いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回












いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回

6月9日日曜日の放送では...。


サブタイトル「ヴィーナスの誕生」って一体???


それは、四三(中村勘九郎)が東京府立第二高等女学校教師となって、同じく助手となったシマ(杉咲花)とともに、スポーツの素質ある生徒・村田富江(黒島結菜)を、遠い将来に向けて育成させようと、前向きに思案する日々真っ只中でのこと...。

ある日突然、思いもかけない光景が...。

日本人離れした生徒・人見絹枝(菅原小春)の抜群の身体能力の凄まじさを、目の当たりにすることになって...。

二人は茫然自失で身動き取れないままだった。



先の教え子の村田富江か...。

聞くところによれば、富江はのちに運動会のアイドル的な存在として、多くの脚光を浴びるという。


そして、絹枝の抜群の身体能力の凄まじさも、忘れられないものとなって...。


たとえ心は日本人であっても、まさにヴィーナスそのものかもしれないや。



もしも、同じ時代に発売されていたら、老若男女関係なしに、大いに重宝されることになっていたんだろうなあ。


「ココカラケア」からの【加圧式骨盤ガードル ヴィーナスカーブ[3枚セット/M-Lサイズ]】や【加圧式骨盤ガードル ヴィーナスカーブ[1枚/L-LLサイズ]】では、柔軟に身体を整えられるし...。


「くらし快援隊」からの【メキシコ産 ヴィーナス マンゴー 大玉5〜8玉 約3kg】や【メキシコ産 ヴィーナス マンゴー 大玉2〜3玉 約1kg】では、鋭気を養えるし...。


「レアマグネット」からの【有機ローズヒップブレンド ヴィーナスの紅い果実 15P】では、喉ごしをすっきりさせられて...。



一方で不覚にも思い浮かんでしまった。


4歳の頃より、父親が通っていた民謡教室に行ったことがきっかけで、民謡に心惹かれて、10歳の時には民謡教室の先生の勧めで三味線をはじめて、現在でも父親に買ってもらった三味線を愛用して、今や津軽三味線の澤田流の名取ともなった長山洋子を...。

もちろん、演歌歌手としてデビューする予定だったものの、「16歳の長山にはまだ演歌は早すぎる」との見方が事務所スタッフたちの中で強まったために、路線を急遽変更。 1984(昭和59)年4月、アイドル歌手としてのデビュー...。

キャッチフレーズは「ぼくの青春(とき)をとめる、少女がいた」。

そして、あの1986(昭和61)年10月21日火曜日には、バナナラマカヴァーした8枚目シングル「ヴィーナス」が、自身初のオリコンチャート10位を獲得。 その後も翌年1987(昭和62)年にかけてのロングヒットとなり、代表曲となるとともに、ようやくブレイクを果たして...。



「ヴィーナス」か...。

どれだけ時代の荒波に晒されたとしても、常に内面の磨きをかけて、末永く輝ける女性たちが、より多く増えることを祈って...。

タグキーワード
2019-05-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます