いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回












いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回

5月26日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「恋の片道切符」といい...。

虚しくなってほしくない、といった強い気持ちは、誰だって同じだけど...。


先の箱根駅伝での盛況と大日本体育協会への好評を追い風として...。

直ちに治五郎(役所広司)は、フランスの教育者であり、古代オリンピックを復興させての近代オリンピックの基礎を築いた創立者でもある、IOC会長・ピエール・ド・クーベルタン男爵(ニコラ・ルンプレラス)へ直訴状を出して...。

マラソンは、アントワープオリンピックの正式種目へ復活へとなった。


大日本体育協会本部では、選手の選抜会議が開かれて...。

会計監督を買って出た清一(岩松了)の手腕の甲斐あって、選手15人と監督1人への渡航費が支給されることになって...。

マラソンは四三と茂木など4人が決まって、アメリカ在住のテニスの有力選手も、2人選ばれることになった。

源三郎(永山絢斗)には、陸上の10種競技への出場申し立てが認められて...。

水泳では、浜松の内田正練が選ばれた。


正練とは、医師から泳ぎを禁じられながらも春から東京帝国大学学生となった田端政治(阿部サダヲ)の率いる、「浜名湾遊泳協会」のメンバーであり...。

オリンピック出場を祝う会では、政治にクロールという泳ぎ方のあることを伝えて...。

政治は興味津々に...。


ある日の夜の明けきらない中でのこと...。

四三が下宿の近くをランニングしていると...。

唐突にシマ(杉咲花)と出くわすことになって...。

驚く四三が尋ねたところ、人目のつかない夜明け前に、ランニングするしかないという。

弥彦(生田斗真)からは、いずれは西洋のように、日本で女子スポーツが盛んになるはずだとして、四三は切々と訴えたが...。

シマは全然納得できなかった。 実際には西洋でもいまだに認められてなくて、理不尽だとして...。

「男が走ると喝采を浴びるのに、女は人目を気にしてこっそりと走るしかないなんて...」

四三には、何も答えられないままだった。


1920(大正9)年5月吉日を迎えて...。

横浜港では、ベルギーのアントワープへ向かう日本選手団の壮行式が、盛大に行なわれて...。

日本選手団は、主将の源三郎とほか12人、東京帝国大学陸上部出身の弁護士・辰野保が監督となっており...。

関係者はじめ多くの群衆からの盛大の見送りを背に、一行は船でサンフランシスコへ向かって...。

そこから、アメリカ大陸の横断を経て、到着したニューヨークで団長の治五郎とテニスの選手2人と合流する。

さらに一行は、OLYMPIC号という船で、イギリスのロンドンを経てアントワープへ向かうことになった。


ほぼ同じ頃、東京女子高等師範学校では...。

トクヨ(寺島しのぶ)がシマへ、代わりの見合いを引き受けてほしいと、頼み込んでおり...。

トクヨには、かねてより想いを寄せている男性を、忘れられないままだった。


8月3日...。

一行は、ベルギーのアントワープに到着した。


8月14日...。

開会式当日となって...。

日本人選手の控えるロッカールームへ、唐突に横浜正金銀行ロンドン支店に勤める弥彦が訪ねて来て...。

「やぁ! 久しぶりだ! 韋駄天!」

四三と弥彦は、久しぶりの再会に喜び合った。

そして、たった二人で出場したストックホルムオリンピックを振り返っては、感慨にふけることになりながらも、これからへの士気を高めてゆく。


ところが...。

あれからおよそ3ヶ月が過ぎてから...。


ある日のこと...。

東京高等師範学校講堂でのオリンピック報告会にて...。

後方から、スヤ(綾瀬はるか)と実次(中村獅童)が、見届ける中で...。

テニスでは、シングルスもダブルスも、ともに銀メダルを獲ったものの...。

源三郎の10種競技は、悲しくも12人中最下位だった。

ちょうど政治が、会場へ入る中でのこと...。

壇上では、水泳の正練が、東京高等師範学校の斉藤ともども予選での敗退との報告とともに、強く主張する。 世界の競泳界は、今やクロール一色だから、早急に日本もクロールを習得して、普及させなければならない、と。

政治は思わず心を揺さぶられて、少しずつ胸の鼓動を昂らせてゆく。


最後になって...。

源三郎は、時折振り返るかのように、マラソンの報告をしてゆく。

スタート直後より、四三は茂木たちを励ましながら、アントワープの街中を走ることになって...。

折り返し地点での25位から奮起して、少しずつペースを上げて5位となって、35km地点までは快調に飛ばすことになったものの...。

突然の想いもかけないペースダウンが、禍してしまっての悪循環の果てに...。

結果として、16位でのゴール、2時間48分45秒となったという。

「嘉納団長の会見は、いつ開かれますか? 今回の惨敗、会長の責任を問う声もあります!」

トクヨからの厳しい問いかけは、とどまることを知らない。 一度は廃止の決まっていたマラソンを、復活させての正式種目にした挙句、四三は無残にも敗れてしまった。 国際舞台で赤っ恥をかいてしまった、と。


報告会を終えての重苦しさの中で...。

道明(杉本哲太)は源三郎とトクヨに、アントワープで託された治五郎からの言葉を、そのまま伝える。

「会長職を辞する決心をした。 最も古い人間だから」

そして、50年後も100年後も、日本選手たちの今と変わることなくスポーツを楽しんでくれることを望む、と淡々と伝えることになって...。


四三はただ一人、傷心のまま...。

オリンピックの熱狂終えてのヨーロッパを、虚しさいっぱいに彷徨い歩く中でのこと...。

ふと巨大なスタジアムを前にて...。

突然、足元へ槍投げの槍が投げ込まれて、四三は驚きとともに目を張る。

そこへ、短パン姿のドイツ人女性が、急ぎ駆け寄っては、四三に謝って...。

四三が何か言いかける間もなく、彼女は急ぎ遠くへ引き返すや、また思い切って槍を投げた。

「......え!? そぎゃんとこから!?」

女性の力で、これほどの距離を投げられるものなのか...。

四三はただ驚くばかりで、言葉が出なかった。



かのドイツ人女性と四三との今後の成り行きも、何気に気になってしまうけど...。



アントワープオリンピックが終わったのは、1920(大正9)年9月12日か...。


これまでのあらゆる想いをめぐらせてみるならば...。


まずは、2018(平成30)年6月22日金曜日より発売の『地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2018〜2019』(地球の歩き方編集室/ダイヤモンド社)での、風の吹くままの旅からはじまって...。


当時のありのままを探るかのように、2016(平成28)年8月11日木曜日 『ベルギー大使の見た戦前日本 バッソンピエール回想録 (講談社学術文庫)』(アルベール・ド・バッソンピエール,磯見辰典/講談社)の世界へ入り込んで...。


その上で、オリンピックのありのまま、特に世界各国の動向に触れられる、2017(平成29)年12月23日土曜日より発売の『歴代オリンピックでたどる世界の歴史』(山川出版社)の世界観へ...。


本当に奥深いだろうなあ。


あの東京都江東区豊洲「レッドホースコーポレーション」名物の一つである【ベルギー コインチョコレート ミニ 12箱セット】を、国内外問わずに誰もが心地良い感動のまま、美味しく堪能できること...。

末永く祈りたいな。

タグキーワード
2019-04-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます