いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第19回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第19回










いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第19回

5月19日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「箱根駅伝」となるのか...。


先の日光から東京まで走り終えて、熱気の高まりつつある四三(中村勘九郎)は、次の目標としてアメリカ横断を思いつくことになって...。

ほどなく下宿部屋を訪ねて来た源三郎(永山絢斗)と秀信(勝地涼)へ構想を語って聞かせる中でのこと...。

そこへ、辛作(三宅弘城)から連れられた快活そうな青年が、何気に語りかける。

「予選会を開いてはどうでしょう?」

ゴム底の足袋を買いに来たかの青年が、あの忘れもしない札幌から東京までのおよそ22日をかけて走り抜いた明治大学学生の沢田英一と、すでに知る四三は、予選会の開催に同意するや、皆でどのコースにするかの話し合いへ導いてゆく。


箱根での開催を決めて...。

すぐに四三と源三郎は、ともに「箱根駅伝」の草案をまとめてゆく一方で...。

予讃に関しては、報知新聞社からの働きかけから、ほぼ目処の立つことになって...。

治五郎(役所広司)は四三へ、駅伝の運営をやってみないかと勧める。 時期的にオリンピックの予選会と言っても過言でないとして...。

加えて、明くる年8月には、ベルギーのアントワープでオリンピックが開催される予定との報せも...。

四三は喜びにあふれて、幸先の良さが見えてきそうだった。

「嘉納先生! 今度こそやります!」


待ちに待った正月休み...。

四三は急ぎ熊本へ帰るや、いよいよ待ちに待った息子・正明との初めての顔合わせとなって...。

「おお! お前が正明か!」

スヤ(綾瀬はるか)があやしながら背負う我が子へ、笑顔いっぱいの四三に引き寄せられるかのように、使用人はじめ親類たちが立て続けに集まって、池部家恒例の年始の祝宴へ...。

上座の四三は、神妙かつ明朗闊達に挨拶する。

「旧年中は大変お世話になりました。 第一子も生まれて、その上、8年ぶりにオリンピックも開催さるることが、決まったとです」

下座のスヤと実次(中村獅童)が、喜びいっぱいに祝福したものの...。

周囲からの反応の薄いまま、宴がはじまることになってほどなく...。

「玉名にゃあいつ戻られますかね!」

幾江(大竹しのぶ)からスヤにも聞こえる大きな声に、四三がいくらか慌てる中...。

「オリンピックば立派にやり遂げたら、帰ってきます」

咄嗟に実次が応えるや、金を出してもらうのだから、と四三に諭した。


宴終わっての夜遅く...。

四三はスヤに打ち明ける。 オリンピックが終わるまで東京にいるけど、後は引退して熊本へ帰って来るから、それまで待っててほしい、と。


肝心の大日本体育協会本部では...。

緊急理事会の開かれる中、何とオリンピック種目からマラソンの外されたことが、明らかになって...。

治五郎は憤った。

しかし、トクヨ(寺島しのぶ)は決して動じることなく、強く返した。 第一次世界大戦の激戦地だったベルギーの市街地の写真を、治五郎へ強く突き付けながら訴える。想像できるのか。ここをマラソンランナーが走って、歓喜いっぱいの多くの観客が沿道を埋め尽くす光景を、と。

治五郎はただ絶句するだけだった。


四三が東京へ戻ってほどなく...。

箱根駅伝の練習中に好記録が出て、喜び勇んで治五郎の元に駆けつけて訴える。 練習メンバーでのオリンピックのメダル獲得も、夢ではない、と。

治五郎は何も口にできないままだった。


いよいよ、肝心の1920(大正9)年2月14日を、迎えることになって...。

東京・有楽町の報知新聞社本社前にて、箱根駅伝の第一走者として、東京高等師範学校、早稲田大学、慶應大学、明治大学、4校が揃うことに...。

往路5区間で全10区間、すなわち往復で217kmを2日間がかりで走るというレースは、のちに正月の名物となる箱根駅伝へ...。

とはいうものの、この日のスタート地点は閑散としていた。

審判長の四三が号砲を轟かして、4選手が走り出すと...。

直ちに四三は、車に乗り込んでの判走、選手たちへ声援を送ることになった。

しかしながら、治五郎はスタートにいない。

そう、治五郎は大日本体育協会本部の会議で、理事たちとオリンピックに向けての会議の真っ只中にあって...。

清一(岩松了)から観に行くよう促されても、治五郎は表情を曇らせて頑ななまま...。

「マラソンがないのに、会わせる顔がないだろう」

初日の往路のレース終了における順位は、首位が明治、2位が東京高等師範、3位が早稲田、4位が慶應、となった。


2月15日が明けて...。

体育協会理事は本部で経過を聞いていたものの、胸の昂ぶりにつれて我慢できずに、とうとうゴール地点へ駆けつけることになって...。

東京高等師範学校アンカー・茂木は、新橋でトップを走る明治の西岡を捉えるや、必死に食らいついてのデッドヒートの果てに、ついに追い抜いてのゴールへ突き進むことになって...。

狂喜乱舞の声援の飛び交う中でのラストスパートにて、やっと茂木が逃げ切ることになった。

続くことになった明治の西岡が、足を引きずって泣きながらのゴールへ...。

感動いっぱいの清一が、治五郎に打ち明ける。

「マラソン、やるべきでしょう。こんな感動的なレースなら、絶対やるべきです」

そのまま四三を力強く抱きしめて、涙いっぱいあふれさせながら約束する。

「心配するな! 金栗! 私が必ず君をアントワープへ行かせてやるからな!」



以後へ、そして現在へ、さらに近未来へ...。

続いてゆくことになるのか...。


当事者も、観衆も、視聴者も...。

ありとあらゆる段階とともに、長きにわたる歳月とともに、熱狂の高まることになる東京箱根間往復大学駅伝競走か...。



2015(平成27)年11月4日水曜日より発売の『箱根駅伝監督 人とチームを育てる、勝利のマネジメント術』(酒井政人/カンゼン)での奥深さは、もちろんのこと...。


大阪府大阪市東成区東小橋の「Beauty Mate」の名物として重宝され続けているんだろうなあ。

箱根ランナーの声を活かして生まれたランニングベルト【Running Stabilizer (ランニング スタビライザー)】も...。


大阪府豊中市寺内2丁目の「NEEL select shop」の名物として特製として...。

7年延長正規保障【SUUNTO AMBIT3 RAN LIME 腕時計 Bluetooth搭載 GPSウォッチ SS021260000】で、ランニングコースの高低差を常に体感して...。


これらすべてをもって、ありとあらゆるランニングで磨きをかけ続けるランナー、末永くにわたってより多く増えること、祈りたいな。


あの愛媛県松山市東石井3丁目の「ワインと地酒の店 かたやま」が"第88回箱根駅伝限定缶第一弾"として発売した【アサヒ バヤリース オレンジ 350ml 24本】をもって、思う存分祝杯を挙げられる喜びとともに...。

タグキーワード
2019-04-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます