いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 第15回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 第15回














いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 第15回

.4月14日日曜日放送の第14回では...。

サブタイトル「新世界」となれば、とうとう...。


すでに7月30日には、明治天皇が崩御となって...。

元号が"大正元年"となった1912年の秋のある日のこと...。


ようやく新橋駅に到着の汽車から降りた四三(中村勘九郎)を出迎えてくれたのは、徳(古舘寛治)と源三郎(永山絢斗)と三郎(高橋周平)だけ,,,。

あの出発の日の多くの人たちからの熱狂的な見送りとは、大違いの自粛ムードいっぱいの静けさと淋しさが、ただひたすら蔓延するばかりで...。

それでも四三は、寄宿舎での仲間たちからの温かい出迎えが嬉しかった。


ほどなく報告会が開かれることになったが...。

「羽田の予選で世界記録を出しながら本選で棄権し、国民の期待を裏切った原因は何だと思われますか?」

東京高等師範学校教授・永井道明(杉本哲太)の愛弟子で、東京女子高等師範学校助教授・二階堂トクヨ(寺島しのぶ)だった。

四三は、一つの原因だけじゃないと返したが...。

道明は無情に吐き捨てるだけだった。 敗北から学ばなければ、意味のないことを。将来の日本の体育のためにも、何をなすべきか考えるのが使命だということを...。

四三は、4年後のベルリンオリンピックで雪辱を果たすことが重要との強い決意を込めて、静かに打ち明ける。

「明日から粉骨砕身してマラソンの技ば磨こうと思っとります!」

皆から四三への万雷の拍手喝采の嵐に憮然とした道明とトクヨは、急ぎ足で立ち去っていった。


憑りつかれたように、四三はコンクリート張りの井戸の床の上での足踏み、といった装道路対策からはじまって...。

出だしのスピードを付けるために、40,50m感覚で立つ電信柱を利用、最初の5本で軽く流したら、次の5本で全力疾走、といった緩急の繰り返しで、速度の変化に身体を慣らせる"電信柱練習法"を編み出していった。


そんなある日のこと...。

道明とトクヨが、四三との話し合いのために、寄宿舎を訪ねて来た。

道明は、自身で書き上げた「学校体操教授要目」という原稿を盾に、四三へ声高に言い放った。 助木とスウェーデン体操を基盤とする健康で強靱な肉体づくりをまとめたものであり、トクヨとともに全国の学校を巡る予定のはずだったこと。 しかしながら、トクヨの3年間の英国留学が決まってしまったこと。 急場を凌ぐために、代わりが必要になったとのこと。"マラソンの金栗"は今や有名人であることを...。

「嘉納さんのやり方だと、駄目なんだよ!!!」

理想ばかり追い求める治五郎(役所広司)は、地に足が就いていない。 4年後も出るなんて、暴挙以外何ものでもないとして...。

四三は先の件を徳(古舘寛治)に報告した。

徳は呆れ顔で、これまでの道明の暴挙ぶりを打ち明ける。 思い込みの激しい性格のために、小学校ではハンマーで遊具を壊す代わりに助木を設置して、問題になったことを。 しかも、道明の書き上げた「学校体操教授要目」には、マラソンは短距離走とともに、遊具の一つとして軽く触れられていることを...。


1913(大正2)年2月のこと...。

帰国した弥彦(生田斗真)は、天狗倶楽部の仲間たちに、銀行員になると打ち明ける一方で...。

軍部が兵式体操を強硬に推し進めての競技スポーツを軽視する風潮の強まって、天狗倶楽部の愛する野球が非難の対象となっていたことには、激しい憤りを鬱積させていて...。

スポーツ大国のアメリカへ渡る決意を固めた弥彦は、兄・弥太郎(小澤征悦)の伝手で横浜正金銀行のサンフランシスコ支店に属そうとしており...。

「アメリカが強い理由を見極めてやる」


3月となって...。

ようやく帰国となった治五郎は、大日本体育協会(体協)の会合に出席することになったが...。

すでに治五郎の席は撤去されており、代わって上座に座った道明からは、新任の理事として岸清一(岩松了)を、副会長として武田千代三郎(永島敏行)を紹介される。

「あなたの作った借金の返済と体協の財政の立て直しを、弁護士の岸さんが一手に引き受けてくださいました」

治五郎は憤然とするばかりだった。


すでに四三は、熊本の実家に戻っており...。

ある日突然、兄・実次(中村獅童)から理由を聞かされずに、池部家へ連れられることになった四三は、ただ戸惑うばかりで...。

実次は、やや捲し立て気味に打ち明ける。 来年東京高等師範学校を卒業したら、熊本で教員になるように。 そのためにも、所帯を持たなければならない。 今からでも、見合いをしなければならない、と。

戸惑ってばかりの四三の前に、ふと現れたのは...。

何と、あのスヤ(綾瀬はるか)だった。



4月21日日曜日に放送の第15回にて...。

サブタイトル「ああ結婚」にて、いよいよ...。


実次と幾江(大竹しのぶ)は、これまでのいきさつを、四三へ打ち明ける。

幾江の息子でスヤの夫・重行(高橋洋)は、かねてからの病弱が祟って、前年の夏に突然亡くなったこと。 重行の代わりの後継ぎを探している幾江を気にかけて、実次から四三を養子に差し出すと申し出たこと。 幾江からオリンピックの渡航費用を出してもらった恩義の大きさあって、実次としては四三の婿養子入りで、すべて報いたいこと。 となれば借りている田畑も、四三のものとなることを...。

「順番のおかしかです! 養子縁組ばしてから...縁談ならまだしも...」

四三の驚きに釣られるかのように、スヤが割って入るや、縁談をなかったことにしてほしい、とやや淋しげに訴えて...。

そのまま立ち去って行ったスヤを見かねて、幾江は四三を厳しく叱責する。

「四三さん、あんたのぼせなさんなよ! おるが欲しかとは、スヤじゃ。 ああたじゃなか!!」


戸惑いながらも、あらゆる思いをめぐらせながら、四三は家に戻って...。

実次からは、あさってが祝言だと告げられて...。

四三は懸命に訴える。 ベルリンでの雪辱にかける強い想いを踏まえて...。

「卒業後は、熊本で教員になる約束はできない」

意外にも、実次はあっさりと受け止めた。 池部家の養子になれば、金の心配はいらないし、思う存分走ることができるから、早く結婚しろ、と。

夜が明けるや、四三は実家の庭で冷水浴に一心不乱の中で...。

ふと、脳裏をよぎった。あの海軍兵学校の身体検査に不合格となってしまった日、スヤからの優しい励ましを...。

最後の一杯の冷水を被って、四三はついに決意を固めて、立ち上がった。


1913(大正2年)の春の大安吉日...。

四三は池部家の養子となって、スヤを嫁に貰うことになった。

「嬉しか。 お母さんに恩返しばせんといかん。 池部の家ば、四三さんと二人で...」

そう口にするスヤを制するなり、四三は返す。

「お、お、俺には4年後がありますけん!」

雪辱を果たすまでは、何よりもオリンピックを優先させたいと語る四三に、スヤは...。

「だったら、私も。 何はさておき、お母さんです」

明くる日に、四三はスヤを熊本に残して、東京へ旅立っていった。


しかしながら、四三の強い想いを打ち砕くかのように...。

東京では、体協の金銭問題の解決ばかり優先させたがる理事へ、四三は苛立ちを強めており...。

四三は、先の結婚を報告するきっかけの、掴めないままで...。


夏を迎えると、四三は館山での強化合宿の真っ只中に...。

オリンピックでは、猛暑が最大の敵とあって、四三は日中でも帽子を被らずに、がむしゃらに走り続けており...。


冬を迎えると、四三の東京高等師範学校の卒業が近づいて...。

これまでの倣いとして、卒業生は全国の中学校で教職に就くことになるのだが、四三だけは違った。

教員にならない代わりに、オリンピックまでのおよそ2年半は、マラソンだけに打ち込もうとの決意を固めていた。

しかしながら、それも虚しく、人伝に知るや怒り心頭となった幾江は、ただひたすら平謝りする実次に、怒りをぶちまげる。 卒業したら帰って来るとのことで、養子としたのに、一体どういうことなんだ、と。

同じく、道明(杉本哲太)も怒り心頭だった。 4年にわたって官費の教育を受けておきながら、教員にならないのは、けしからん、と四三に激しく詰め寄って...。

それでも四三は、冷静だった。 トレーニングを続けて、オリンピックで結果を出すと言い張った。 治五郎からの力強い後押しに、大きく支えられているだけに...。

「君は、マラソンを極めて、わが国におけるプロフェッショナルのスポーツ選手第一号になりたまえ!」


それから何日か過ぎて...。

スヤから四三宛に手紙が届いた。

何かと騒ぐ幾江をどうにかなだめて、オリンピックを制覇するまでの辛抱と言い聞かせたとのことだった。

四三は、大いなる感謝を返事にしたためる。

「これを励みに、日々ますます精進する所存。 スヤさんもお体、ご自愛ください」



いよいよ待ちに待った、四三とスヤの結婚生活が...。

とは言っても、離れ離れの日々が、ほぼ当たり前の日常生活となってしまうなんて...。


よほど強く結びつける信頼からの絆が、試されることになるんだろうなあ。

いや、あの二人のこと、一旦離れ離れになったことのある分だけ、解かり合えるはず...。



とにかく、故郷・熊本県玉名市に腰を据える多くの人たちからの祝福を込めて、じっくりと味わってみたいな。


大倉の「恭栄堂玉名店」からは、新築祝いの心積もりで【棟上げ用投げ餅 10kg 5kg (上棟式) (建て前) (四方餅) (隅餅)】を...。


伊倉南方にて1924(大正13)年より起ち上げた「味噌の中山大吉商店」からは、【熊本産天然濃熟はちみつ 2kg 1kg】での甘いひとときを...。


沖縄県国頭郡恩納村真栄田の「オリーブガーデン 旨いもんハンター」からは、【ソムリエトマト 麗容 2.6kg 1.3kg 熊本 ギフト プレゼント 復興支援】で、新鮮な栄養をたっぷりと...。


最後は、玉名市中の「大西茶舗」からの【国産 上級煎茶 八乙茶 100g】で、じっくりと御口直しして...。


たとえ離れ離れであったとしても、「御両人に幸あれ!!!」と叫びたいくらいの強い想いは、自分一人だけじゃないはず。

タグキーワード
2019-03-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます