いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回
















いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回

7月28日日曜日の放送では...。


サブタイトル「走れ大地を」のごとく...。

決して変わることなく、走り続けることになるだけに、本当に見逃せないものが...。


治五郎(役所広司)は、政治(阿部サダヲ)へ大日本体育協会理事の就任要請を持ちかけたものの...。

呆気なく断られてしまって、一時は落ち込むも、奮起した治五郎は、東京市庁舎での永田秀次郎市長(イッセー尾形)と山本忠興陸上総監督との面会に、政治を同行させる。

永田市長は、のちの1940(昭和15)年の東京オリンピック誘致計画を、治五郎へ熱く語る。 先の関東大震災から一気に立ち直った日本を、世界へ向けて、大いに見せつけたい、と。

揺さぶられた治五郎は賛同する。 しかし、いまだに資金調達の目処がないままで...。

数日が過ぎて、山本陸上総監督とともに清一(岩松了)へ申し出たものの...。

「オリンピックの何たるかも知らん政治屋の気まぐれに、耳を貸す暇なんかない!!! ロサンゼルス大会を前に、こっちは地獄の集金だよ!!!」


日米対抗水泳競技大会が幕を開けて...。

日本は世界王者のアメリカに圧勝となった。


水泳の盛り上がりを受けての国民のスポーツ熱の高まりを確信した治五郎は、直ちに清一の元へ出向くや、東京オリンピックの誘致の時期が熟したとの強い実感とともに、熱く訴える。 あのストックホルムから20年が過ぎた今だからこそ、東京オリンピックは日本国民に希望を与える仕事なんだ、と。

さすがの清一も、少しずつ心を動かされていった。


ところが...。

1931(昭和6)年9月18日、"満州事変"が...。

日本が所有する南満州鉄道の路線が爆破されてしまって...。


政治の属する朝日新聞政治部でも、あらゆる情報の縦横無尽な入り乱れが長く続いて、誰もがてんやわんやのまま...。

やがて夜更けの深まる中で、南満州鉄道の路線爆破は、関東軍による自作自演であることが、明らかになって...。

「中国との戦争が長引けば、日本は国際社会で孤立する!! オリンピックどころの騒ぎじゃなくなるぞ!!」

興奮のまま同僚の河野一郎(桐谷健太)は、記者を辞めようとの決意を固めており...。

「新聞はもうだめだ!! 俺は日本で政治を変える!! お前はどうなんだ!! 記者を続けるなら、特ダネの一つでも取って来たらどうだ!!」


一郎に強く押されて、政治は高橋是清(萩原健一)邸を訪ねるや、咄嗟に切り出した。

「特ダネ、何かないですかね?」

すると是清から、若槻礼次郎内閣が総辞職して、犬養毅(塩見三省)が次期首相になるという貴重な情報を明かしたところ...。

そこへ、当の犬養毅が現われて...。

仰天されられ凍りついてしまった政治だったが、すぐに持ち直すや、急ぎ足で新聞社に戻って怒涛の勢いのまま、仕上げてゆく。

「犬養内閣発足、目玉は大蔵大臣・高橋是清!」

政治の初スクープだった。


竹虎(リリー・フランキー)が政治を褒めて、見合い写真を渡した。

日本橋で工業用品買い付けを行う「酒井商店」社長令嬢だった。


これら前後の縦横無尽と波瀾万丈の続くことになる、およそ8ヶ月弱の流れる中においては...。


神田YMCAでは、男子水泳の強化合宿がはじまっていて...。

しかしながら、あのアムステルダムオリンピックで金メダルを獲って脚光を浴びた鶴田義行(大東駿介)は、すでに南満州鉄道に就職して満州へ行ってしまって...。

政治としては、義行と同じ平泳ぎの新鋭・小池礼三がいるから大丈夫との目論見だったが...。

肝心の礼三自身も伸び悩んでいるという。

「鶴さんがいなくなって...張り合いがなくなった...」

女子でも、前原秀子(上白石萌歌)がスランプ気味に陥っており...。

咄嗟に政治からの号令あって、満州から呼び戻しされた義行が現れた。

すぐさま秀子へ優しく声をかけて...。

「君が前畑君かね。逢いたかったよ。極東大会の泳ぎは、見事じゃった」

かねてからの憧れだった義行からの優しい声かけに、秀子は大いに明るさを取り戻してゆく。

しかしながら、男子チームのキャプテン・高石勝男(斎藤工)は、政治から「今の君には、メダルは獲れん。 試合に出さん」、と言われてしまった。


ようやく犬養毅との面会の約束の取れた政治は、合宿を抜けて首相官邸へ向かった。

およそ数ヶ月過ぎて開かれることになるオリンピック派遣選手の応援歌発表の式典に出席してほしいとの要望を伝えるためだった。

気さくな笑顔で楽しみにしていると返された政治は、より心強くなって...。

肝心のオリンピック応援歌は、およそ4万8千通もの応募の中から、東京の中学生・斉藤龍の作品「走れ大地を」に決定となった。


ところが...。

かの御披露目予定の当日である、1932(昭和7)年5月15日...。

突然、青年将校たちが乱入の勢いのまま、犬養毅へ発砲した。

直ちに応援歌発表の式典は中止となって、蘇生むなしく息を引き取った。 享年78歳。

世にいう"五・一五事件"だった。


数日が過ぎて...。

ロサンゼルスオリンピックに出場する水泳選手の壮行式が催されて...。

治五郎は強く訴える。

「こんな時だからこそ、諸君はスポーツ大国に成長した日本の姿を、世界へ見せつけなければならない!!! 日本のために懸命に闘ってくれ!!!」



とうとう来てしまった。

政党政治の終わりになってしまって...。



まずは、"満州事変"が...。


2014(平成26)年7月18日金曜日より発売の『昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)』(川田稔/講談社)...。

かの憂慮すべき概要に目を通しながらも...。



つづいての、"五・一五事件"も...。


当事者としての、2019(平成31)年4月9日火曜日より発売の『五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡編集 (ちくま文庫)』(保阪正康/筑摩書房)は、もちろんのこと...。


本人としての、2009(平成21)年7月1日水曜日より発売の『犬養毅 党派に殉ぜず、国家に殉ず (ミネルヴァ日本評伝選)』(小林惟司/ミネルヴァ書房)も...。

1855年6月4日(安政2年4月20日)に、備中国賀陽郡川入村(現・岡山県岡山市北区川入)での大庄屋・郡奉行としてのいきさつが、おおきいんだろうなあ。


二日市町で創業80余年の老舗「長谷川商店」名物の【蒲鉾・さつま揚げ7種13枚分入】...。


丸の内で創業60余年の老舗「広東菜館 山珍」名物の【岡山・山珍の豚まんじゅう 10個入】...。


下伊福で1934(昭和9)年より創業した「清風庵」名物の【究極の清水白桃ゼリー 6個入り】...。


楢津の「リーフエッジ」名物の【国産がぶ飲み赤なた豆茶 3g×100包】...。



じっくりと噛みしめてみたくなった。

当時の政党政治最後の総理大臣・犬養毅への哀悼の意を込めながら...。

タグキーワード
2019-06-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます