いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回






いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回

7月14日日曜日の放送では...。


あのアムステルダムオリンピックを終えて、およそ2年が流れる中でのこと...。


サブタイトル「替り目」とは...。


相変わらずてんやわんやの政治(阿部サダヲ)は、次のロサンゼルス大会に向けて、必勝プランを3つ掲げる。


監督とコーチの早期決定。

世界標準の競技用プール建設。

打倒! アメリカ。


総監督には政治、監督には松澤一鶴(皆川猿時)、助監督には野田一雄、それぞれ決定して...。

神宮外苑にプールをつくる計画を立てるや、政治と一鶴は、清一(岩松了)に資金の提供を要望する。

政治は力説する。

「オリンピック直前に、日米対抗戦の生のレースを国民に見せつけるんです! この日本でアメリカを徹底的に叩きのめして、自信喪失に陥れてやるんですよ!」

清一は力強く約束する。

こうして、神宮プールの建設工事がはじまった。


ある日のこと...。

四三(中村勘九郎)がランニングを終えて帰宅したところ...。

何と16年ぶりに兄・実次(中村獅童)が、訪ねて来て...。

震災復興後の東京の街並みを、目の当たりにしたことで、実次は打ち明ける。

「ようここまで持ち直したばい。もうそろそろ四三も熊本に帰ってこんね」


あの日からしばらくして...。

何と熊本から電報が...。

「アニキトク」

急ぎ帰り着いた四三だったが...。

すでに実次は、急性肺炎で息を引き取っていた。

悲しみで身動きとれない四三は、東京から戻った実次の胸の内を聞かされる。

「嘉納治五郎(役所広司)先生に逢うて、四三がお世話になりましたって、御礼ば言うてきたけん、いつ熊本に連れ戻しても構わん」

亡き父・信彦(田口トモロヲ)と同じく、治五郎に会っていないのに、なぜそんな嘘をついたのか? そこまでして、自身を熊本に帰らせたかったのか? 四三は、やり切れないままだった。


あの関東大震災から7年が過ぎて...。

1930(昭和5)年、長田東京市長は、記念行事として市に何かできることはないかと、頭を悩ませる中でのこと...。

ふと秘書の清水照男が打ち明ける。

「オリンピックはどうですか?」


ほぼ同じ頃、政治の悲願だった神宮プールが完成して...。

そのこけら落としとして、極東大会が開かれていた。

この大会では、16歳の前畑秀子(上白石萌歌)が、200m平泳ぎで日本新記録を出して、大いに注目を集めており...。

一方の政治は、故郷の浜松で14歳の宮崎康二という逸材を見い出していた。


四三は大日本体育協会を訪ねると、熊本へ帰る決意を伝える。

「参ったな。 今、君を失うのは惜しい」

無念を滲ませながら、治五郎は東京オリンピック招致の件を四三へ伝える。

慮りながらも四三が、実次の亡くなったいきさつを打ち明けると...。

「聞いたよ。 あんな元気だったのに...」

思わぬ応えに、四三は驚いて...。

治五郎が打ち明けるには、実次が講道館を訪ねて来たという。 しかも、道着姿で勝負を挑んで....。

治五郎は反射的に一本背負いで、実次を放り投げるも、すぐに四三の兄と聞かされて驚いたという。

そこへ突然、政治が入って来た。


治五郎が気を遣って席を離れると...。

四三と政治の二人だけになって、しばし向き合うことに...。

ふと政治が尋ねる。

「あなたは3度オリンピックに行かれましたな。 その中で、一番の想い出は何ですか?」

四三は何気に答える。

「紅茶と甘いお菓子が美味しかったね」

政治は呆れて言葉を失うも、気を取り直して断言する。

「水連は陸連のことを目の敵にしていたけどね。 金栗さんだけは認めないわけにはいかない」



四三にすれば、概ね容認となった、ということなのかもしれない。


ただ...。


やはり、兄・実次との最後のひとときが、尾を引いている気が...。

たとえ何気ないひとときであったとしても...。

何よりも、互いに擦れ違ったままだったら一体...。



思いがけずに浮かんでしまった。


2004(平成16)年10月30日土曜日より公開の市川拓司原作・岡田恵和脚本・土井裕泰監督の映画『いま、会いにゆきます』を...。

前年に急死となった秋穂澪(竹内結子)の夫・巧(中村獅童)と息子・佑二(武井証)との慎ましい日々の中で...。

ふと澪の書き遺した言葉に、二人が導かれるままたどり着くや、思いもかけない再会、そして不可思議なひとときとなって...。


もちろん、2003(平成15)年2月27日木曜日発売よりベストセラーとなった、小学館の同名ファンタジー小説も同じく...。


「読んでから見るか、見てから読むか」

1970年代後半より席巻の角川映画ならではの宣伝文句のように、どちらが望ましいんだろうか...。

タグキーワード
2019-06-08 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます