いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回












いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回

3月24日日曜日の放送では、いよいよ...。


時は1912(明治45)年7月半ばでのこと...。


マラソン競技の当日を迎えるや...。

まさに、サブタイトル「太陽がいっぱい」な夢見心地になってしまいそうで...。


日本では、熊本の金栗家に、スヤ(綾瀬はるか)と夫で玉名村庄屋・池部重行(高橋洋)が訪ねて来て...。

四三(中村勘九郎)に精をつけるために食べてほしいと、活きのいい鯛を贈ってほしいとの頼みに、金栗家は喜びに包まれて...。

ただ、スウェーデンまで2週間要かかるとのことらしく...。

すかさずスヤが、台所に入るなり鯛を捌き始める。 近所の人たちを集めて、皆で楽しく御馳走することで、四三を応援しようと、呼びかけながら...。


スウェーデンのストックホルムでは、13時半からのスタートの予定...。

早いうちに四三は、気持ちを高めるために、余裕をもって外へ出ることになった。

兵蔵(竹之内豊)は、医師から絶対安静を言い渡されていながらも、妻・安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)の制止を振り払うかのように、四三の元へ向かった。

スタートラインには、一列に並びきれない選手たちが、押し合い圧し合いしたままで...。

唐突にスタートの号砲が鳴るなり、皆が一気に飛び出すかのように全力疾走となって...。

押しのけられるかのように出遅れてしまった四三は、いきなり最下位となってしまった。


この日の気温は、30℃を超えており...。

何よりも、舗装路からの熱気の跳ね返りと充満には、誰もが悩まされており...。

それでも四三は、林道に入るや、出だしで飛ばし過ぎた選手たちを、相次いで追い抜くことになって...。

「すっすっ、はっはっ... こりゃ、行けるばい!」

しかしながら、すでに出だしでの高温に体力を奪われてしまった四三は、ますます体力を奪われることになってしまって、ついには幻覚を見始めるまでに...。

あの故郷・熊本でのみかん畑が広がって、兄・実次(中村獅童)やスヤ(綾瀬はるか)が、喜んで応援してくれたり...。

東京高等師範学校の坂道が見えたり...。

ところが、すぐに現実へと引き戻されてしまって...。

この時山道にさしかかっていた四三は、灼熱の太陽に照らされ続けており、意識が朦朧としていた。


スタジアムの観客席では...。

四三を待ちわびる治五郎(役所広司)たちが、旗竿を退屈そうに眺めるだけで...。

当時としては、ラジオもテレビもなく、コースに出た選手たちの途中経過を知る手立ては、スタジアム内に立てられた2本の選手の国旗だけ。 順位が変わる度に差し替えられることになるが、日本の国旗である日の丸がはためくことはなく...。


肝心の四三は、長い上り坂を必死で駆け上がるところだったが...。

次第に脚の痛みが激しくなって、とうとう立ち止まってしまって...。

どうにか肩での激しい息を整えて、また走り出すことになった四三だったが...。

折り返し地点の手前では、すでに折り返したラザロが下っており、笑顔で四三に手を振りながらとすれ違って...。

発奮した四三は、折り返し地点を過ぎるや、一気に下り坂での勢いを駆って突進するかのように、とうとうラザロを追い越すことになった。


しかしながら、四三の意気揚々も虚しく...。

とどまることなく給水所を駆け抜けたのが災いして、樹木の途切れた途端、四三は一気に疲労困狽に陥ってしまって、二股に分かれた道の左の茂みへと突き進んで、倒れ込んでしまった。


この日の結果は、選手の半分も完走できないほどの過酷だった。

1着と2着は南アフリカ、3着はアメリカの選手で...。

しかも、1着の選手のタイムは、先の羽田での四三のより、4分遅かった。


治五郎たちは、最下位となった選手のゴールを見届けたるや、いまだにスタジアムに戻らない四三を案じるや、直ちに探してみるも、棄権者からも病院への搬送者からも、なかなか見つからないままで...。

誰もが憔悴しきってホテルへ戻ったところ...。

驚いたことに、四三は部屋のベッドに倒れ込んで、そのまま眠っていた。

怒り狂った錦治(ベンガル)から激しく起こされた四三は、悲鳴とともに号泣しながら詫び続ける。

「自分でも解からんばってん。 でも負けは負けです」

見かねた傍のダニエルが、静かに打ち明ける。 内田定槌スウェーデン公使(井上肇)と力を合わせて、連れて帰ったものの、四三にはその記憶さえないという。



どうしても気になってしまう。


知らず知らずのうちに負けてしまった四三は、もちろんのこと...。


四三を何かと発奮させるポルトガル代表選手・ラザロの行く末も...。



ラザロを取り巻く状況に、想いを馳せてみれば...。



2017(平成29)年12月22日金曜日より発売の『地球の歩き方 ポルトガル 2018〜2019』(地球の歩き方編集室/ダイヤモンド社)は、もちろんのこと...。


ポルトガルやオランダやイギリスの支配下にて、2世紀以上も栄えたスリランカの内陸部の古都キャンディーの周辺で作られた紅茶として、重宝されて久しく...。

日本の御茶の産地として名高い、静岡県静岡市葵区葵町の「セレクティー」からの【セイロン紅茶 キャンディー BOP ブレンド 500g】を、じっくりと嗜みながら...。


先の江戸時代で唯一の海外玄関口で名高い出島のある長崎県平戸市からの【ふるさと納税 湖月堂老舗 カスドース・ポルトガル煎餅セット】を、じっくりと味わいながら...。


さらには、神奈川県鎌倉市笹目町の「メルカード・ポルトガル」からの【大きなイワシのオリーブオイル漬け 125g 20個セット】かつ【大きなイワシのトマトソース煮 125g 20個セット】も、より深く味わいながらも...。



ポルトガルの底力、思う存分噛み締めてみたくなった。

タグキーワード
2019-03-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます