドラマとしての"少年少女漫画"としての鑑賞が、一番ふさわしいということになるのかなあ。

誰もが身近に話せる『西郷(せごどん)』ならではの、人を愛して、故郷を愛して、国を愛して、民を愛して、といった見返りを一切求めない男としての生きざまとしての...。


もちろん、演じる俳優一人一人のありのままを存分に堪能できる作品としても、末永く残ることになるんだろうなあ。

タグキーワード
2018-12-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます