いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回




















いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回

7月7日日曜日の放送では...。


サブタイトル「明日なき暴走」そのものの勢いのまま...。

かのアムステルダムオリンピックに向けての本格的な動きが...。


渡航費を工面するために、政治(阿部サダヲ)は高橋是清(萩原健一)邸を訪ねたところ...。

是清はスポーツと政治は関係ないし、オリンピックなんか興味ないと、突き放すだけで...。

それでも政治は、決して怯むことなく、強硬に主張する。 政治家はスポーツを利用して、金を出しながら口も出せば良い。 日本の若者が西洋人を打ち負かすことで、次々と立ち上がる若者も増えるはずだ、と。

「その若者を生かすも殺すも政治家次第!! 国を豊かにするためには、どうすれば良いのでしょうか!?」

心揺さぶられた是清は、オリンピック特別予算として、6万円もの大金を政治へ預けることに...。

大日本水泳連合(水練)は11人の日本代表選手を選出して...。

政治は監督として同行するにあたって、同僚・緒方竹虎(リリー・フランキー)へ休暇を取るように求める。

ことが進もうとした矢先のこと...。

政治宛に電報が届いて...。

「アニキトク ハママツカヘレ」


人見絹枝(菅原小春)は、かの関東大震災の明くる年より、岡山から上京して...。

二階堂体操塾へ入ってからすぐに、いくつもの種目で日本記録を次々と打ち立てており...。

しかしながら、その輝きとは裏腹に、思い悩む日々が...。

特に、トクヨ(寺島しのぶ)とは、国際大会をめぐっての打ち明け話の多い中で、走ったら走ったで「バケモノ」とヤジが飛ぶくらいだったら、結婚できなくても構わないとまで、思い詰めており...。

トクヨは、それは違うと伝えた上で、優しく後押しする。 結婚もできてメダルも獲ることもできるし、実現となったら、女子スポーツ界で初めて革命が起こるはず。 国際大会へ出ることで、女子スポーツ界の未来を変えることのできる人だから、と。

明るく前向きになれた絹枝は、国際大会で好成績を挙げて、総合優勝を果たした。

そしてこの年、女子陸上がオリンピックの正式種目として採用となった。


ところが...。

大日本体育協会では、四三(中村勘九郎)と源三郎(永山絢斗)が、絹枝のオリンピック出場に異議を唱えており...。

プレッシャーからメダルを獲れずに、帰国した時のつらさに耐えられないだろうとして...。

煮え切らなそうな二人に、政治は厳しく一喝する。

「選手の気持ちや面倒を見るのが、監督であり、我々でしょうよ!! 選手にすべてを負わせるから、プレッシャーで実力を発揮できんのだよ!!」

治五郎は静かに同意して、四三も源三郎も従うことになった。


こうして1928(昭和3)年6月...。

日本選手団はシベリア鉄道でアムステルダムへ向かって...。


7月28日のオリンピック開幕終えるや...。

絹枝は100m走に挑んだものの...。

準決勝4位で、あっけなく落選となって...。

それでも絹枝は、一度も走ったことのない800m走へ出たいと、強く訴える。

「やはり女は駄目だと笑われる!!! 日本の女子全員の希望が、私のせいで絶たれるのが嫌なんです!!!」

絹枝の必死さと切実さを、コーチの源三郎は静かに受け止めて認めてゆく。

源三郎からの助言を容れてトクヨからの贈りもののピンで髪を留めた絹枝は、800m走へ.挑むことになった。


決勝レースの2週目に入って...。

絹枝が少しずつ順位を上げると、釣られるかのように観客も次第に総立ちとなって...。

最後には源三郎からの言葉を思い出して、両腕を大きく腕を振って、ゴールへ突き進んで...。

結果は2分17秒6の世界新記録。 絹枝は銀メダルを獲得となった。

続く男子の織田幹雄も、三段跳びで日本初の金メダルを獲得して...。

さらに鶴田義行も、200m平泳ぎで金メダルを獲得となった。


結果は瞬く間に日本へ届いて...。

政治は竹虎へ淡々と打ち明ける。 例えメダルは獲れたとしても、アメリカの実力は圧倒的な強さで、決して変わることはない。 日本水泳界が対等に闘える日は来るのだろうか、と。 先日には兄・庄吉(内村遥)が33歳で亡くなったとあって、どうせ自身も30歳までしか生きられないだろうから、せめて若者のためにできることをしたい。

政治は、より思い詰めるようになっていった。

ようやく帰国した選手団を前に、政治は宣言する。

「わが水連は世界一を目指す!! 4年後のロサンゼルスで世界を制するぞ!!」


絹枝は真っ先にトクヨの元へ.駆けつけるや、笑顔でメダルを突き付けて..。

トクヨも笑顔で返して、絹枝の幸せを受け止めると...。

「では、次は結婚ね」

絹枝は笑顔で応えた。

「いえ、もうしばらく走ります!! 私の走る姿で勇気づけられる人たちがいるならば、私は世界中を駆けめぐります!!!」



1928(昭和3)年7月28日から8月12日までの、「1928年アムステルダムオリンピック」か...。


現実であっても、ドラマであっても、本当にここまでいろいろなことが...。



まず初めは、何と言っても...。


高橋是清を演じたショーケンこと萩原健一の最後の勇ましい姿...。

すでにこの年2019(平成31)年3月26日火曜日10時30分、悲しくも都内の病院にてGIST(消化管間質腫瘍)のために、永眠となって...。

まさに波瀾万丈だった68年の生涯で...。


2019(令和元)年5月17日金曜日より発売の『ショーケン 最終章』(萩原健一/講談社)は、もちろんのこと...。


2018(平成30)年3月23日金曜日より発売の『高橋是清自伝 上 下』(高橋是清,上塚司/中央公論新社)も、同じくらいに重ね合わせて...。


哀悼の心をもって目を通してみるまで...。



次に、日本人女性初のオリンピック・メダリスト・人見絹枝の存在感も...。


2019(平成31)年2月27日水曜日より発売の『オリンピック・パラリンピックに尽くした人びと 日本人初の女性オリンピック選手 人見絹枝』(大野益弘,しちみ楼/小峰書店)とともに...。


出身地の岡山県御津郡(現在の岡山県岡山市南区)へ想いを馳せながらも...。


妹尾の「中村屋」からの【骨付きカルビ 1kg】や【国産黒毛和牛ホルモン 1kg】に...。


下中野の「ブルーマン」からの【因島杜仲茶 3g×72包 国産】も...。


遠い将来すなわち近未来への女性の底力となってくれたら...。

タグキーワード
2019-06-03 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます