いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回


いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回

2月3日日曜日の放送にて...。


時は1911(明治44)年11月19日...。

ストックホルムオリンピック参加選抜の予選会でのこと...。


まさに、サブタイトル「雨ニモマケズ」ならではの展開に...。


四三(中村勘九郎)と橋本三郎と後輩の野口源三郎(永山絢斗)らの徒歩部の面々が、海岸近くを彷徨い歩き続ける中で...。


予選会の短距離走の催される羽田競技場では、かの天狗倶楽部の面々が大学卒業の近いとあって、運営の補助に回っているものの...。

うちの一人である弥彦(生田斗真)だけは、血の滾りを抑えられないままで、とうとう堰を切ったかのようにトラックへ駆け出すなり、突っ走って...。

その怒涛の勢いは高まるばかりで、100mと400mそして800mで圧勝した。


四三たちは、どうにか最終競技のマラソンに間に合うことになって...。

大塚老舗足袋屋・播磨屋の足袋を履いて、スタートラインに並んだ四三の横には、同じ足袋を履いた人力車夫・清さん(峯田和伸)の姿が...。

四三は一瞬驚いたからか、スタートの号砲で少し遅れてしまった。


競技場からコースへ出るや、横殴りの雨風を突き付けられて視界もままならない過酷さの中、四三は19人の選手の中で最下位で...。

5kmを過ぎる頃には、気絶したり担架で運ばれたりする落伍者が相次ぐことになって...。

その過酷さを跳ね返すかのように、四三は姫路師範の白井選手とのデッドヒートの果てに出し抜くことになって、600m先のトップの小樽水産の佐々木選手に向けて突っ走るまでに...。

ところが、肉迫真近で、幸か不幸か、脱落した清さんからの声掛けが...。

調子を崩した四三は、自身の足袋の金具が飛んで底が離れてしまったことを知って、一瞬躊躇するものの...。

それでも、跳ね返すかのように四三は、次々と出し抜くことになって、競技場へ戻った時には1位となって...。

そして、必死の形相でゴールテープを切った。

2時間32分45秒という世界記録だった。

全体からの興奮と熱狂高まる中で、治五郎(役所広司)はよろける四三を抱きかかえて、栄誉を讃えた。


ところが...。

数日が過ぎて、四三は足袋への不満を、大塚の老舗足袋屋・播磨屋の店主・黒坂辛作(ピエール瀧)へ何気に打ち明けたところ、逆に怒鳴り返されてしまった。 勝手に足袋を持ち出しておいて言いたい放題だ、と。



嵐に叩き付けられるくらいの悪天候ながらの、熱気の充満ぶり...。

良くも悪くも忘れられないだろうなあ。


四三本人はもちろんのこととして...。


生田斗真演じる三島弥彦の怒涛の全力疾走ぶりと同じように...。


峯田和伸演じる人力車夫・清さんにも、目が離せないや。


2003(平成15)年12月20日土曜日より公開のみうらじゅん原作・宮藤官九郎脚本・田口トモロヲ監督の初主演映画『アイデン&ティティ』で演じた中島のように...。


商業主義に振り回されながらも理想を求めて葛藤する人間模様、なかなかのもので...。

バンド・ブームに乗った勢いのまま、メジャー・デビューよりヒットしたSPEED WAYのギタリスト・中島の胸の内が...。

常に"本物"のロックを求め続けたいものの、現実との狭間での葛藤ぶりに苛まれてしまう姿...。


忘れられないや。

過去であれ現在であれ未来であれ、理想と現実の狭間で葛藤しながらも、前へ突き進む強い意志...。

何処でもほぼ同じとなれば...。

タグキーワード
2018-12-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます